· 

自動火災報知設備の配線工事方法~感知器編~

感知器ベースをイラスト化
感知器ベースをイラスト化してみた。

そういえば、弊社が最も承ることの多い自動火災報知設備工事についての記事が無いな…と思いましたので作成しようと思い立ちました。👷‼

 

天井に付いている感知器どのように配線されて動いているのかを紹介することで、少しでも消防設備士の業務に興味を持っていただければ幸いです。🎯

 

また、消防設備士資格を受験しようと考えている皆様が分かりやすいように今回は写真だけでなくイラストも混ぜて説明してみます。🎨(´∀`*)ウフフ

 

では、続きをご覧くださいませ。📝♪

感知器の電気配線について


感知器炙り試験中
写真を撮る為にわざと社名を正面にして炙り試験中…。

あらゆる箇所の天井に付いている自動火災報知設備感知器ですが、それが作動すると本体の赤い確認灯(ランプ)🚨が点きますし、同時に受信機に信号が行き、音響ベルが鳴り響きますから、エネルギーの供給源が勿論必要となってきます。⚡

 

住宅用火災警報器特定小規模施設用自動火災報知設備には電池が内蔵されていますが、一般の自動火災報知設備は電気配線を施すことで、直接電気が供給されています。🍼\(゜ロ\)(/ロ゜)/✨

 

では、この配線が一体どこからやってきていて、どのように接続されているのか、消防設備士以外で知っている方は殆どいないかと思いますから、サッと記していきます御覧下さい。👀♪

 

⚠(´-`).。oO(以下に書いていく工事などは…、、消防設備士電気工事士免状がないと行えないことになっていますので必ず資格を取得してから行ってくださいね…。。


感知器ヘッドを取って中を確認


感知器のヘッドはこのようにカチャンと回して簡単に取ることができます。

 

感知器ヘッドを取ると赤白2本ずつの電線が
感知器ヘッドを取ると赤白2本ずつの電線が…。

※(´-`).。oO(これもP型受信機では大丈夫ですが…、、R型という大型施設に設置されるような受信機だとヘッド脱落で警報音が鳴りますので注意ですね…。。)

 

また、この天井にへばりついている円盤は “ベース” と呼ばれる部分で、端子台や確認灯がついています。🚀

 

年代やメーカーによってベースの形状が異なるので、例えば熱感知器から煙感知器に交換するという案件でも、ヘッドだけ変えられるかどうかで手間が随分違ってきます。💸💦

 

では、次にこの白2本と赤2本の電線について説明させて頂きます。⛳♪


“2心まわし”


ここでの “2心回し” とは、二本の電線で感知器を繋げていく配線方法をいいます。✌(*‘∀‘)

 

皆様、電池でお馴染みかと思いますが電気にはプラス(+)とマイナス(-)がございまして、自動火災報知設備の場合はこのプラスとマイナスが接触して短絡(ショート)すると火災信号となり発報する仕組みになっています。🔋‼

 

以下のイラストをご覧いただけましたら少し話が早いかと思います。💡

 

2心回しの自火報感知器配線イラスト
2心回しの感知器配線イラスト。 ※クリックで拡大

配線の色をプラマイどちらにするかはコチラで決められますが、一般的にはコモン-(共通線)を白ライン+(電圧線)が赤に設定されていることが多いです。⚡

 

青い端子台の右側から、金属のバーが確認灯まで伸びていまして、この “確認灯側” にはラインの線を接続します。🚨

 

例えば、誤って結線の順番を白・赤・白・赤などにしてしまうと+と-が接触しているような状態となるため、発報し続けます。🔥

 

☔(´-`).。oO(雨漏りなどで感知器内に水が入ると…、、このプラスとマイナスが接触して発報してしまうわけです…。。)


 

ちなみに、トップ画面にも貼りました当該イラスト、何故背景が虹色かといいますと『白い電線が背景に同化して見えないから。』という問題が発生したための措置であります。🌈(;・∀・)笑

お約束は “送り配線”


また、感知器の配線が他の電気系統と異なる点として “送り配線” にしなければならないことが挙げられます。🏮

 

🔧(´-`).。oO(誘導灯とかの電気系統は…、、分岐しまくっても何ら問題ないのですが…。。)

 

