防火対象物


特定防火対象物 と 非特定防火対象物


特定防火対象物とは、旅館・地下街といった不特定多数の者が利用する防火対象物(用途)、または病院や社会福祉施設・幼稚園など行動力にハンディキャップがあり、火災が発生した場合に、人命に危険が及ぶ可能性が高い施設などを指します。📞(;´・ω・)💦🔥

 

それ以外は非特定防火対象物に分類されます。🏢(´・ω・`)💡

 

以下の表をご覧ください。📝

令別表第1の前半
(5)項・(6)項を含む令別表第1の前半。 ※クリックで拡大
特定防火対象物と非特定防火対象物
令別表第1の後半。 ※クリックで拡大

 

令別表の(5)項をご覧ください。

(5)項・イ に分類される旅館・ホテル、宿泊所その他これらに類するもの… “民泊” はここに分類されます

そして、(5)項・イ は特定防火対象物です。

 

次に(5)項・ロ に分類されるのが寄宿舎・下宿、または共同住宅 となっています。

つまり、アパートやマンションなどの共同住宅は非特定防火対象物です。

 

さらに、(16)項・イ の文言に注目してください。

(16)項・イ は “複合用途防火対象物” といい、一つの建物に複数の用途が入っている場合の分類です。

ここで、(5)項・ロ の共同住宅の建物の一部に、(5)項・イ の“民泊” が入ると、(16)項・イ の複合用途防火対象物として分類されると判断できます。

 

よって、共同住宅を “民泊” にする場合、消防法上で防火対象物の区分が変わってしまうことに加え、非特定防火対象物から特定防火対象物の扱いになることが分かります。

参考:田辺市

 

既存“連結散水設備”の設置義務が無くなった例

連結散水設備用の送水口
連結散水設備用の送水口 ※クリックで拡大

連結散水設備は “床面積700㎡以上の地階” に設置される消防隊専用の設備(消火活動上必要な施設)です。🚒💦

 

その機構ですが、地上の送水口から配管内に水を地下の散水ヘッドへ加圧送水してスプリンクラー設備のような感じで消火を行うものです。🌠

 

⛲(´-`).。oO(スプリンクラー設備の自動で回る消火ポンプが…、、消防ポンプ車に変わったようなイメージ‥。。)

 

今回、既設建物に連結散水設備がついていたのですが、改装・一部用途変更に伴って設置義務が無くなるケースに遭遇しましたので、ここでご紹介させて頂きます。💰(;・∀・)👌✨

続きを読む 0 コメント

パッケージ型消火設備の施工 part.2

屋内消火栓の代替 パッケージ型消火設備
屋内消火栓の代替設備である“パッケージ型消火設備”

今回もまた、既設建物に屋内消火栓の代替設備としてパッケージ型消火設備という消火ポンプ水槽なしの消火設備を設置しました。⛲✨

 

前に “パッケージ型消火設備の施工” というページがあるので、そちらも併せてご参照くださいませ!🔍(´∀`*)ウフフ

 

パッケージ型消火設備水系の配管工事が一切発生しないため、表示灯用の電源の配線工事と機器本体の運搬・設置工事のみを行うことで完了します。🚨♪

 

✍(´-`).。oO(弊社で配線工事やら届出類を行ってます…。。)

続きを読む 0 コメント

特定一階段“等”防火対象物

特定一階段(とくていいちかいだん)
特一(とくいち)や特定一階段(とくていいちかいだん)とも。

特定一階段等防火対象物 の意味を簡単に言いますと、「地階や3階以上の階に特定用途があって、そこから避難階までの階段が1つしかない防火対象物」の事を指しており、消防用設備の設置基準が他と少し異なります。🚫(;´Д`)❕

 

つまり、不特定多数の人が利用する危険性の高い用途が地上から離れた階にあって、階段が1つしかないと逃げ遅れる可能性が高いので名前つけて厳しめの規制を適用しましょう、となっているわけです。🏢💦

 

最近(5)項イ の民泊などが建物の上階に入り、“特一” になる防火対象物が増えているので、ここに注意を纏めておきます。📝✨

続きを読む 1 コメント

全飲食店で消火器設置の義務化

消火器は150cm程度の炎まで
消火器は150cm程度の炎までなら使用可能です。

以前は “延べ面積150㎡” を超えなければ、飲食店における消火器設置義務は生じませんでした。🏠

 

🗼(´-`).。oO(東京都・政令指定都市の8割・人口20万人以上の中核都市の半数は条例にて消火器の義務設置化はされていたようですが…。。)

 

しかし、糸魚川市大規模火災の経験を踏まえて、平成29年度中に施行令が改正により、“延べ面積0㎡” から消火器の設置義務化がされる予定です。🐟💦

 

この変化がによる新たな動きについて記していきます。✏

続きを読む 3 コメント

令別表第一の覚え方(暗記方法)

テレビで初めて上映された文字は イ【引用:高柳記念未来創造館】
テレビで初めて上映された文字は “イ” です。【引用:高柳記念未来創造館】

防火対象物(消防用設備の設置義務のある建物)は、消防法の令別表第一というもので分類されています。

 

消防設備士の業務に携わっていますと、どのような建物が、何項に属するかを瞬時に判断できると色々便利です。(^^)/

 

例えば (1)項 イは “劇場・映画館 に分類されるため、『番はじめに上映された文字は』というイメージと関連付けて覚えています。

 

この記事を機会に “暗記” についてのハードルが低くなればと思います。

それでは以下の令別表の覚え方をご覧いただきたいです……。

続きを読む 0 コメント