· 

廃消防ホース再利用先のご紹介

消防用ホース上に座る猿
張り巡らされた消防用ホース上に座る猿…。

消防ホースは主に屋内・屋外消火栓設備にて使用されている放水用のもので、ホースの製造年の末日から10年を経過した日以降は3年毎に耐圧試験を行う必要があります。⛲

 

劣化して水漏れ等が見られた場合や、予算を使う為に更新され発生した廃消防ホースは捨てることになるのですが、何かその特徴でもある頑丈さ等を考慮した再利用先はないものかと日ごろから思案されています。💡

 

そこで、本ブログ記事では実際に見かけた消防ホース再利用先や、新しいアイデアについてTwitter上で議論されたものを含め、まとめて紹介させて頂きますのでご覧下さい。🔍(´∀`*)ウフフ

廃消防ホースの使い道について考える…


✍(´-`).。oO(廃材置き場の金属とかは即パクるくせに…、、消防ホースは全然パクらない泥棒の方々よ…。。笑)


“傘袋” に生まれ変わった消防ホース!


🌂(´-`).。oO(何か『傘、入れよっ!』って気分になりますよね…。。笑)


訓練用の人形に…!?


 

🕶(´-`).。oO(全体的にユーモアと言いますか…、、『何かふざけてない!?』と思うのは管理人だけでしょうか…。。笑)

 


動物たちのオモチャに最適!


 

💪(´-`).。oO(全体重を消防ホースにかける猿や…、、握力が1㌧と噂されているゴリラに最適な頑丈さですよね…!!笑)


素材は無数にあるのでアイデア次第



 

✍(´-`).。oO(何かいい使い道ないですかね…、、欲しい方いましたらホントに引き取りに来て欲しいです…。。笑)

まとめ


  • 劣化して水漏れ等が見られた場合や、予算を使う為に更新され発生した廃消防ホースは捨てることになるが、その特徴でもある頑丈さ等を考慮した再利用先はないか考えた。✅
  • 以前『エアコンのドレンのカバーにするんや…!』と言って廃消防用ホースを大量に持っていかれた方がいた他、傘袋や訓練用の人形、動物のオモチャとして再利用され活躍していた。✅
  • 素材が山ほど集まってくるため、いい使い道がないか思案していた。✅