第28条の3〔誘導灯及び誘導標識に関する基準の細目〕


避難口誘導灯及び通路誘導灯(階段又は傾斜路に設けるものを除く。次項及び第三項において同じ。)は、次の表の上欄に掲げる区分に応じ、同表の中欄に掲げる表示面の縦寸法及び同表の下欄に掲げる表示面の明るさ(常用電源により点灯しているときの表示面の平均輝度と表示面の面積の積をいう。第四項第二号及び第三号において同じ。)を有するものとしなければならない。

区分
表示面の縦寸法(メートル)
表示面の明るさ(カンデラ)
避難口誘導灯
A級
0.4以上
50以上
B級
0.2以上0.4未満
10以上
C級
0.1以上0.2未満
1.5以上
通路誘導灯
A級
0.4以上
60以上
B級
0.2以上0.4未満
13以上
C級
0.1以上0.2未満
5以上

2 避難口誘導灯及び通路誘導灯の有効範囲は、当該誘導灯までの歩行距離が次の各号に定める距離のうちいずれかの距離以下となる範囲とする。ただし、当該誘導灯を容易に見とおすことができない場合又は識別することができない場合にあつては、当該誘導灯までの歩行距離が10m以下となる範囲とする。

 

一 次の表の上欄に掲げる区分に応じ、同表の下欄に掲げる距離

区分
距離(メートル)
避難口誘導灯
A級
避難の方向を示すシンボルのないもの
60
避難の方向を示すシンボルのあるもの
40
B級
避難の方向を示すシンボルのないもの
30
避難の方向を示すシンボルのあるもの
20
C級
15
通路誘導灯
A級
20
B級
15
C級
10

二 次の式に定めるところにより算出した距離

D=kh

Dは、歩行距離(単位 メートル)

hは、避難口誘導灯又は通路誘導灯の表示面の縦寸法(単位 メートル)

kは、次の表の上欄に掲げる区分に応じ、それぞれ同表の下欄に掲げる値

区分
kの値
避難口誘導灯
避難の方向を示すシンボルのないもの
150
避難の方向を示すシンボルのあるもの
100
通路誘導灯
50

3 避難口誘導灯及び通路誘導灯は、各階ごとに、次の各号に定めるところにより、設置しなければならない。

 

一 避難口誘導灯は、次のイからニまでに掲げる避難口の上部又はその直近の避難上有効な箇所に設けること。

  • イ 屋内から直接地上へ通ずる出入口(附室が設けられている場合にあっては、当該附室の出入口)
  • ロ 直通階段の出入口(附室が設けられている場合にあっては、当該附室の出入口)
  • ハ イ又はロに掲げる避難口に通ずる廊下又は通路に通ずる出入口(室内の各部分から容易に避難することができるものとして消防庁長官が定める居室の出入口を除く。)
  • ニ イ又はロに掲げる避難口に通ずる廊下又は通路に設ける防火戸で直接手で開くことができるもの(くぐり戸付きの防火シャッターを含む。)がある場所(自動火災報知設備の感知器の作動と連動して閉鎖する防火戸に誘導標識が設けられ、かつ、当該誘導標識を識別することができる照度が確保されるように非常用の照明装置が設けられている場合を除く。)

二 通路誘導灯は、廊下又は通路のうち次のイからハまでに掲げる箇所に設けること。

  • イ 曲り角
  • ロ 前号イ及びロに掲げる避難口に設置される避難口誘導灯の有効範囲内の箇所
  • ハ イ及びロのほか、廊下又は通路の各部分(避難口誘導灯の有効範囲内の部分を除く。)を通路誘導灯の有効範囲内に包含するために必要な箇所

4 誘導灯の設置及び維持に関する技術上の基準の細目は、次のとおりとする。

 

一 避難口誘導灯及び通路誘導灯は、通行の障害とならないように設けること。

 

