青木防災㈱は、昭和36年より大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む会社です。皆さまの防災への取り組みのパートナーとして、より良いご提案をさせて頂きます。 


◎ 工事・消防申請

例えば民泊福祉施設を営業する際は消防用設備の施工・手続きが必要です。消防検査の合格実績多数。お問い合わせ下さい。

◎ 消防点検・訓練

◎ 学習塾

外部講師を務める管理人消防設備士として実務に携わる上で学んだ知識を元に、身に着きやすいコツ等を伝授します。



2020年11月21日 【書評】電気と工事12月号の読みどころ【連載担当者が紹介】という記事を更新しました。

2020年11月18日 火災避難のVR体験という記事を更新しました。

2020年11月16日 消火ポンプと自家発電設備の搬入という記事を更新しました。

2020年11月10日【お知らせ】aokibosai.jpサイトを開設しましたという記事を更新しました。

2020年10月30日 【過去問】消防設備士甲種2類に出た問題と解答という記事をリライトしました。

2020年10月29日 【過去問】消防設備士甲種特類の試験に出た問題と解答という記事をリライトしました。

2020年10月16日 【保存版】消防設備士の工具お手入れ方法【錆取り】という記事を更新しました。

 

🔎キーワード検索(例:消火器 廃棄)


◎ 新着ブログ


【非火災報】熱感知器の初期不具合が原因となる誤作動【一部製品】

熱感知器(サーミスタ式)の一部製品にて不具合が報告
熱感知器(サーミスタ式)の一部製品にて不具合が報告

消防用設備等の施工・メンテナンス業者は自動火災報知設備の誤作動(非火災報)の対応も業務の一つとなっており、未だに多く消防設備士・お客様を悩ませています。

 

あらゆる要因で非火災報は発生しますが、その中で一部「2009年~2015年に製造されたサーミスタ式の熱感知器」の不具合(※リコールで無い)により誤作動が起こることが報告されています。

 

諸々の事情によりメーカー名は公言しませんが、機器の初期不具合由来で熱感知器が誤作動することがあることは施工業者だけでなく建物関係者様も知っておいた方がいいと強く思います。

 

対象製品は無償で交換してもらえます、ご確認下さいませ。

続きを読む 0 コメント