消火器の“使用期限”と“廃棄方法”

廃消火器回収は青木防災で可能
廃消火器回収は青木防災で可能です。

消防設備の中で最も知名度が高いといえる “消火器” 。

 

当たり前のように設置されていますが、それが使用可能かどうかを持ち主の方が把握してないことも多いように思います。

点検の際に『これは使えるのか?』と聞かれることも…。

 

その際、私たち業者は 耐用年数は10年です と答えています。

 

では、なぜ “10年” なのか??(´・ω・`)

それは、最も設置頻度の高い “粉末10型ABC消火器” というものが10年を経過すると 容器の耐圧試験” というものを受けなければならないからです。

 続きに詳細を記していきます。……

消火器の使用期限が10年である理由は?


消火器の 寿命” ということに関しては、設置状況によって大幅に異なるといえます。

例えば屋外に設置(雨のかからない軒下等)された場合と、屋内に設置されたものでは本体容器の老朽化や粉末の状態は圧倒的に後者の方が良好な状態を保っていると考えられます。

(´-`).。oO(雨ざらしはNGです…。。)

 

では、なぜ “10年” と言われているのか?(※例外あり)

 

本体容器の水圧試験


消火器の“容器”が圧力に耐えられる
消火器の“容器”が圧力に耐えられるかが重要。

ずばり、10年を経過した消火器本体容器の水圧試験(耐圧性能点検)をしなければならない” からです。

 

この消火器本体容器の圧力試験は、平成23年1月より「老朽化した消火器の破裂事故」の対策として施行されました。

 

では、水圧試験をすれば10年経過しても使えるのでは?と考えますよね。

その水圧試験をするための価格が、消火器を新しく購入する価格より高いのです(粉末10型ABC消火器の場合)。

 

そのため青木防災では、使用期限を10年として新品購入をお勧めさせていただいております。

(´-`).。oO(業界全体で新品購入を進める傾向にあります…。。)


消火器の点検


消防用設備点検の際に、消火器の耐用年数は全て確認・記録されています。✍(´-`).。oO

その際に消火器の状態についても細かく評価する項目があります。

消火器本体容器耐圧試験の周期


消火器圧力画像
http://www.jfema.or.jp/about/span

法定点検の義務がある事業所(防火対象物)の場合、製造年から10年を経過した消火器耐圧性能点検を行い、以降3年毎に耐圧試験を行ことが消防法で定められています。

 

そのため、3年毎に耐圧試験の費用がかかってしまうというルールのため、10年で交換するほうが得をするというわけです。

 

また、消火器は “加圧式” と “蓄圧式” を分けて報告書に記載してあり、蓄圧式の割合が今後ますます高まっていくと考えられます。

青木防災が出演したnews every.の映像をご覧ください!📺✨

 

これは、使用時の一瞬のみ大きな圧力がかかる加圧式のものより、 “常時” 圧力がかかっている蓄圧式の方が安全度が高いためです。

(容器破損の際にゆっくり空気圧が抜けると言われています。)


使用済みの消火器


使用済み加圧式消火器
加圧式の消火器は一度使用すると薬剤が全て無くなる。

では、“使用済” の消火器は新品に交換すべきでしょうか?

 

ここでも、本体容器に記載された耐用年数で判断すべきであると言えます。

 

例えば、消火器の本体容器耐圧試験実施日(使用期限)まで3年を切っているモノの場合、詰め替えても3年以内に耐圧試験費用がかかってしまいます(その時に粉末薬剤も交換)。それであれば新品にすべきでしょう。

 

しかし、耐用年数(使用期限)まで3年以上ある場合は、薬剤を再充填したほうが経済的・合理的かもしれません。

 

(´-`).。oO(ケースバイケースですが、すぐに新品にすると勿体無いこともあります。。)


消火器の廃棄


消火器は特定窓口にて廃棄し、リサイクルすることが法令にて義務付けられています。

青木防災でももちろん廃棄処理を承りますので、お気軽にご連絡・お持込み下さい(※青木防災では出張引取はしていません)

 

ジモティー大阪版 にも掲載中!!

↓青木防災㈱ URL↓

http://jmty.jp/osaka/ser-oth/article-1x9hc

青木防災での廃消火器回収


青木防災にて回収された廃消火器
青木防災にて回収された廃消火器

青木防災は、廃消火器回収のための特定窓口です。

耐用年数である10年経過後の消火器が多く持ち込まれております。

 

その際に気になるのが “廃棄にかかるコスト” であると思います。

廃棄料” は、1本当たり¥1,080円となっていますが、これはリサイクルシールが消火器に貼ってない場合のお値段です。

 

2010年以降に製造された消火器にはリサイクルシールが貼付けられていますので、保管・運搬量の¥580円のみになります。

 

また、新品交換(青木防災にて購入)を同時に数本していただける場合や、廃消火器の本数が著しく多い場合などは無料で行うケースもございます。

https://www.ferpc.jp/recycleseal/kind

廃棄せずに耐圧試験を受けた方が良い場合


ずらりと並んだ粉末50型消火器
ずらりと並んだ粉末50型消火器の消火能力は高い。

ここまでは10年を目安に廃棄・新品交換が合理的な選択でしたが、例外もあります。それは、消火器本体が “高額” な場合です。

 

工場や危険物貯蔵所などでは、50型や100型などの大型で高価な消火器が設置されていることがあります。

 

その理由としては、設置現場に求められる消火能力単位が大きく、全て10型でそれを満たそうとすると本数が非常に多くなってしまい不便であると考えられるからです。

そのため、消火能力単位の高い50~100型の大型消火器が設置されているわけです。

 

また、危険物貯蔵所では事前に設置する消火器の種類を定めて、消防署に書類を提出しています。

ですから、たとえ10型を置きたくても、決められた50型などの消火器を設置することが必要となります。

 

大型消火器は高額であるため、買い替えは慎重になるべきでしょう。


まとめ


消火器耐用年数が10年である理由は、本体容器に水圧による“耐圧試験”を行わなければならず、その費用が新品購入より高額となる。

 

・ 使用済みの消火器に関しても、そのまま廃棄せずに耐用年数に注目することで、再充填した方が合理的な場合もある。

 

青木防災にて10年経過の消火器は引取・回収可能である。

参考文献


http://www.fesc.or.jp/ihanzesei/pdf/kaisei-kankeisya.pdf

 

http://www.jfema.or.jp/about/span

 

https://www.ferpc.jp/recycleseal/kind