二 避難口誘導灯及び通路誘導灯(階段又は傾斜路に設けるものを除く。)は、常時、第一項に掲げる明るさで点灯していること。ただし、当該防火対象物が無人である場合又は次のイからハまでに掲げる場所に設置する場合であって、自動火災報知設備の感知器の作動と連動して点灯し、かつ、当該場所の利用形態に応じて点灯するように措置されているときは、この限りでない。

  • イ 外光により避難口又は避難の方向が識別できる場所
  • ロ 利用形態により特に暗さが必要である場所
  • ハ 主として当該防火対象物の関係者及び関係者に雇用されている者の使用に供する場所

三 避難口誘導灯及び通路誘導灯(階段又は傾斜路に設けるものを除く。)を次のイ又はロに掲げる防火対象物又はその部分に設置する場合には、当該誘導灯の区分がA級又はB級のもの(避難口誘導灯にあっては表示面の明るさが20以上のもの又は点滅機能を有するもの、通路誘導灯にあっては表示面の明るさが25以上のものに限る。)とすること。ただし、通路誘導灯を廊下に設置する場合であつて、当該誘導灯をその有効範囲内の各部分から容易に識別することができるときは、この限りでない。

  • イ 令別表第一(十)項、(十六の二)項又は(十六の三)項に掲げる防火対象物
  • ロ 令別表第一(一)項から(四)項まで若しくは(九)項イに掲げる防火対象物の階又は同表(十六)項イに掲げる防火対象物の階のうち、同表(一)項から(四)項まで若しくは(九)項イに掲げる防火対象物の用途に供される部分が存する階で、その床面積が千平方メートル以上のもの

三の二 令別表第一(二)項ニ、(十六)項イ、(十六の二)項及び(十六の三)項に掲げる防火対象物(同表(十六)項イ、(十六の二)項及び(十六の三)項に掲げる防火対象物にあつては、同表(二)項ニに掲げる防火対象物の用途に供する部分に限る。)に設ける通路誘導灯(階段及び傾斜路に設けるものを除く。)にあつては、床面又はその直近の避難上有効な箇所に設けること。ただし、消防庁長官が定めるところにより蓄光式誘導標識が設けられている場合にあつては、この限りでない。

 

四 階段又は傾斜路に設ける通路誘導灯にあつては、踏面又は表面及び踊場の中心線の照度が1ルクス以上となるように設けること。

 

五 床面に設ける通路誘導灯は、荷重により破壊されない強度を有するものであること。

 

六 誘導灯に設ける点滅機能又は音声誘導機能は、次のイからハまでに定めるところによること。

  • イ 前項第一号イ又はロに掲げる避難口に設置する避難口誘導灯以外の誘導灯には設けてはならないこと。
  • ロ 自動火災報知設備の感知器の作動と連動して起動すること。
  • ハ 避難口から避難する方向に設けられている自動火災報知設備の感知器が作動したときは、当該避難口に設けられた誘導灯の点滅及び音声誘導が停止すること。

七 雨水のかかるおそれのある場所又は湿気の滞留するおそれのある場所に設ける誘導灯は、防水構造とすること。

 

八 誘導灯の周囲には、誘導灯とまぎらわしい又は誘導灯をさえぎる灯火、広告物、掲示物等を設けないこと。

 

九 電源は、第二十四条第三号の規定の例により設けること。

 

十 非常電源は、直交変換装置を有しない蓄電池設備によるものとし、その容量を誘導灯を有効に20分間(消防庁長官が定める要件に該当する防火対象物の前項第一号イ及びロに掲げる避難口、避難階の同号イに掲げる避難口に通ずる廊下及び通路、乗降場(地階にあるものに限る。)並びにこれに通ずる階段、傾斜路及び通路並びに直通階段に設けるもの(消防庁長官が定めるところにより蓄光式誘導標識が設けられている防火対象物又はその部分にあつては、通路誘導灯を除く。)にあっては、60分間)作動できる容量(20分間を超える時間における作動に係る容量にあっては、直交変換装置を有する蓄電池設備、自家発電設備又は燃料電池設備によるものを含む。)以上とするほか、第十二条第一項第四号イ(イ)から(ニ)まで及び(ヘ)、ロ(ロ)から(ニ)まで、ハ(イ)から(ニ)まで、ニ(イ)及び(ロ)並びにホの規定の例により設けること。

