消防設備士について


消防設備士の業務
消防設備士の業務とは?

 “消防設備士” の主な業務は、消防用設備の施工点検です。

に係る知識・スキルの習得が必要となります。✍(´-`).。oO

 

また、主に必要となる資格は以下の通りです。

  • 消防設備士甲種1~5類、乙種6・7類

以上の有資格者が消防施設工事業を営んでいます。(・ω・)ノ💯


 

↓キーワード検索(例:4類 問題)↓

以下、消防設備士に関する記事を集めたページです。🚒

消防設備士4類 資格取得フロー

消防設備士資格を取得
消防設備士資格を取得する為には…。

“甲種” の消防設備士には、受験資格があります。🎫

 

※裏ワザ㊙】“第三級陸上特殊無線技士” という非常に易しい資格を取得することでも甲種消防設備士の受験資格を得らます💡

 

しかし、“乙種” はどなたでも受けられますので、是非取得されることをお勧めします!!🌈\(゜ロ\)(/ロ゜)/✨

 

平成27年度の合格率は 36.4 %と、難易度は中程度であるといえます。💯(´・ω・`)👌

 

4類の消防設備について、イメージが浮かばない方も多いかと思いますので、詳細を続きに記していきます。✍(´-`).。oO🍎

続きを読む 1 コメント

消防設備士の独占業務

29年度資格試験広報用ポスター
29年度資格試験広報用ポスター

消防関連の試験の中で、危険物取扱者の資格試験は比較的有名な部類ではないかと感じますが、消防設備士知名度は現在とても低いものではないでしょうか。💔(;´∀`)💦

 

資格試験の広報ポスターには、毎年危険物取扱者試験の隣に “消防設備士” も載っているようです。🎫( ゚Д゚)❕ 参考:消防試験研究センター

 

ちなみに管理人の場合、学生時代に危険物取扱者の試験を受けていましたし、書面で申請した際は最寄りの消防署にも行っていました。🏢

 …しかし、消防設備士の資格を知りませんでした。((((;゚Д゚))))ガクブル⚡

(´-`).。oO(きっと自分とは関係ないと思い、思考停止していました…。。)

 

そして現在、消防設備士として業務に携わり “消防設備士の資格って便利!” と心底感じた以下の2点を、どうかこの記事にて共有させていただきたいです。🚒(´・ω・`)👌✨

  • 独占業務がある。✅
  • 仕事が増加し続けている。✅

続きに、その詳細を記させていただきます…。✍(´-`).。oO📝

続きを読む 0 コメント

使用開始届の9割は誰でも作れる

1週間前までに消防署へ使用開始届
OPEN1週間前までに消防署へ使用開始届を!

(´-`).。oO(あ、このページみるのお客さんだから、消防設備士独占業務ばっか書いてもダメだな…。。)💡

 

と “設置届について” のページに引き続きまして、使用開始届(正式名称は“防火対象物使用開始(変更)届出書”)の記事を書きます。✍

 

使用開始届は、法的にはお客様の方で提出していただきます。📝

(´-`).。oO(消防設備士はあくまで作成の補助です…。。)

 

特に消防設備の工事が伴っていない場合でも、店舗・事務所などを開店・開業する場合は、所轄消防署使用開始届の提出を持って報告する義務があります。🚒

使用開始届について、続きを記していきます…。✍(´-`).。oO✨

続きを読む 0 コメント

設置届の作り方 How to make

設置届は消防設備士でなくても提出可能
設置届は消防設備士でなくても提出可能です。

(´-`).。oO(あ、このページみるのお客さんだから、消防設備士独占業務ばっか書いてもダメか…。。)💡

 

上記の気づきより、設置届(正式名称は“消防用設備等設置届出書”)についてのページをここに作成するに至りました。🚒

 

なぜなら、法的には設置届はお客様も提出可能だからです。📝

(´-`).。oO(ただ、業者に任せた方がスムーズなのは確かですが…。。)

 

また、設置届を利用して消火器点検料削減を図る?という、噂の裏技にも少し触れたいと思います。👻

(´-`).。oO(グレーな話題です…。。)続きをご覧ください…。

続きを読む 0 コメント

着工届の作り方 for 甲種消防設備士

所轄消防署へ着工10日前
所轄消防署へ着工10日前までに甲種消防設備士が届出。

着工届(正式名称:工事整備対象設備等着工届出書)” は、消防設備士が消防設備に係る工事をする際に必要な書類です。👷❕

 

