誘導灯・誘導標識の設置基準・義務

避難口誘導灯写真
古い品の光源は蛍光灯で、現行品の誘導灯はLEDで小型。

この記事では、皆様が日ごろ一番目にしていると言っても過言ではない消防設備 “誘導灯” がどのようにして設置されているかを記したいと思います。🚥(´・ω・`)✨

 

写真は誘導灯の中でも、“避難口誘導灯” と呼ばれているものです。📷

これは最終的に逃げてほしい出口に設置されます。|д゚)👌

 

また、ものすごく大きい誘導灯を見たことはありませんか❓

誘導灯は大きさもA, B, C級の3種類ある他、音声や点滅機能で避難を促すものなど様々です。📣❕

 

以下に続きを記していきます…。。✍(´-`).。oO♬

誘導灯の種類


誘導灯にも様々な種類
誘導灯にも様々な種類があります。

まず、誘導灯の種類についてですが、以下に代表的なものを紹介させていただきます。🌈|д゚)

(´-`).。oO(この仕事を始める前は、1種類のみだと思っていました…。。)💔

 

大きさも、A級・B級・C級の3種類があります。🚪

さらに、B級に関しては “BL級” と、輝度・発光時間が長いBH級に分かれます。💡

(´-`).。oO(無窓階など、条件が厳しいときは “BH級” がついていることがありますね…。。)🎦


避難口誘導灯

避難口誘導灯青木防災
避難口誘導灯。緑地のバックで緑のピクトグラム。

代表的な避難口誘導灯は、緑色の背景と決められています。

通路誘導灯

通路誘導灯青木防災
通路誘導灯。白地のバックに緑のピクトグラム。

通路誘導灯は、白色の背景。 避難口誘導灯が見えるまでの経路に設置される。

音声点滅信号付き誘導灯

音声点滅信号付き誘導灯
音声点滅信号付き誘導灯。左にアンプが付いている。

火災報知設備と連動して音声と点滅光が作動します。停止用の感知器もあります。


各種誘導灯・誘導標識の設置基準


“避難口誘導灯”と“通路誘導灯”の間隔


誘導灯を設置すべき間隔は、以下の表ように定められています。📝

 

【例】

・避難口誘導灯がC級(矢印なし)で、通路誘導灯もC級の場合。✅

“避難口15m + 通路10m = 25m” 以内に、避難口誘導灯から数えて1つ目の通路誘導灯を設置します。

その後は通路誘導灯がC級だと10m + 10m= 20m以内の間隔で設置していきます。(´・ω・`)👌

 

(´-`).。oO(避難口誘導灯はパネルに避難方向の矢印が付いていると、有効範囲が短くなるので注意…!!)

 

誘導灯の設置間隔
誘導灯の設置間隔。 ※クリックで拡大

参考:Panasonic

誘導灯の設置義務がある防火対象物


誘導灯及び誘導標識の設置義務が生じる防火対象物は、以下の表のとおりとなっています。📝

 

(´-`).。oO(誘導標識とは、光源がないプレート状の標識のことです…。。)💡

 

防火対象物毎の誘導灯設置義務一覧
防火対象物毎の誘導灯設置義務一覧。 ※クリックで拡大

表に記されるように、ほぼ全ての防火対象物に避難口・通路誘導灯の設置義務があります。(´・ω・`)💦

 

注目していただきたいのが、(5)項 ロ の共同住宅の設置義務です。🏢

 

この表では、地階・無窓階 地上11階以上の箇所で設置義務が生じてくると定められています。🚒

 

(´-`).。oO(共同住宅って、かなりの部分が “自主設置” なのか…??)💡

こう思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは若気の至りです。(;´∀`)💔笑

 

弊社は大阪市にございますので、あくまで大阪市ベースで話を勧めがちで恐縮ですが “条例” でがっちり定められております。🏯

 

大阪市火災予防条例” については、“誘導灯に誘導標識を貼り付けて改修!?” の記事に詳しいのでご参考ください。|д゚)📚

誘導灯の設置が免除される防火対象物


次に、避難口・通路誘導灯の設置を要しない防火対象物の表をご覧ください。📝

 

表の数字は“歩行距離”で、例えば避難階の歩行距離が20m以内であれば避難口誘導灯は不要です。🚪

 

(´-`).。oO((4)項 の百貨店などは20 m以下のフロアは存在しないから設置が必要だな” ……等と考えます…。。)

 

ただ、無窓階という “避難活動上有効な開口部を有しない階” の場合はこのような規定に関係なく誘導灯を設置することとなります。💔

(´-`).。oO(無窓階の場合は、自火報の感知器も無駄に高額な “煙感知器” にしなければなりません…。。)

 

誘導灯・誘導標識の免除基準表
誘導灯・誘導標識の免除基準表。 ※クリックで拡大

参考:Panasonic

誘導標識の設置が除外される場合


絨毯で作られた誘導標識
絨毯で作られた誘導標識。 ※ただの飾りです。

以下にめんどくさいので消防法をそのまんま載せます。📝

 

避難階(無窓階を除く)の場合

令別表第1(1)項から(16)項までに掲げる防火対象物の階のうち、居室の各部分から主要な避難口を容易に見通し、かつ、識別することができる階で、当該避難口にいたる歩行距離が30m以下であるものは、誘導標識の設置を要しない。

なお、避難階にあってはにあっては、通路誘導灯の設置を要しない防火対象物又はその部分であっても避難口に至る歩行距離が30mを超え、かつ避難口誘導灯の有効範囲外となる部分については、誘導標識の設置が必要である。

 

避難階以外の階(地階及び無窓階を除く)の場合

令別表第(1)項から(16)項までに掲げる防火対象物の階のうち、居室の各部分から主要な避難口を容易に見通し、かつ、識別することができる階で、当該避難口に至る歩行距離が30m以下であるものは、誘導標識の設置を要しない。


 

つまり、非常口が見えていて、歩行距離30m以内の場合は誘導標識は省略可能という解釈ができるはずですが…。。(´・ω・`)💡

 

実際のところ、出口までの見通しや所轄消防署の移行などを勘案して設置するため、この通りにならない方が多いです。💔

 

(´-`).。oO(Dependというわけです…。。)💦

まとめ


・ 誘導灯には避難口誘導灯や通路誘導灯などの種類がある。✅

 

・ 誘導灯を設置する“間隔”は、消防法で定められている。✅

 

・ 誘導灯の設置義務は防火対象物によって異なる。✅

 

・ 誘導灯の設置を省略するには、歩行距離が重要である。✅