 

十一 配線は、電気工作物に係る法令の規定によること。

 

十二 第十二条第一項第八号の規定は、誘導灯について準用する。

 

5 誘導標識(前条第一項第三号ハ並びに前項第三号の二及び第十号に基づき設置する蓄光式誘導標識を除く。)の設置及び維持に関する技術上の基準の細目は、次のとおりとする。

  1.  避難口又は階段に設けるものを除き、各階ごとに、その廊下及び通路の各部分から一の誘導標識までの歩行距離が7.5メートル以下となる箇所及び曲り角に設けること。
  2.  多数の者の目に触れやすく、かつ、採光が識別上十分である箇所に設けること。
  3.  誘導標識の周囲には、誘導標識とまぎらわしい又は誘導標識をさえぎる広告物、掲示物等を設けないこと。

6 誘導灯及び誘導標識は、消防庁長官が定める基準に適合するものでなければならない。

関連ブログ


火災報知器の止め方(誘導灯信号装置ありの場合)

火災報知設備と誘導灯が同時に鳴る
火災報知設備と誘導灯が同時に鳴るとパニックに‥‥。

通称 “火災報知器” の中で、消防用設備等の設置義務が生じる建物である“防火対象物” に設置される物の正式名称を “自動火災報知設備” といいます。🚨(;´Д`)👌

 

有事の際に建物関係者・利用者に警報によって火災初期に避難を促す重要な役割を果たすものですが、誤作動による警報音鳴動というトラブルが起こることもあります。💔

 

この、誤報による自動火災報知設備の作動を “非火災報” と呼び、消防用設備業者がお客様と共に解決していくべき問題でもあります。🕵💦

 

また、消防法改正により自動火災報知設備と連動して火災通報装置が働く等、作動する設備が増えており、その対応方法も複雑化しております。((((;゚Д゚))))📞

 

🔍(´-`).。oO(特に、音声・点滅機能付きの誘導灯が誤作動した際に高齢者施設の利用者様がパニックを起こすなど精神的な負担にもなっている様ですから管理者側が操作方法を覚えておくべきかと思われます…、、ご覧下さいませ…!!)

続きを読む 4 コメント

音声誘導・点滅機能付き誘導灯停止用の蓄積型煙感知器設置基準

閃光と音声で非常口の位置を知らせる誘導灯
閃光と音声で非常口の位置を知らせる誘導灯を設置する場合…。

大阪府建築基準法施行条例 第8条の2にて指定された用途の建築物については、「消防法施行規則 第28条の3に掲げる避難口誘導灯は、点滅機能及び音声誘導機能を備えたものでなければならない。」と謳われています。👮💭

 

その “点滅機能及び音声誘導機能” を備えた誘導灯を「音声誘導・点滅機能付き誘導灯」といいますが、コチラの点滅・誘導音を停止させるための煙感知器があります。🚨✨

 

✍(´-`).。oO(停止用煙感知器の設置場所については上述した消防法施行規則 第28条の3運用基準に記されていますが…、、その解釈が所轄消防署によって異なることもありますので、しっかり把握しておきましょう…!!)

続きを読む 0 コメント

なぜ非常口のアレ(誘導灯)は緑色なのか??

非常口のマーク 誘導灯 消防用設備等
非常口のマーク(誘導灯)はなぜ緑色なのか…?

