· 

屋外消火栓ホース格納箱の交換工事

消防用ホースという内蔵を露出して倒れたホース格納箱
消防用ホースという内蔵を露出して倒れたホース格納箱。

2018年の日本の今年の漢字が「災」になる程、自然災害が相次いで起こりまして、その被害を受けた物の中に御多分に漏れず弊社が取扱う消防用設備も含まれております。🍥(;´Д`)💦

 

この記事では画像の “暴風でなぎ倒されたホース格納箱” の、復旧工事を行った模様を紹介させて頂きます。🌀

 

また、併せてコチラの屋外消火栓ホース格納箱に関する消防法にも触れていきたいます。📝✨

 

✍(´-`).。oO(既設のホース格納箱についている “あるモノ” が…、、消防法上は無くてもいいという扱いでしたね…。。)

ホース格納箱の被害状況


冒頭にありました画像の通り、台風によって屋外消火栓のホース格納箱が破損しておりました。🌀(;´Д`)💦

 

ホース格納箱の足
ホース格納箱の足が取れていました…。
表示灯グローブも破損
表示灯グローブも破損…。

💔(´-`).。oO(何てチカラなんだ…、、何てパワーなんだ…。。)

ホース格納箱の設置基準


消防法施行規則第二十二条の二にて、以下の条文が謳われております。🎤👷♪

  • 屋外消火栓設備の放水用器具を格納する箱は、屋外消火栓からの歩行距離が5メートル以内の箇所に設けること。ただし、屋外消火栓に面する建築物の外壁の見やすい箇所に設けるときは、この限りでない。
屋外消火栓ホース格納箱は歩行距離5m以内に設置
屋外消火栓ホース格納箱は歩行距離5m以内に設置します。

また、屋内消火栓設備と異なり、位置を示すための赤色の表示灯を設ける必要はありません。🚨(;´Д`)👌✨

 

しかし、消火ポンプの始動を示す赤色の表示灯は、屋内消火栓ホース格納箱の内部又はその直近に設ける必要があります。💡

新しいホース格納箱の設置


元の配線は印だけでなく写真にも収める
元の配線は印だけでなく写真にも収めておきます…。
新たな位置にアンカーボルトで固定
新たな位置にアンカーボルトで固定していきます…。

ホルソーで穴をあけてブッシングを装着
いい位置にホルソーで穴をあけてブッシングを装着…。
寒いのに肌色の背中があらわに
寒いのに肌色の背中があらわになっています…。

消火栓から5m以内にホース格納箱
どう見ても消火栓から5m以内にホース格納箱が…。
屋外消火栓ホース格納箱
やっぱり屋外消火栓ホース格納箱はこう綺麗でないと。

🚨(´-`).。oO(今回は回復工事だったので…、、表示灯も更新して設置させて頂きました…。。)

1類の消防設備士免状取得のススメ


管理人スプリンクラー設備連結送水管屋内・屋外消火栓などの水系消火設備施工に携わる為、資格取得した際に使用した参考書を紹介します。📢♪

 

📚(´-`).。oO(結局のところ…、、これで十分でした‥。。)

 

1類は損失計算など、設計をしない限り実務で触れる機会がないことも出題されるため、それになれる必要があります。🔢💦

 

しかし、ここで一度勉強しておくと、1類消防設備士を取得してからの着工届作成時に少し楽になるかと思いますので、惜しみなく理解に努められればと思います。💪♪

 

まだ、テキストをお持ちでない方は "消防設備士1類 超速マスター" ←のリンクよりお求め頂けます。

 

弊社ブログをみた事がきっかけで、未来の消防設備士が一人でも増えれば本望で御座います。🌠✨


まとめ


  • 消防法施行規則第二十二条の二にて、屋外消火栓設備の放水用器具を格納する箱は、屋外消火栓からの歩行距離が5メートル以内の箇所に設けることが定められていた。✅
  • 屋内消火栓設備と異なり、位置を示すための赤色の表示灯を設ける必要なかったが、回復工事のため今回は設けた。✅
  • 消火ポンプの始動を示す赤色の表示灯は、屋内消火栓ホース格納箱の内部又はその直近に設ける必要があった。✅