青木防災㈱は、昭和36年より大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む会社です。皆さまの防災への取り組みのパートナーとして、より良いご提案をさせて頂きます。 


2019年02月16日 所轄消防署“立入検査”のルールについての記事を更新しました。

2019年02月15日 電気自動車の急速充電設備とエイセイボーロの記事を更新しました。

2019年02月14日 廃消防ホース再利用先のご紹介という記事を更新しました。

2019年02月13日 “指示待ち”消防設備士が現れるワケという記事を更新しました。

2019年02月12日 消火栓の放水時は“遠隔起動ボタン”を押す!という記事を更新しました。

2019年02月08日 非常警報複合装置の消防検査確認事項という記事を更新しました。

2019年02月07日 スプリンクラー設備の中間検査という記事を更新しました。

2019年02月06日 防火扉にもたれてバチが当たった話という記事を更新しました。

2019年02月05日 ついに点検報告書内の印鑑が省略!という記事を更新しました。

2019年02月04日 “ガード”されるべき消防用設備たちという記事を更新しました。

2019年02月03日 “火災受信所”の標識を探してください!という記事を更新しました。

2019年02月02日 消火器の使用方法パネルを見てみよう!という記事を更新しました。

2019年01月30日 屋内消火栓のデザインについての議論という記事を更新しました。

2019年01月28日 消火栓の前に物を置かないで下さいという記事を更新しました。

 

🔎キーワード検索(例:消火器 廃棄)



工事・消防申請

豊富な経験から、設置・免除すべき設備、消防法に則り、ご提案させて頂きます。

消防点検・訓練

ただ点検するだけではなく、お客様と共に消防設備を使用して防災に取り組みます。

防火・防災管理

火災の発生を防止、または最小限するために必要な対策を立て、実践しましょう。


民泊・簡易宿泊所

民泊を営業する為には消防用設備の施工・手続きが必要です。消防法令適合通知書の取得実績多数。お問い合わせ下さい。☎

福祉施設

福祉施設に必要な消防用設備は、その使用の様態等でも異なります。法令順守と、防災のお手伝いができれば幸いです。🚒✨

消防設備士

消防設備士の仕事や、消防施設工事業を営む上で必要な資格についてはご存知でしょうか?💡(´-`).。oO


新着ブログ


所轄消防署“立入検査”のルールについて

所轄消防署の立入検査時のルール
所轄消防署の立入検査時のルールとは…。

消防法第4条にて〔資料提出命令、報告の徴収及び消防職員の立入検査〕について以下のように謳われています。📙

 

消防長又は消防署長は、火災予防のために必要があるときは、関係者に対して資料の提出を命じ、若しくは提出を求め、又は当該消防職員にあらゆる仕事場、工場若しくは公衆の出入りする場所その他の関係のある場所に立ち入って、消防対象物の位置、構造、設備及び管理の状況を検査させ、若しくは関係のある者に質問させることができる

 

では、その立入検査に際して “いつ” “どのように” “誰が” 等のルールについて興味深い箇所があるので言及していきます。💭

続きを読む 0 コメント