このブログで扱う 誘導灯とは皆様がご存じの非常口のアレ (画像参照)の事でして、警備員さんが持っている赤や青のライトセイバー…の様な誘導灯では御座いません。🚨(´∀`*)ウフフ♪

 

あれは忘れもしません、まだこの業界に入りたての時に先輩から『誘導灯って何で緑色か分かるか…!?答えはな、信号の緑が “進め” やから、同じように “進め” を意味しとんねん…多分な!!と適当な意見を教わりました。🚥!?!?

 

しかし‥実はちゃんと科学的な理由が御座いましたから、『なぜ、誘導灯は “緑色” なのか?』という一つの大きな理由について、ご存知ない方は、しっかり続きを確認して下さいませ!!🌱笑

続きを読む 8 コメント

誘導灯ってバッテリーで光らせてるの?

傾斜のある天井に設置された避難口誘導灯
傾斜のある天井に設置された避難口誘導灯…。

今回は、消防用設備に関して初心者なんやけど「そう言えば、誘導灯ってどうやって光らせてんの??」という、お客様に寄り添ったテーマで話を進めていきます。⚡(;´Д`)👌

 

ここ数年、大阪には外国人観光客が増加していますよね。それに伴い、まだまだ大阪では民泊開業ブームが巻き起こっております。民泊を開業する為には消防用設備を設置する義務があり、ちなみに弊社には当該工事に長けた人材が揃っております。👷✨

 

では、「誘導灯の取り付け工事をしてもらったけど、そう言えばスイッチとか無いのに、これってどうやって光らせてんの??」と思っている方の為にその仕組みを説明致します。💡

続きを読む 0 コメント

避難口明示物と避難方向明示物

大阪市内地下鉄駅構内にあった誘導標識
これは大阪市内地下鉄駅構内にあった誘導標識…。

Twitter上にて “わかりやすい非常口” というものが話題になっておりまして、それが要は誘導灯の他に “馬鹿デカい非常口ピクトグラムの標示” や “蓄光の誘導標識” が扉の下の方にあるという代物でした。🔦✨

 

当該案件に関して、例のごとく㈱石井マークさん(@ishiimark_sign)が回答されていたのですが、何とその内一つが東京都火災予防条例にて定められていた “避難口明示物” というものであるとの言及が…!🗼

 

✍(´-`).。oO(ワシゃ関西の人間ですからソンナモン知りやせん…!と、興味のないフリをせず、続きをご覧下さい…!!)

続きを読む 0 コメント

誘導灯から出ている“あのヒモ”について

誘導灯の紐(ひも)
この誘導灯の紐(ひも)見たことありますか…。

皆様、誘導灯 (通称:非常口のアレ) の本体機器から、ヒモがぶら下がっているのを見たことはありませんか?💡(´∀`*)ウフフ

 

実はあのヒモ、昔の誘導灯にしかついておらず、現行のLEDタイプのコンパクトな誘導灯では “別のモノ” に変わっているんですよね。♲✨

 

このブログでは “あのヒモ” が何なのかについて記していくと共に、誘導灯の機能についても消防法を絡めて言及していきますので是非ご覧下さいませ。🔎

 

✍(´-`).。oO(引っ張るなよ…、、絶対引っ張るなよ…。。笑)

続きを読む 2 コメント

アメリカの“EXIT”は何色が正解か

アメリカ 誘導灯
アメリカに設置されていた誘導灯。(画像提供:石崎社員)

海外へ出向いた際は必ず消防用設備を確認してしまうのですが、日本と色々な違いがあって面白いんです。(・ω・)ノ🔎

 

中でも、アメリカやハワイにある “EXIT” と書かれたタイプの誘導灯の写真が溜まってきたのですが、これの文字が主に “緑色” と “赤色” の二種類あり『どんな使い分け方がされてるんだ…?』という一つの疑問が生じました。💡

 

そこで大変恐縮ですが、Twitterにて世界で展開されている蓄光標識のJALITE様(@JALITEPLC)に質問をさせて頂いたところ、有り難いことにお返事を頂くことが出来ましたので、このブログで皆様と共有したい!と思った次第です!(´∀`*)ウフフ✨

