· 

神戸の非常口は緑色で安全

避難口へ通ずる出口は緑色
避難口へ通ずる出口は緑色に塗装。

結構前になりますが、神戸市の現場にて某家具量販店の消防検査をされた現場監督の方から『非常口の扉自体を緑色に塗れって言われてるんやけどホンマ!?』と驚きの電話を頂いたことがありました。🚪

 

ハイ、神戸市は条例で非常口緑色に…🎨(´・ω・`)👌✨

 

大阪市の業者なんかが神戸市に入ってしまうと、そのような事が初耳になってしまうわけです。👂💦

 

✍(´-`).。oO(実際に塗られている扉を見たことが無い方も多々いらっしゃるかと思いますので、、以下に紹介させて頂きます…。。)

根拠となる神戸市火災予防条例


東灘消防署にあった掲示物
神戸市東灘消防署にあった掲示物。

神戸市火災予防条例の第49号の3に掲げられている(避難口の扉等の表示)以下のように定められています。

  • 令別表第1(1)項から(4)項まで,(5)項イ,(6)項,(9)項イ,(16)項イ,(16の2)項及び(16の3)項に掲げる防火対象物並びに高層建築物の次に掲げる扉等には、避難方向に対する面に緑色の表示をしなければならない。
  1. 特別避難階段及び避難階段の扉
  2. 階段室,廊下及び通路部分並びに防火区画に設けられた防火戸
  3. 避難橋,屋外階段,避難用タラップ等その他これらに類するものに通ずる扉
  4. 前3号に掲げる扉等に準ずる扉等

また、条文を見ていましたら、第49号の3ー2には以下のように “床面に” も表示が必要との文がありました。

  • 令別表第1(4)項及び(6)項イに掲げる防火対象物並びに同表(16)項イに掲げる防火対象物のうち同表(4)項又は(6)項イに掲げる防火対象物の用途に供される部分の前項各号に掲げる扉等の床面には,他の部分と明確に区別できる表示をしなければならない。

震災による被害が背景にあり、神戸市における防災分野は他地域と比べると発展しています。

 

(´-`).。oO(大阪市にある弊社が驚く条例があることもしばしば…。。)

参考:神戸市火災予防条例


“緑”にも色々ありまして…。


非常口あわーい色の緑
あわーい色の緑もOK!?

こちらの扉も、言われてみれば “緑色” ですよね。(;´・ω・)🌳

 

防火対象物の用途が(6)項二 保育園であったこともあり、パステルカラーでポップな感じに仕上げたかったことが、この色が採用された背景として挙げられます。🚪♪

 

ただ、弊社Twitterアカウントにて、コチラの画像と共に呟いたところ『日塗工の〇〇を使うこと…等の決まりがあった方が、逆にそれを買えばいいから楽だ。』というような意見がありました。💡

 

まず管理人は “日塗工” の知識が不足していたのですが、そのような意見がありました事を報告させて頂きます。🎨

参考:日本塗料工業会


“緑”は安全色として定義されています。


✍(´-`).。oO(以下、、プロ オブ ザ プロフェッショナルである石井マーク様のtweet引用です…。。)

 

以前、某先輩に『誘導灯が何で緑か分かるか?青信号がススメやからや!』と大嘘をつかれた、という事を記事にしていたのですが、コチラの 安全色” という概念を考慮すればまんざらでもないですね。🚥

 

(´-`).。oO(“大嘘” ではなく、、“ウソ” くらいですね…。。)

 

緑色は炎の赤色の補色である為、火災発生時に目立つという事からも “非常口を緑色” に塗ることは効果的であると考えられます。🔥


くぐり戸…ってコレも緑色の非常口!


緑色くぐり戸
くぐり戸…の様子が、まさか‥!?
神戸は緑色のくぐり戸
神戸を感じられる緑色のくぐり戸。

「紛らわしい」表示


調べてみましたところ、消防法第8条の2の2-3に、以下のように掲げられていました。📝

  • 何人も、防火対象物に、前項に規定する場合を除くほか同項の表示を付してはならず、又は同項の表示と紛らわしい表示を付してはならない。

ここで、“前項に規定する…” とは何のことかと言いますと、コチラ実は “防火対象物点検” についての条文でした。💡

 

さらに調べていきますと、消防法には他にも型式適合検定など “紛らわしい表示” に関する条文がありました。🚒

✍(´-`).。oO(これは似たやつが、、沢山ありそうだ…。。)

参考:Wikibooks


まとめ


  • 神戸市では火災予防条例の第49号の3(避難口の扉等の表示)にて非常口緑色に塗ることが定められていた。✅
  • 防火対象物の用途が(6)項二 保育園の扉は、意匠性が考慮されたパステルカラーでポップな感じに仕上っていた。✅
  •  安全色” という概念があり、緑色の標示は安全関係を連想しやすいため扱いを慎重にし、紛らわしい表示は避けたかった。✅