2心回しの自火報感知器配線図
2心回しの感知器配線図。 ※クリックで拡大

送り配線とは要は “一筆書き” で配線するっちゅうことで、つまるところ途中で分岐していたら送り配線になりません。✎

 

この、直列では無く並列になっていることを “パラってる” とか言ったりします。💔

 

パラの何がダメかと言うと『断線が検出できないことです。💡

 

電源となる受信機は、一列に伸びた感知器たちがうまくやっているかを一番最後の感知器についた “終端抵抗” を使って『最後の奴いるな、全員電気的に繋がってるヨシ!』と確認しています

 

🔋(´-`).。oO(この終端抵抗は一回路に一つと決まっています…。。)


終端抵抗はこんな感じでつけよう!


2心回しラスト感知器と終端抵抗
2心回しラスト感知器と終端抵抗。 ※クリックで拡大

ラスト感知器は、これまでの配線と異なり次の感知器に電気を送る必要がありませんから電線は電源の2本しかいません。🚩

 

そうなると青い端子台の穴が二つ空きますから、そこに画像のような “終端抵抗” を接続するわけです。🔌

 

🎯(´-`).。oO(+側と-側に接続すればいいのですが…、、外側の穴に接続してやると長さ的に丁度良いです…。。)

 

電気屋さんが『初めて自火報配線したんやけど、いくらやっても断線出んねん…!』と電話をかけてきたときは大体この終端抵抗の入れ忘れです。🔋笑


実際の感知器配線


二心回しで配線していく際は、感知器を設置したい箇所に穴をあけてそこで輪っかを作っておきます。

 

この輪っかの真ん中を切れば、ハイ!一本だった電線が…白と赤の電線が二本ずつになりますね。🎩♪

 

🚩(´-`).。oO(ちなみにここまで言及していませんでしたが…、、二心は一本の電線の中に “白・赤” のペアとなっています…。。)

 

収納上に仕込まれた自火報配線
収納上に仕込まれた自火報配線。 ※クリックで拡大
感知器をつける箇所で輪っか
感知器をつける箇所で輪っかを作っておく。 ※クリックで拡大

“4心まわし”


上記で紹介させて頂きました通り、基本的には白・赤の2本からなるペアの電線を使用して配線することが多いですが、場合によっては白・黄・赤・青の4本の束からなる2ペアで1本の電線を使用することもあります。✋(;´Д`)✨

 

4心回しの感知器配線イラスト
4心回しの感知器配線イラスト。 ※クリックで拡大

“4心回し” との表現をした小見出しですが、使う電線が4本で1組になっているだけで先程の2心回しで【白・白、赤・赤】となっていたのが、4心回しだと【白・黄、赤・青】になっただけであり、電気的には何ら変わりません。🎐

 

なぜ4心の電線を使うかと言うと、ズバリ施工性が良い場合があるからで、例えば既設の建物に感知器を一つ増設する場合などは、4心を一本、既設の感知器からピューと引くだけで “行き・帰り” の配線が可能です。👌♪

 

2心だと感知器を1個増やすのに電線が二本必要に…、ってここまでついてこられているか心配なので一度図を挟みます。📝笑💦


感知器“増設”には4心が最適!


✍(´-`).。oO(以下の図を見てもらうと…、、先ほど言っていたことを理解して頂き易くなるかと思います…。。)

 

4心で感知器増設した場合の図
4心で感知器増設した場合。 ※クリックで拡大
2心で増設した場合の図(通常無い)
2心で増設した場合(通常無い)。 ※クリックで拡大

うん、わかりやすい💡(´∀`*)ウフフ

実際に4心を用いた配線の様子


ただ、4心回しはジョイント部分が増えますから、新設時はできるだけ2心回しで設計しますね。📝✨

 

4心で感知器増設なら電線は一本
4心で感知器増設なら電線は一本で済む。 ※クリックで拡大
天井裏の感知器ジョイント部分
天井裏の感知器ジョイント部分。 ※クリックで拡大

甲種 “消防設備士4類” 資格取得のススメ


以上、自動火災報知設備の感知器配線についてザックザクに紹介させて頂きましたが如何でしたか?💭

 

上記の感知器配線工事は消防設備士の独占業務になっていますし、受信機へのAC100Vでの電源引込工事は電気工事士の免状が必要です。🔨👷‼

 