 

続きを読む 0 コメント

通路誘導灯の位置について

最終の避難口までの避難経路に設けられる通路誘導灯
最終の避難口までの避難経路に設けられる通路誘導灯…。

誘導灯というのは言わずもがな “非常口のアレ” なわけなのですが、緑色の背景を基調としている避難口誘導灯に対して、白色の背景に小さくピクトグラムがあしらわれ、矢印が大きく描かれているのが通路誘導灯です。🎯

 

主に出入口の上部に掲げられており比較的目にすることの多い避難口誘導灯に対して通路誘導灯は何処にあると思いますか?💡

 

✍(´-`).。oO(また、本ブログでは “とある場所” にて通路誘導灯が従来の蛍光灯タイプから高輝度LED誘導灯に更新された際に位置が変わっていたという件についても言及し…、、どこに設置するのが最適なのか?についても考えていきます…。。)

続きを読む 0 コメント

電源系統図で配線が専用回路な事を証明

自火報と誘導灯それぞれ専用の電源ブレーカー
自火報と誘導灯それぞれ専用の電源ブレーカーがある…。

着工届設計届には各消防用設備の電源がどのような回路で供給されているかを示す “電源系統図” を添える事になっています。🔌

 

消防用設備の電源は他のブレーカーと一緒にすることが出来ず、いわゆる “専用回路” にしなければなりません。(;・∀・)⚡

 

その理由は御察しの通り、他の電気機器が原因でブレーカーが落ちたときに消防用設備の電源も遮断されてしまうと、有事の際に意味を成さない可能性を考慮している為です。🔋💦

 

📙(´-`).。oO(しかし、この辺りの消防法や関係法令上では厳密にどう謳われているのかを…、、改めて調べてみると色々発見がありましたので記していきます‥。。)

続きを読む 9 コメント

音声・点滅機能付き誘導灯の区分鳴動(時間差)

音声鳴動・フラッシュ点滅中の誘導灯
音声鳴動・フラッシュ点滅中の誘導灯。

先日、既設防火対象物誘導灯音声・点滅機能付きに変更する工事を行い、無事消防検査をパスしました。💯(´∀`*)ウフフ

 

受信機非常放送がすでにインストールされており、その音響鳴動方式が "一斉鳴動" ではなく "区分鳴動" でした。🔕

 

その為、そこへ誘導灯信号装置を増設して配線系統も繋げてやる必要があり幾つかスッといかない部分もありました。👷💦

 

また、区分鳴動の場合は信号装置も "多回路用" を使用する必要があり、そこも普段の一斉鳴動の建物に設置される "1回路用" と異なるところでしたので続きに紹介させて頂きます。🚥✨

続きを読む 0 コメント

またコッソリと民泊の消防法が改正されました

民泊に設置する自火報の種類が消防法改正
民泊に設置する自火報の種類が消防法改正で…。

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されてから、もうすぐ一ヶ月となります。📅

 

消防法がボトルネックになり、民泊が営業できない。』

 

…という事実を、オーナー様側から指摘されたり、ニュースサイトで特集されたりで、防災屋消防設備士も色々思うところがあります。🗼(´・ω・`)‼

 

そんな中、またコソッと民泊消防法が改正されました。💡

 

今回も “特定小規模施設” の定義が変わったりと、結構な影響がでると予想されるものでしたので、続きをご確認ください。📝💦

続きを読む 0 コメント

神戸の非常口は緑色で安全

避難口へ通ずる出口は緑色
避難口へ通ずる出口は緑色に塗装。

結構前になりますが、神戸市の現場にて某家具量販店の消防検査をされた現場監督の方から『非常口の扉自体を緑色に塗れって言われてるんやけどホンマ!?』と驚きの電話を頂いたことがありました。🚪

 

ハイ、神戸市は条例で非常口緑色に…🎨(´・ω・`)👌✨

 

