防火設備定期検査


防火戸・防火シャッターの点検

防火シャッター起動
防火シャッター起動の連絡は無線にて報告。

弊社では、自動火災報知設備消防用設備点検と併せて、防火戸や防火シャッターの点検である “防火設備定期調査” も実施・報告させていただいております。📝(;´∀`)🚒✨

 

実は、メンテナンス不足で作動しない防排煙設備が問題視されたため、先日に防火設備検査資格者という資格が誕生しました。🎫

 

防火戸・防火シャッターは消防設備には分類されず、消防設備は “消防法” に基づくものであるのに対して、防排煙設備は “建築基準法” にて制度化されている設備です。🏫(;´・ω・)❕

 

以下に点検の様子を、動画・写真とともに記します……。✍🎥

続きを読む 0 コメント

防火設備の定期点検・報告について

防火戸と煙感知器を制御する連動操作盤
防火戸と煙感知器を制御する連動操作盤。

防火設備とは、主に “防火戸” “防火シャッター” のことを指します。🚪

(´-`).。oO(ドレンチャー設備なる、水で幕を作るものもありますが…。。)🌊

 

以前までは、防火設備の設置基準は建築基準法で定められており、維持保全もその範囲に含まれていました。📚

 

また、専門的な検査基準と資格者の規定などもなく、定期点検がなされていないことからくる不作動が常態化していました。✅

 

その為、防火設備不作動による事故の再発を防止するために、 “防火設備定期報告制度” が誕生したというわけです…。🎂

続きを読む 0 コメント
防火設備定期検査
防火設備定期検査 ※クリックで拡大

参考:NITTAN

病院や、ホテル・規模の大きい共同住宅などの不特定多数の人が利用する特定防火対象物などの建築物は、老朽化や設備の不備などがあると、大きな事故や災害につながる恐れがあります。

 

防火設備定期検査・建築設備定期検査などの制度は、適切な維持管理を行うことにより、そういった事故を未然に防ぐため、建物や設備を定期的に調査・検査し、報告していただくものです。

 

以前までは建築設備定期検査の中に防火戸・防火シャッターの点検も含まれていましたが、法改正により防火設備として別で有資格者が点検することとなりました。

 

(´-`).。oO (防火シャッターの点検の様子はコチラ)

 

特に、法改正によって平成29年度から新たに “防火設備” の定期検査・報告義務が生じる建築物が多数あります。

 

報告対象となる防火設備のある建築物の関係者さまは、ぜひ一度下記の内容についてご覧いただき、ご準備ください!

 

(´-`).。oO(消防用設備点検報告とは、別の点検制度なんです…。。)


防火設備定期検査制度の背景


平成28年1月15日付で交付された建築基準法の改正に伴い、定期報告制度も改正され、平成28年6月1日より “防火設備点検” の制度が施工されました。

平成25年10月に福岡市内の診療所で発生した火災事故では、火災時に自動閉鎖するはずの防火扉が正常に作動しなかったため、死者10名を含む多数の犠牲者が発生する惨事となりました。そのため、再発防止策として防火設備点検に関する規定が強化されました。

防火設備点検と報告


青木防災に掲示してある防火設備検査員資格者証
青木防災に掲示してある防火設備検査員資格者証

青木防災では、防火設備調査員資格者が責任をもって点検・報告を適切にさせていただきます。安心してお任せください。

お問い合わせはコチラから

ダウンロード
防火設備定期検査報告書
防火設備定期検査の報告書フォームです。
防火設備定期検査報告書.xlsm
xlsm ファイル 407.8 KB

防火設備定期検査の内容


防火設備定期検査報告済証
防火設備定期検査報告済証

主な検査項目

  1. 防火扉: 設置場所の周囲や作動状況
  2. 連動機構: 煙感知器などの信号で適切に閉鎖すること
  3. 防火シャッター: 駆動装置や閉鎖時間など
  4. 耐火ロールスクリーン: ローラーチェーンやカーテンの閉鎖状況
  5. ドレンチャー等: 散水ヘッドや水源・ポンプの動作

上記点検を終了後、特定行政庁に結果を報告させていただきます。

ダウンロード
防火設備定期検査の点検基準一覧
防火設備定期検査の点検基準一覧表です。これをもとに点検報告書を作成します。
防火設備定期検査の点検基準.pdf
PDFファイル 93.3 KB
http://tokyo-machidukuri.or.jp/tatemono/boukasetsubi/gaiyou.html

防火設備定期検査と報告が必要な建築物の用途と報告時期


防火設備定期検査・報告義務が生じる建築物かどうかを判定する基準が以下の表になります、ご参照ください。

また、報告時期は “毎年” となっており、前年の報告日の翌日から起算して1年を経過する日までとされています。

(※遊戯施設などは6か月毎に報告)

防火設備定期検査の報告対象建築物・規模一覧
防火設備定期検査の報告対象建築物・規模一覧
http://www.bureauveritas.jp/newsletter/160610/002/index.html