所轄消防署に、工事着工の10日前までに、消防設備士がその管轄消防長宛に提出します。📪

Ex. 大阪市消防長 殿、 寝屋川消防署長 殿 など。📝

 (´-`).。oO (堺市は10000㎡までは“東消防署長”など、所轄消防署長宛とのこと…。。)🚒

 

また、民泊福祉施設に設置することの多い “特定小規模用” の自動火災報知設備などは “設計届” という表紙を用います。💡

 

続きに、着工届についての詳細を記します……。✍(´-`).。oO✨

続きを読む 8 コメント

AI・DD総合種&DD1種ダブル合格体験記

電気通信設備工事担任者の資格者証
電気通信設備工事担任者の資格者証

電気通信設備工事担任者(以後、工担 “こうたん” と略します)は、電話やインターネットの回線に係る配線・接続の工事を行うための国家資格です。🎫(´-`).。oO(工事‘担任’やで、工事‘担当’ちゃいまんで…。。)🏁

 

消防用設備業において、“火災通報装置” という消防に直通の電話を工事・届出する際にこの “工担” の資格があると便利です。👷

 

また、近年のアナログ回線からIP電話回線の移行に伴って、火災通報装置IP回線対応のものが発売されるなどの変化があります。📞📞📞

そのため、電気通信設備工事についての知識・技術も、消防設備士に求められてくると感じます…。✍(´-`).。oO✨

続きを読む 0 コメント

令別表第一の覚え方(暗記方法)

テレビで初めて上映された文字は イ【引用:高柳記念未来創造館】
テレビで初めて上映された文字は “イ” です。【引用:高柳記念未来創造館】

防火対象物(消防用設備の設置義務のある建物)は、消防法の令別表第一というもので分類されています。

 

消防設備士の業務に携わっていますと、どのような建物が、何項に属するかを瞬時に判断できると色々便利です。(^^)/

 

例えば (1)項 イは “劇場・映画館 に分類されるため、『番はじめに上映された文字は』というイメージと関連付けて覚えています。

 

この記事を機会に “暗記” についてのハードルが低くなればと思います。

それでは以下の令別表の覚え方をご覧いただきたいです……。

続きを読む 0 コメント

消防設備士甲種特類の問題と解答 in 2017/3/5@大阪

大阪大学の正門にある石板
大阪大学の正門にある石板

2017年3月5日に大阪大学で “特類” という甲種消防設備士試験を受験してきました。

 

特類は他の設備と異なる、“その他” のような扱いの消防設備士資格です。

例えば、大きい体育館の天井にスプリンクラーを設置する代わりに、放水銃のような設備が設置されているケースがあります。

 

どの類にも該当しないような設備を点検するには、独自の決まり事などがあるため、特類のような資格が作られました。

 

以下に出題された問題・解答を記していきます。……

続きを読む 5 コメント

消防設備士講習受講の注意!

受講票は絶対に忘れないように
受講票は絶対に忘れないようにしましょう!

消防設備士の講習は、免状取得者の義務として以下のように定められています。💡

免状交付を受けた日以後における最初の4月1日から2年以内に受講し、以降講習を受けた日以後における最初の4月1日から5年以内ごとに受講すること。”✍(´-`).。oO(試験に出ます…。。)

 

消防設備士として業務に携わるには、この講習を受けるていることが必須条件です。届出類にも講習受講日を記入する欄があります。📝

私は今回、消防設備士の講習を初めて受講したのですが 「知っとけばよかったな~(;´Д`)」と悔しい思いをしたことが幾つかあったのでここで広報させていただきます。以下をご覧ください…。

 

続きを読む 0 コメント

消防設備士甲種4類実技の問題と解答 in 2016/12/4@滋賀

石塚社員が提出してくれた甲4問題&答案ノート。
石塚社員が提出してくれた甲4問題&答案ノート。

1類2類、そして5類に引き続き、消防設備士4類の試験を、弊社の石塚社員が受験し、その際に出題された実技の問題を頂きましたので、このページにて公開・共有させていただきます。

 

甲種の4類は、消防設備士乙6(消火器)に引き続いて有用であると言えます。なぜなら、自動火災報知設備工事点検消防設備士として働くうえで携わることが多いからです!!|д゚)🚒

(´-`).。oO(企業様の得意分野にもよりけりですが…。。)💡

 

