青木防災㈱は、昭和36年より大阪市平野区を拠点に消防用設備業を営む会社です。皆さまの防災への取り組みのパートナーとして、より良いご提案をさせていただきます。 ご不明な点があれば、いつでもお問い合わせください。


2018年11月17日 既存“連結散水設備”の設置義務が無くなった例を更新しました。

2018年11月16日 連結送水管の耐圧試験という記事を更新しました。

2018年11月09日 機器点検と総合点検の違いという記事を更新しました。

2018年11月07日 パッケージ型消火設備の施工 part.2という記事を更新しました。

2018年11月05日 消火器の設置届作成法という記事を更新しました。

2018年11月01日 転倒した移動式粉末消火設備の箱交換という記事を更新しました。

2018年10月29日 “一動作式”避難器具の設置基準という記事を更新しました。

2018年10月24日 除外できましたスプリンクラー設備という記事を更新しました。

2018年10月22日 移動式粉末消火設備の操作空間という記事を更新しました。

2018年10月20日 面接時にされた逆質問への回答という記事を更新しました。

2018年10月18日 消防検査に立会うのは誰?という記事を更新しました。

2018年10月17日 Twitterアイコンそっくり事件という記事を更新しました。

2018年10月15日 非常電源を専用受電から自家発に交換という記事を更新しました。

 

↓キーワード検索(例:消火器 廃棄)↓



工事・消防申請

豊富な経験から、設置・免除すべき設備、消防法に則り、ご提案させて頂きます。

消防点検・訓練

ただ点検するだけではなく、お客様と共に消防設備を使用して防災に取り組みます。

防火・防災管理

火災の発生を防止、または最小限するために必要な対策を立て、実践しましょう。


民泊・簡易宿泊所

民泊を営業する為には消防用設備の施工・手続きが必要です。消防法令適合通知書の取得実績多数。お問い合わせ下さい。☎

福祉施設

福祉施設に必要な消防用設備は、その使用の様態等でも異なります。法令順守と、防災のお手伝いができれば幸いです。🚒✨

消防設備士

消防設備士の仕事や、消防施設工事業を営む上で必要な資格についてはご存知でしょうか?💡(´-`).。oO


新着ブログ


既存“連結散水設備”の設置義務が無くなった例

連結散水設備用の送水口
連結散水設備用の送水口 ※クリックで拡大

連結散水設備は “床面積700㎡以上の地階” に設置される消防隊専用の設備(消火活動上必要な施設)です。🚒💦

 

その機構ですが、地上の送水口から配管内に水を地下の散水ヘッドへ加圧送水してスプリンクラー設備のような感じで消火を行うものです。🌠

 

⛲(´-`).。oO(スプリンクラー設備の自動で回る消火ポンプが…、、消防ポンプ車に変わったようなイメージ‥。。)

 

今回、既設建物に連結散水設備がついていたのですが、改装・一部用途変更に伴って設置義務が無くなるケースに遭遇しましたので、ここでご紹介させて頂きます。💰(;・∀・)👌✨

続きを読む 0 コメント