防火対象物


特定防火対象物 と 非特定防火対象物


特定防火対象物とは、旅館・地下街といった不特定多数の者が利用する防火対象物(用途)、または病院や社会福祉施設・幼稚園など行動力にハンディキャップがあり、火災が発生した場合に、人命に危険が及ぶ可能性が高い施設などを指します。📞(;´・ω・)💦🔥

 

それ以外は非特定防火対象物に分類されます。🏢(´・ω・`)💡

 

以下の表をご覧ください。📝

令別表第1の前半
(5)項・(6)項を含む令別表第1の前半。 ※クリックで拡大
特定防火対象物と非特定防火対象物
令別表第1の後半。 ※クリックで拡大

 

令別表の(5)項をご覧ください。

(5)項・イ に分類される旅館・ホテル、宿泊所その他これらに類するもの… “民泊” はここに分類されます

そして、(5)項・イ は特定防火対象物です。

 

次に(5)項・ロ に分類されるのが寄宿舎・下宿、または共同住宅 となっています。

つまり、アパートやマンションなどの共同住宅は非特定防火対象物です。

 

さらに、(16)項・イ の文言に注目してください。

(16)項・イ は “複合用途防火対象物” といい、一つの建物に複数の用途が入っている場合の分類です。

ここで、(5)項・ロ の共同住宅の建物の一部に、(5)項・イ の“民泊” が入ると、(16)項・イ の複合用途防火対象物として分類されると判断できます。

 

よって、共同住宅を “民泊” にする場合、消防法上で防火対象物の区分が変わってしまうことに加え、非特定防火対象物から特定防火対象物の扱いになることが分かります。

参考:田辺市

 

令別表第一の覚え方(暗記方法)

テレビで初めて上映された文字は イ【引用:高柳記念未来創造館】
テレビで初めて上映された文字は “イ” です。【引用:高柳記念未来創造館】

防火対象物(消防用設備の設置義務のある建物)は、消防法の令別表第一というもので分類されています。

 

消防設備士の業務に携わっていますと、どのような建物が、何項に属するかを瞬時に判断できると色々便利です。(^^)/

 

例えば (1)項 イは “劇場・映画館 に分類されるため、『番はじめに上映された文字は』というイメージと関連付けて覚えています。

 

この記事を機会に “暗記” についてのハードルが低くなればと思います。

それでは以下の令別表の覚え方をご覧いただきたいです……。

続きを読む 0 コメント

令別表第1の防火対象物

防火対象物青木防災
防火対象物は令別表第1で分類され設置する消防設備が異なる。

消防設備を設置しなければならない建築物は、“令別表第1” というものに分類されています。📝

 

この表はとても大事で、その分類のどこに位置するかによって設置する消防設備が異なります。(;´∀`)🚒💦

 

消防署へ届け出などをする際にももちろんこの分類のどこに位置するかを記入しますが、まず消防設備士ならすべて覚えておくべき項目です。✍(´・ω・`)📚

 

他の記事からも、ここへよくリンクしてあります。💡

内容自体は簡素ですが、防火対象物が何項に属するのかなど調べる際にここをご利用ください。令別表第一の覚え方はコチラ

続きを読む 0 コメント