そしてこれらの内容については、モロに消防設備士4類という資格試験の内容でして、甲種の消防設備士4類では実際に上記で簡潔に書いたような図面が “製図” という実技の科目で試験に出ます。💯✨

 

ご興味のある方は、是非一度消防設備士4類の資格試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。🗻

 

📖(´-`).。oO(ここに自分で出版した消防設備士の参考書リンクを貼るのが目標です…。。)


まとめ


  • 感知器配線の基本は、コモン-とライン+の2本を送り配線(一筆書き)で繋いでいくことであった。✅
  • プラスとマイナスが接触して短絡(ショート)すると火災信号となり発報する仕組みになっていた。✅
  • ラスト感知器には、断線検出用の“終端抵抗” を接続した。✅

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    まる (金曜日, 22 2月 2019 10:29)

    すごくわかりやすくて勉強になりました。ありがとうございます。

  • #2

    管理人 (金曜日, 22 2月 2019 10:49)

    >まる 様
    コメントありがとうございます!今後ともよろしくお願いいたします!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

  • #3

    ずー (木曜日, 21 3月 2019 13:10)

    消防設備士甲種4類取得を目指しています。工事経験のない第2種電気工事士取得者です。実践的な記事が本当に助かります。ありがとうございます。

  • #4

    吉田浩一 (木曜日, 18 4月 2019 21:19)

    <消防設備士甲種4類取得を目指して勉強中です・・・が>
    ・教科書や問題集には具体的な事例に関する記述が少なく
     ??な事柄が沢山あり
     理解が進まず困っております。
    ⇒もし可能でしたら お教え下さいますでしょうか?
    ex1:
     煙感知器は 感知動作に電流を要すると思われます.
    [煙感知器の動作に必要な電流]と
    [終端抵抗に流れる電流]とは
    どの様な仕組みで判別しているのでしょうか?
    ex2:
     [R型受信機]~[感知器/中継器]間通信路の仕様の
     具体例などを知る事は出来ますでしょうか?
    ex3:
     P型1級発信機には 表示線/共通線に加えて
     A線/T線が接続される様に読み取れますが
     A線1本で送/受・話 両方の信号を
     送受出来るということでしょうか?
    以上 どうぞ宜しく お願い申し上げます.

  • #5

    管理人 (土曜日, 20 4月 2019 13:39)

    >ずーさん

    コメント有難う御座います!お返事遅れてしまい申し訳ございません!(;´Д`)�

    電工2種レベルの試験に合格できれば、きっと消防設備士甲種4類も突破できるかと思います!
    勉強に飽きたら、また弊社ページに遊びに来てくださいね~♪

  • #6

    管理人 (土曜日, 20 4月 2019 13:47)

    >吉田浩一 さん

    コメントありがとうございます、とりあえず消防設備士の甲4の試験に唯一出そうなex3の質問に軽く答えさせて頂きますね!

    P型1級発信機には 表示線/共通線に加えて
     A線/T線が接続される様に読み取れますが
     A線1本で送/受・話 両方の信号を
     送受出来るということでしょうか?

    T線は電話線で、受信機ー発信機間の通話に用いられます。A線は応答線で『受信機上で今の発報は発信機由来だよ!』って表示する為の線です。ちなみに回路図ですが、発信機本体ウラに載っている場合もありますし、2019年5月号の“電気と工事”に弊社の連載記事があるんですが、そちらにも載っています。笑

    他の2つの質問に関しては、分かるように説明しようとするとブログ1本分くらいにはなるので、近いうちに執筆させて頂きますね。ヒントを言いますと、終端抵抗は断線を検出する為の送り配線の最後の壁で、R型はメーカーによって配線が違ったりします。
    また、宜しければ当該質問とたまに関係ある記事もあるかと思いますから、是非ご閲覧下さいませ!

  • #7

    吉田浩一 (月曜日, 22 4月 2019 19:34)

    ご返信に感謝致します☆
    ・A線が応答線/確認灯
    ・T線が電話線/通話線
    と判りました('');助かりました☆
    <他の2つの質問>
    ・ネチネチとwebを検索しました
    ⇒何となく分かって来た様な気が…???('');
    ⇒[近いうちに執筆]大変期待しております☆~
    -----