大阪市の業者なんかが神戸市に入ってしまうと、そのような事が初耳になってしまうわけです。👂💦

 

✍(´-`).。oO(実際に塗られている扉を見たことが無い方も多々いらっしゃるかと思いますので、、以下に紹介させて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント

誘導灯と誘導標識の設置基準・義務及び緩和

避難口誘導灯写真
古い品の光源は蛍光灯で、現行品の誘導灯はLEDで小型。

この記事では、皆様が日ごろ一番目にしていると言っても過言ではない消防設備 “誘導灯” がどのようにして設置されているかを記したいと思います。🚥(´・ω・`)✨

 

写真は誘導灯の中でも、“避難口誘導灯” と呼ばれているものです。📷

これは最終的に逃げてほしい出口に設置されます。|д゚)👌

 

また、ものすごく大きい誘導灯を見たことはありませんか❓

誘導灯は大きさもA, B, C級の3種類ある他、音声や点滅機能で避難を促すものなど様々です。📣❕

 

以下に続きを記していきます…。。✍(´-`).。oO♬

続きを読む 0 コメント

蓄光式誘導標識とPDT

PDTと蓄光式誘導標識のどちらも“りん光”
蓄光式誘導標識とPDTのどちらも“りん光”が重要!

消防設備である “蓄光式の誘導標識” は、“りん光” という光によって暗闇でも長時間光り続けることができています。⏰✨

 

また “PDT” とは、光線力学的療法(Photodynamic Therapy)の略で、癌の治療方法の一種です。💡

 

生体内に “光増感剤” という光に反応して活性化する物質を注射し、それががん細胞に集まった後、そこを狙って光を照射し、“活性酸素” を発生させることで腫瘍組織を破壊します。💣

 

このとき、光と反応して活性酸素が発生するわけですが、これも反応時間を長くとれる “りん光” が重要になってきます。🌈

続きを記していきます…。✍(´-`).。oO✨

続きを読む 2 コメント

誘導灯に誘導標識を貼り付けて改修!?

誘導灯と誘導標識の使い分け
誘導灯と誘導標識の使い分けをご存知ですか?

先日、消防用設備点検を行った工場が、すべて誘導標識が設置されており、誘導灯がないという防火対象物でした。💡

 

改めて誘導灯設置基準を確認したところ、令別表1において(12)項 イにあたる工場・作業場は “地階・無窓階・地上11階以上” の場合に限り誘導灯の設置義務が生じるものでした。🚒

 

そして、(7)項の学校系に分類される防火対象物も、同様の “地階・無窓階・地上11階以上” の場合という設置基準でした。🏫

 

ここで気になったのことがありました。

以前、小学校の改修工事の一つで、施工時の誘導灯パネルの避難方向を示す向きが間違っていたため “上から誘導標識を貼る” という奇妙な改修依頼を受けたことがありました 。👹

 

わけのわからない状況だな…と思いつつも、管理人はペタペタと標識を貼り、パシャパシャと写真を撮っていました。(;´Д`)📷✨笑

 

あれは良かったのか?と今更思い、青木防災社長に聞いたところ、以下のような回答が返ってきました。……✍(´-`).。oO

 

続きを読む 4 コメント

アニメにも描かれている消防設備

消防設備が盛りだくさんのワンカット
消防設備が盛り沢山のワンカットです。

 写真は、アニメ 『僕だけがいない街』 のオープニングテーマである “Re:Re:” の裏で流れているワンシーンです。🏫

 

これを見た瞬間、よく描かれているなあと思わず写真に収めてしまいました。(;´∀`)📷✨

 

いくつ消防設備が描かれていると思いますか?(。´・ω・)?💡

是非一度、数えてみて下さい。

 

答えは5つです。(数え方にもよりますが…。笑)🚒

以下に、私の解釈を記しました。✍(´-`).。oO♬

答え合わせの方、よろしくお願いいたします。笑|д゚)🌳🌳🌳


続きを読む 0 コメント