誘導灯


現行の誘導灯は小型でスタイリッシュ
現行の誘導灯は小型でスタイリッシュ。

誘導灯は皆様が日ごろ生活する中で、最も目に入りやすい消防設備ではないでしょうか。

(´-`).。oO(非常口のアレです…。。)

 

近年LEDによる省エネモデルが登場しているほか、音声や光による誘導機構の採用した “誘導音・点滅機能付き誘導灯”など、弱者保護の観点からも仕様が改められている注目の消防設備です。

 

このページをきっかけに誘導灯と青木防災に関して少しでも知っていただければと思います。

また、誘導灯に関するお役立ち情報を掲載したページもございます。

是非一度ご覧ください (→誘導灯に関する豆知識はコチラ)


誘導灯に関連するページ一覧


誘導灯・誘導標識の設置基準・義務

避難口誘導灯写真
古い品の光源は蛍光灯で、現行品の誘導灯はLEDで小型。

この記事では、皆様が日ごろ一番目にしていると言っても過言ではない消防設備 “誘導灯” がどのようにして設置されているかを記したいと思います。🚥(´・ω・`)✨

 

写真は誘導灯の中でも、“避難口誘導灯” と呼ばれているものです。📷

これは最終的に逃げてほしい出口に設置されます。|д゚)👌

 

また、ものすごく大きい誘導灯を見たことはありませんか❓

誘導灯は大きさもA, B, C級の3種類ある他、音声や点滅機能で避難を促すものなど様々です。📣❕

 

以下に続きを記していきます…。。✍(´-`).。oO♬

続きを読む 0 コメント

誘導灯に誘導標識を貼り付けて改修!?

誘導灯と誘導標識の使い分け
誘導灯と誘導標識の使い分けをご存知ですか?

先日、消防用設備点検を行った工場が、すべて誘導標識が設置されており、誘導灯がないという防火対象物でした。💡

 

改めて誘導灯設置基準を確認したところ、令別表1において(12)項 イにあたる工場・作業場は “地階・無窓階・地上11階以上” の場合に限り誘導灯の設置義務が生じるものでした。🚒

 

そして、(7)項の学校系に分類される防火対象物も、同様の “地階・無窓階・地上11階以上” の場合という設置基準でした。🏫

 

ここで気になったのことがありました。

以前、小学校の改修工事の一つで、施工時の誘導灯パネルの避難方向を示す向きが間違っていたため “上から誘導標識を貼る” という奇妙な改修依頼を受けたことがありました 。👹

 

わけのわからない状況だな…と思いつつも、管理人はペタペタと標識を貼り、パシャパシャと写真を撮っていました。(;´Д`)📷✨笑

 

あれは良かったのか?と今更思い、青木防災社長に聞いたところ、以下のような回答が返ってきました。……✍(´-`).。oO

 

続きを読む 0 コメント

火災報知機の止め方(誘導灯信号装置ありの場合)

火災報知設備と誘導灯が同時に鳴る
火災報知設備と誘導灯が同時に鳴るとパニックに‥‥。

一般的に “火災報知機” と呼ばれていますが、正式名称を “自動火災報知設備” といい、あらゆる防火対象物に、その設置基準に従って備えられています。

 

有事の際に建物関係者・利用者に警報によって火災初期に避難を促す重要な役割を果たすものですが、誤作動による警報音鳴動というトラブルが起こることもあります。

 

この、誤報による自動火災報知設備の作動を “非火災報” と呼び、消防設備業者がお客様と共に解決していくべき問題でもあります。

 

また、消防法改正により自動火災報知設備の作動と共に連動して作動する設備が増えています。

特に、音声・点滅機能付きの誘導灯が誤作動した際に、高齢者施設の利用者様がパニックを起こすなど精神的な負担にもなっているようです。

 

そこで、誤作動した場合にいち早く音響を停止できるよう、ここで学びましょう!……

続きを読む 0 コメント

アニメにも描かれている消防設備

消防設備が盛りだくさんのワンカット
消防設備が盛り沢山のワンカットです。

 写真は、アニメ 『僕だけがいない街』 のオープニングテーマである “Re:Re:” の裏で流れているワンシーンです。🏫

 

これを見た瞬間、よく描かれているなあと思わず写真に収めてしまいました。(;´∀`)📷✨

 

いくつ消防設備が描かれていると思いますか?(。´・ω・)?💡

是非一度、数えてみて下さい。

 

答えは5つです。(数え方にもよりますが…。笑)🚒

以下に、私の解釈を記しました。✍(´-`).。oO♬

答え合わせの方、よろしくお願いいたします。笑|д゚)🌳🌳🌳


続きを読む 0 コメント

なぜ、非常口のアレ(誘導灯)は緑色なのか??

非常口のマーク
普段目にする非常口のマークはなぜ緑色なのか?

どうも、青木防災です。|д゚)❕

 

この記事では “誘導灯” について書きたいと思います。💡

 

誘導灯とは、皆様がご存じの非常口のアレです (画像参照)。🚪

 

ここで質問です。 (・ω・)ノ✨

なぜ誘導灯は、私の好きな “緑色” であると思いますか??

 

ヒントは、ちゃんと科学的な理由があります。🎨

 

✍(´-`).。oO(以下に答えを記させていただきます。……)

 

 

続きを読む 0 コメント

誘導灯・誘導標識の改修


誘導灯を設置しなければならない防火対象物は、消火器に引き続いて多いため、その工事件数・実例も多数ございます。

以下に工事例の一部を記させていただきます。

誘導灯のLED化


従来の誘導灯は、左図のような横長のもので、中に蛍光灯が入っておりました。

 

ご存知の通り、消費電力が大きく、寿命も短いです。

現行のLED誘導灯は、このような四角形です。

 

スタイリッシュであり、寿命も飛躍的に伸びました。


誘導灯の球替え


工事というほどのことではありませんが、点検時に誘導灯の球が切れていた場合交換させていただきます。

 

球替え自体は誰でも可能ですが、できれば青木防災の社員にその場で交換させていただくことをお勧めします。

 

なぜなら、点検報告書に “光源” という点検項目があり、球を替えないと “” にして消防署に報告書を提出することができないからです。

 

点検終了後にできるだけ消防設備本来の能力を発揮できるようにしてその場を後にしたい所存です。

 

それでは以下に球替えの模様を写真と共に記載します。……

球が切れているとただの標識
球が切れているとただの標識です。
パネルを取って
パネルを取って古い球を取ります。
新しい10Wの蛍光灯とグロー球を用意
新しい10Wの蛍光灯とグロー球を用意。
簡単にできますが青木防災で
このように簡単にできますが青木防災で。

消防署への申請・検査


誘導灯を新しく設置する際はもちろん、増設や移設の際にも消防署への届出が必要となります。

 

また、工事完了後に消防検査も受けなければなりません。

“設計届” の作成


誘導灯移設に伴い作成した図面
誘導灯移設に伴い作成した図面。

誘導灯の工事に取り掛かる10日前まで甲種消防設備士消防署に提出する書類は 消防用設備等設計届出書 というものとなります。

 

自働火災報知設備等の “着工届” と表紙が異なりますので消防署提出書類を作成する際は注意が必要です。

 

また、“避難通路・避難口の変更を伴わない場合又は査察員が現場確認をしている場合” に限っては3台以下の誘導灯増設・移設に関して、設計届を省略することができます。

 

工事終了後4日以内設置届を消防署に提出して消防検査日程を調整後、消防検査を受けて検査済証と提出書類の副本を貰って終了です。