· 

“防災”対策をしないヒトの心理

危険な思い込みを打破
危険な思い込みを打破するには…?

いずれ来ると分かっている地震や付随する火災などへの対策、すなわち防災対策を行っていると自信をもって言える方はどれほどいらっしゃるでしょうか。🔥(;´Д`)💦

 

ヒトは現実逃避をする為に「自分は大丈夫」「何とかなる気がする」等と根拠のない思い込みを作り出して安心しようとします。💔

 

✍(´-`).。oO(心理学で “認知的不協和” といいまして…、、例えば取れないブドウを「どうせ酸っぱいんだろう…」と考えて食べたい気持ちを消そうとするイソップ物語のすっぱい葡萄の話があります…。。🍇)

 

多くのヒトがもつ “都合の良いウソ” を乗り越える手段として、消防法を厳しく…等の行政による強制には限界があることが分かってきています。

 

以下で、“行動経済学” と “ナッジ” という理論を用いて思考を進めていきます。📝✨

 

“行動経済学”で消防・防災を!


現在ブームになっている行動経済学は英語で “behavioral economics” つまり人間の “ふるまい” について考慮された経済学で “合理的モデルに矛盾する行動” に注目した学問です。👥

 

この分野の発展に多大なる影響を与えたリチャード・セイラー教授は、2017年にノーベル経済学賞を受賞されました。🏆

 

何か難しそう…、と感じられる方もおられるかもしれませんが、セイラー教授は “一般人でも理解できる” ように分かりやすく、そして面白く説明してくれています。(;´Д`)👌✨

 

📚(´-`).。oO( “行動経済学の逆襲” という本が…、、有名ですね…。。)

参考:行動経済学の逆襲


“ナッジ” と住宅用火災警報器


小便器の“ハエ”
小便器の“ハエ”を狙ってしまう。

行動経済学の中でも “ナッジ(肘でつつく)” は、消防・防災分野の発展を考える上で役立つものだと考えられます。🚒✨

これは、法の規制や経済的報酬による力でなく “本人の自由意志を誘導” することで選択を良い方向に持っていくという概念です。🏁(重要なのは“自由”である点。)

 

ナッジを説明する上での例え話で、男性用小便器に “ハエ” のシールを貼って的を作ると、そこを狙うため飛び散りが減り、掃除が楽になり経済効果が出たという事があります。🚽♪

 

住宅火災の対策として住警器の設置義務が定められたものの設置率は8割程度で頭打ちになり、法的拘束力によるアプローチには限界がみえています。💔(´;ω;`)💨

 

残りの2割を変えるには、その原因を “正しく” 理解し、現実に則した理論をもとに “強烈に動機づけられるよう” 工夫して取り組む必要があるという事を示唆しているのではないでしょうか。💡


“エコン” と “ヒューマン”


エコンとヒューマン
エコンは理想でヒューマンは現実。

“行動経済学の逆襲” の中に “ナッジ” を説明する上で、 “エコン” と “ヒューマン” という造語が用いられています。📚

 

エコン” は経済学のモデルに完璧に従った振る舞いをする、架空の存在を指します。🗽✨

 

ヒューマン” は、その経済モデルから時に大きくかけ離れた “人間味のある振る舞い” をする存在、つまり管理人を含む現実世界の住人を指しています。🌎

このヒューマンにおける “人間的な要素” が偏見として、様々な非合理的な現象を起こしているわけです。🙈🙊🙉

 

💡(´-`).。oO(例えばエコンはプレゼントに“現金”を選びますが…、、ヒューマンは市場価値よりも “思い” を優先した手編みのマフラー等を選びます…。。)


その要素は本当に無関係?


ヒューマンの非合理的な行動
ヒューマンが非合理的な要因は?

エコンのモデルでは “無駄” とみなされ意思決定には影響しないノイズのような事柄も、ヒューマンの振る舞いを選択しうる重大な要素である可能性があります。🌱❕

 

✍(´-`).。oO {作中では、無関係とされている要因を “SIF(supposedly irrelevant factors)”  と略して定義しています…。。}

 

“風が吹けば桶屋が儲かる” というように、一見何の関係もないようなことにもヒューマンの行動は左右されます。🌊((((;゚Д゚))))♨

 

では、良い方向に促してやる要素になる “ナッジ” を設計することを考えましょう。🚒♪

 

例えば…、表示灯をリング型にすることによって使用率は上がるでしょうか?🚨


Amazonベストセラー1位を“消火器”にした強力なナッジ


初期消火の必要性
初期消火の必要性は明らかだが…。

 

参考:excite ニュース

 

少々前の出来事になりますが、Amazonのベストセラー1位に何と “消火器” が躍り出たことがありました。

ちなみに、2位はスプレータイプの簡易消火器具で、3位はPM2.5対応の加湿空気清浄機でした。公害よりも身近な危険として “火災” がヒューマンに植え付けられた証拠です。🌱

 

業界が震撼したこの出来事の背景には、ニコ生放送中にオイルが染み込んだティッシュの上に使用済みマッチ棒のゴミを置くというアホすぎる危険行為により火事になった様子がニュースになったからです。🔥((((;゚Д゚))))📺

 

もしエコンであれば火災の確率を想定して消火器を既に保有している、若しくは同様の危険行為をしない限り消火器は不要であるとし、その行動に影響を与えることは無いでしょう。🌎

 

✍(´-`).。oO(このようなインパクトがあり強烈な意識付けを促す事象を…、、何とか人為的に起こすことはできればナア‥‥。。)


想像力でヒューマンの意識啓発!


災害はお化けではない
災害はお化けではなく実在する。

消防法の改正は、火災による被害が背景になっていることが殆どです。📝

 

例えば “住宅への消火器設置義務化” をしたとして、上記と同じようにAmazonランキング1位になるでしょうか?💻⤴

管理人は “ならない” と思います。💡

 

事故が起こったとしても、それを “自分ごと” として考えを転換させられるかという “想像力の壁” の打破が防災対策をするかどうかの分岐点になっているでしょう。⛲(´・ω・`)‼

 

そのような現実に向き合う為の想像をする “きっかけ” を作る場として、緊張感のある消火・避難訓練を行ったり、納得のいく理論や情報をブログTwitterを通して広報するなど、より多くのヒトに “ナッジ” していくべきだと思っています。🐣


まとめ


  • 消防法を等の行政による強制には限界があったため、“行動経済学” と “ナッジ” という理論を用いて思考する必要があった。✅
  • ナッジは法の規制や経済的報酬による力でなく “本人の自由意志を誘導” して選択を良い方向に持っていく概念であった。✅
  • エコン” は経済学のモデルに完璧に従った振る舞いをする、架空の存在で、“ヒューマン” はモデルとかけ離れた “人間味のある振る舞い” をする管理人を含む現実世界の住人を指していた。✅
  • Amazonのベストセラー1位に何と “消火器” が躍り出たことがあり、公害よりも身近な危険として “火災” がヒューマンに植え付けられた証拠であった。✅