青木防災㈱は、昭和36年より大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む会社です。皆さまの防災への取り組みのパートナーとして、より良いご提案をさせて頂きます。 


2019年08月23日 AⅠ、火災検知するってよという記事を更新しました。

2019年08月22日 “屋外警報装置等”という次の当たり前という記事を更新。

2019年08月20日 放火テロ抑止策として消防設備士が取り組めることという記事を更新。

2019年08月18日 このブログを書く理由についてという記事を更新しました。

2019年08月16日 【号外】社員旅行@奥城崎 part.3という記事を更新しました。

2019年08月15日 【号外】社員旅行@奥城崎 part.2という記事を更新しました。

2019年08月14日 【号外】社員旅行@奥城崎 part.1という記事を更新しました。

2019年08月09日 機器点検と総合点検の違いという記事をリライトしました。

2019年08月08日 感知器設置時に屋根の傾きを計算という記事を更新しました。

2019年07月31日 ハッチ式の避難はしご改修工事という記事を更新しました。

2019年07月26日 (17)項 重要文化財に二酸化炭素消火器を設置という記事を更新。

2019年07月23日 東京と大阪の“設計届”を比較して分かることという記事を更新しました。

2019年07月17日 レオパ◯スの消防法違反について解説という記事を更新しました。

 

🔎キーワード検索(例:消火器 廃棄)



工事・消防申請

豊富な経験から、設置・免除すべき設備、消防法に則り、ご提案させて頂きます。

消防点検・訓練

ただ点検するだけではなく、お客様と共に消防設備を使用して防災に取り組みます。

防火・防災管理

火災の発生を防止、または最小限するために必要な対策を立て、実践しましょう。


民泊・簡易宿泊所

民泊を営業する為には消防用設備の施工・手続きが必要です。消防法令適合通知書の取得実績多数。お問い合わせ下さい。☎

福祉施設

福祉施設に必要な消防用設備は、その使用の様態等でも異なります。法令順守と、防災のお手伝いができれば幸いです。

消防設備士

消防設備士の仕事や、消防施設工事業を営む上で必要な資格についてはご存知でしょうか?


新着ブログ


AⅠ、火災検知するってよ

いよいよ人工知能(AⅠ)が火災を検知する時代の到来
いよいよ人工知能(AⅠ)が火災を検知する時代の到来…。

大規模倉庫へ “AⅠで火災を早期発見するシステム” が、消防法にて設置義務の生じている消防用設備等と併せてインストールされたと人類を代弁するニュースキャスターより報道されました。📰

 

現在、消防用設備等の設置義務が生じる建物となる防火対象物の用途も、例えば(14)項 倉庫といっても、実際は加工や梱包作業を含む(12)項 工場の様な機能を持っていたりと多様化しており、火災のパターンも複雑化するかと思われます。🐚(;´Д`)💦

 

また、膨大な量のモノが貯蔵される物流拠点にて火災が発生すると、その被害も甚大なものとなる為、事前に対策がされているかどうかが、お客様や株主に選ばれるかどうかの判断材料にもなりますから、コストをかける値打ちがある訳です。💰♪

続きを読む 3 コメント