甲種の消防設備士試験には、実技(鑑別と製図)という筆記試験があります。(´-`).。oO(ただの “作図” ですが…。。)

業務でこれらに慣れていない方は、以下を参考にして対策をしましょう!……

続きを読む 0 コメント

消防設備士免状交付の申請について

消防設備士免状交付を申請
消防設備士免状交付を申請するために必要なもの。

消防設備士試験を無事通過した場合、受験地の消防試験研究センターに消防設備士免状の交付を申請する必要があります。

その際に、用意するものが以下のリストになります。

  1. 合否結果通知書(画像中の青色のはがき)
  2. ¥392円分の切手を貼った交付免状返信用封筒
  3. 既得免状(他の類の免状保有者のみ)
  4. 手数料¥2,800円分の収入証紙

大阪が受験地の場合、収入証紙は最寄りの警察等で入手できた記憶があります。しかし、今回の受験地は京都府であったため、収入証紙を入手するのは困難でした。

以下に、手数料納付方法を含めた申請内容を記していきます。……

 

続きを読む 0 コメント

消防設備士甲種5類実技の問題と解答 in 2016/12/23@奈良

中嶋社員が提出してくれた紙とワードファイル
中嶋社員が提出してくれた紙とワードファイル。

1類に引き続き、消防設備士5類の試験を、青木防災の中嶋社員が受験し、その実技に出題された問題をメモしたものを頂きましたので、このページにて公開・共有させていただきます。

(→消防設備士1類のページはコチラ)

 

5類は避難器具についての試験で、避難器具のあらゆる部分の長さを暗記しなければならないことや、力学の計算などがあることが特徴です。

 

それでは、以下に実技の単元に出題された問題とその解答を記していきます。……

続きを読む 2 コメント

消防設備士甲種1類実技の問題と解答 in 2016/12/23@奈良

青木防災・花岡社員がとってくれたメモ
青木防災・花岡社員がとってくれたメモ。

先日、奈良で行われました消防設備士試験を、青木防災の花岡社員が受験しました。

 

その際の実技試験の内容を花岡社員直々に、紙に起こしていただきましたので、この記事にて情報共有させていただきます。

 

また、消防設備士試験会場として “奈良” は車で行っても30分程度で到着できるほか(青木防災から)、駐車場があるため便利です。

他の青木防災社員も、大阪ではなく奈良を受験地として選ぶ方が多いように思います。

 

それでは以下に実技試験内容を記していきます。……

続きを読む 6 コメント

消防設備士甲種2類実技の問題と私の回答 in 2016/12/4@京都

消防設備士の試験会場は京都の立命館大学・衣笠キャンパス
消防設備士の試験会場は京都の立命館大学・衣笠キャンパスでした。

題名の通り、私が12月6日に受験した “消防設備士甲種2類” の実技の科目に出題された問題と私が記入した回答を記させていただきます。

また、分からなかったところは一部調べてその答えらしいものもの載せておきますのでご参照ください。

 

前回、2類の不合格体験記という名目で、泡消火設備についてやよく出題される箇所を記したページもあるのでそちらもよければご確認ください。

 

そして、そのページにも記載しました通り、私が一年間で大阪をはじめ、奈良や京都、兵庫や和歌山で一気にすべての類の消防設備士試験を受けた中で唯一2類だけが滑っていました

 

この記事が少しでも今後、受験される方のお役に立てればと思います。

 

 

続きを読む 0 コメント

甲種2類 消防設備士試験不合格体験記

甲2は“泡消火設備”のみ
甲2に分類される“泡消火設備”を学ぶための参考書は少ない傾向にある。

消防設備士の資格で、最も厄介なのがこの“2類”に分けられる“泡消火設備”の試験であると思います。

その理由として、私が消防設備士を甲種1~5、乙種6・7を一年間で受験して唯一落ちていたのがこの2類のみであったからです。

資格試験に詳しい消防機器協会の方も“2類はマニアックだから”とおっしゃっていました。

その理由として、他の類はいくつかの設備がまとまって分類されており、出題が広く浅い傾向にあります(例;1類なら消火栓とスプリンクラー、他など)。

しかし、2類は“泡消火設備”のみで構成されるため、狭く深く出題される傾向にあるのではないでしょうか。

以下に、2類の消防設備と試験について記していきます。……

 

 

続きを読む 2 コメント