誘導灯に誘導標識を貼り付けて改修!?

誘導灯と誘導標識の使い分け
誘導灯と誘導標識の使い分けをご存知ですか?

先日、消防用設備点検を行った工場が、すべて誘導標識が設置されており、誘導灯がないという防火対象物でした。💡

 

改めて誘導灯設置基準を確認したところ、令別表1において(12)項 イにあたる工場・作業場は “地階・無窓階・地上11階以上” の場合に限り誘導灯の設置義務が生じるものでした。🚒

 

そして、(7)項の学校系に分類される防火対象物も、同様の “地階・無窓階・地上11階以上” の場合という設置基準でした。🏫

 

ここで気になったのことがありました。

以前、小学校の改修工事の一つで、施工時の誘導灯パネルの避難方向を示す向きが間違っていたため “上から誘導標識を貼る” という奇妙な改修依頼を受けたことがありました 。👹

 

わけのわからない状況だな…と思いつつも、管理人はペタペタと標識を貼り、パシャパシャと写真を撮っていました。(;´Д`)📷✨笑

 

あれは良かったのか?と今更思い、青木防災社長に聞いたところ、以下のような回答が返ってきました。……✍(´-`).。oO

 

大阪市火災予防条例


大阪市火災予防条例
大阪市火災予防条例の冊子。

青木社長👲.。oO(日中しか使わん部分やったら誘導灯じゃなくてもええっていう条文があんねん。

 

|д゚)❕

 

そうなのかと思い、社長がおもむろに本棚から出してきた “大阪市火災予防条例” の冊子をみて、以下の条文を確認いたしました。

 

(誘導灯に関する基準)

第 45 条 令別表第 1(5)項ロ、(7)項及び(12)項に掲げる防火対象物(同表(16)項ロに掲げる防火対象物に存するものを含み、同表(7)項に掲げる防火対象物のうち日出時から日没時までの間のみ使用する防火対象物で採光が避難上十分であるものを除く。)で、床面積の合計が 300 平方メートル以上のものには、避難口誘導灯を設けなければならない。

 

ここで、ついでに解説ですが、大阪市の場合、(5)項ロ 共同住宅・(7)項 学校系・(12)項イ 工場及び作業場・(12)項ロは “無窓階” でなくても “床面積の合計が300㎡以上” であれば誘導灯の設置義務が生じます。

(´-`).。oO(各市町村で少しづつ異なるようです…。。)


誘導灯への誘導標識貼付け


もともとこの小学校の廊下に関しては、誘導灯でなくてもよかったため、誘導標識を貼り付けることで改修となりました。(´・ω・`)👌

 

ちなみに、誘導標識に関しては “全ての防火対象物” に設置義務があります。(・ω・)ノ✨

 

(´-`).。oO(誘導灯が設置される部分に関しては、誘導標識の設置が免除されている、という考え方でもよろしいかと…。。)

階段の方向と逆方向にピクトグラム
階段の方向と逆方向にピクトグラムが向いている。
階段方向に避難させるように誘導
パネルを貼り付けることで階段方向に避難させるように誘導。

まとめ


  • 工場・作業場は “地階・無窓階・地上11階以上” の場合に限り設置義務が生じるものであった。
  • 学校系のうち、日出時から日没時までの間のみ使用する箇所で採光が避難上十分であるものは誘導灯でなくてもよかった。
  • 誘導灯に誘導標識を上から貼り付けるという改修はあり得ることが分かった。