· 

消火器 “機能点検” の不都合な真実と意見

外観のみの“自主点検”がされた痕跡のある消火器
外観のみの“自主点検”がされた痕跡のある消火器…。

前ブログ “ついに点検報告書内の印鑑が省略されます!” について多くの方から反響を頂いているのですが、それと時を同じくして業界内で動きが見られるテーマがあります。

 

それは消火器の “機能点検” についてです。

 

兼ねてより『📞:消火器の機能点検って、どうやってます~?』等と勤務中であるにも関わらず何のメリットもない電話対応を何度かしたことがある程、実は問題になるテーマでした。

 

またとない機会であり、主になって動かれている有志の方より支援の依頼もありましたから、精一杯書かせて頂く事とします。✎

①“機能点検”って…?


消防用設備点検 消火器 外観

消防用設備点検時に行われる消火器の定期点検には以下の2つのものがあります。

  • 外観点検(毎回、目視によるもの)
  • 機能点検(製造年から3年経過した加圧式・5年経過した蓄圧式、分解を要する)

ここで問題になってくるのが “蓄圧式” を分解する事による機能点検です。🔧

 

加圧式はフタを開けてもまた元に戻せますが、蓄圧式は空気を再充填しなければならず、現地での作業が困難な為、点検費が高額になり新品と取り換えた方が割安になるという事態が発生しているのが業界の現状です。


②何故そんなルールができたか


消防法 改正 機能点検 消火器

老朽化した消火器の破裂事故など、メンテナンス不足と結論付けられることが起こったことで法改正が行われるタイミングがありました。

 

その際に『消火器は点検時に分解して中まで見た方が良い!』という当たり前の意見があったことで加圧式消火器の機能点検というルールが追加されたのですが、その際にメンテナンスの費用が取れるという事で我々のような消防用設備業者が大きく声をあげたというのも背景にあったようです。

 

この時点で機能点検がオーバーメンテ云々はさておき、今やコレが仇となりました


③蓄圧式への移行という“変化”


消火器 蓄圧式

従来の主流であった加圧式から、皆様ご存知の通り現在は噴射時に急激な容器内圧力上昇を伴わない比較的安全な蓄圧式の消火器へと変更しており、その割合は増加の一途を辿っています。

 

つまり、消火器点検・メンテナンスを行う現場の環境が変わっているわけです。

 

そこに則していないルールを適用しようとするならば、例えば機能点検のような “後から目視で行ったか行っていないかを判断できない” ようなサービスは果たしてどのように処理されると思いますか?是非一度、想像してみて下さい。💭


④至極納得のいく提案


以前は加圧式消火器の安全性を担保する為にと制定されたルールが、マトモに点検をした業者が損をする、言い方を変えると全ての点検業者にウソをつかせるようなものに変わってしまっている為、この機能点検という云わば “名ばかり法令” は無い方がいい!というのが合理的に考えた末に、導き出される結論になるのは自明でしょう。💡

 

ただ、これまで “コレで安全性を保っていた” という建前に対して何かしら後付けしてやらないと『おいおい、大丈夫か?』という意見も出てくるでしょうから、今後は蓄圧式消火器についてメンテナンスフリーの規格を増やして点検が簡素化されることや、報告書内で従来の加圧式と蓄圧式の点検一覧を別で設ける等の措置が取られる事が望ましいかと。


⑤否決された…!?


ところがどっこい、上記の提案に反対される方がいらっしゃるんです。💔

(夢じゃありません…!現実です…!これが現実…!)

 

管理人が現在、耳にしている反対意見は以下の2つです。

  1. 機能点検が無くなると、消火器の点検自体が無くなってしまう可能性がある。
  2. 時間がない

上記について、1. に関しては消火器の外観点検を食い扶持の一つにしている人が困るという事で、2. に関しては何に対して時間がないのかはイマイチよく分かりませんが、要は面倒だという事ではないかと思っています。実にくだらないですね


⑥すみません論破します


まず、1. の “消火器の点検自体が無くなる可能性” ですが、これは考えにくいですね。

 

消火器が存在するかどうかも点検の一つですし、外観点検の手間を消防設備士がサービスとして負っていくことに変わりないでしょう。また、比較的少ないですが、例えば大型消火器等の一般的でないものを扱うのはプロの方が無難だという需要は残るかと。

 

次に、2. の “時間がない” ですが、仰る通り時間がないんです。だから、もっとこれからリソースを割くべき分野に注力できるルールにしなければ。例えば電気自動車の急速充電設備の消防用設備・防災等を最適化していく事は我々も取り組むべき問題の一つでしょう。


⑦個人的な意見


消火器の機能点検については、兼ねてよりずっと思うことがありました。⏰

 

消防法の第17条の12〔消防設備士の責務〕で “業務を誠実に行い…” と謳われているにも関わらず、事実上は現場の消防設備士や経営者に半ばウソをつかせるような仕組みになっており、真面目に遂行した人が価格競争に負ける…というような市場を作っていると思っています。

 

どの業界もそのような面があるのだとは思いますが、時代の遷移に伴う環境の変化に対応した、現場の実態に即したルールに基づいて業務を行えればと思います。


⑧個人的な意見 part.2


我々の業務は “加熱試験をすること” ではなく “火災による被害を軽減すること” で、その為に消火・警報・避難設備などを建物に防火対象物に設置、点検しているわけです。

 

消防設備士 点検 加熱試験

そして今後、それに従事できる日本人がどんどん減っていきます。これまで我々が行ってきたことを工夫して減らさなければ業務が持続不可能になるわけです。

 

例えば現在、P型(一般的な)受信機“自動試験機能付き” の物がありますが、それが普及すれば消防設備士シンボリックな動作である “あぶり試験” も不要になるかもしれません。それについて反対派の方々は一体どのようにお考え何なのでしょうか?🚨

 

今後も消防設備士が防災に寄与し続ける事は間違いないでしょうから、どうか “誠実” にやっていきませんか。


まとめ


  • 消火器の “機能点検” に際して分解を要する蓄圧式は空気を再充填しなければならず、現地での作業が困難な為、点検費が高額になり新品と取り換えた方が割安になるという事態が発生しているのが業界の現状であり、今回その法改正をパブコメで提案しようという動きが業界中で広がっていた。✅
  • 従来の主流であった加圧式から、皆様ご存知の通り現在は噴射時に急激な容器内圧力上昇を伴わない比較的安全な蓄圧式の消火器へと変更に伴い、点検・メンテナンスを行う現場の環境が変わっている為、現行のルールでは不適切な部分があった。✅
  • 全ての点検業者にウソをつかせるようなものになってしまっている為、この機能点検という云わば “名ばかり法令” は無い方がいい!というのが合理的に考えて導き出される結論であるので、声をあげていた。✅