· 

火災報知『機』なのか火災報知『器』なのか問題

発信機には“ 火災報知『機』”の文字
発信機には“ 火災報知『機』”の文字が…。

そもそも世間一般的に “カサイホウチキ” と言われているものは、消防法上だと自動火災報知設備非常警報設備に該当するものでして、我々の業界では略して “ジカホウ” と呼んだりします。🚨

 

ところが何と “ジカホウ” の発信機“火災報知機” どデカデカと書かれちゃっているわけです。アンタ “発信機” でしょ。まあ “発信機” って言葉こそ他の業界でも使われますから曖昧さ回避の為に書いてくれてる訳ですが、“キ” が『機』やんけワレぇ!🏍💨

 

どうして俗称の “火災報知器”製品記載の “火災報知機” が分かれてしまったのでしょうか。はたまた、どちらかが正解なのでしょうか。答えを続きに示しましたのでご覧下さい!🔍(´-`).。oO

『機』と『器』の 一般的な使い分け方


✍(´-`).。oO(何気なく調べたら…、、ちゃんとルールがありました…。。)

 

泡消火器の機構は単純
大昔から存在する消火器の機構は単純…。

【機・器の使い分け】

 

「機」‥「精密な構造を持ち、複雑な原理で動く物」(例:印刷機)

 

「器」‥「単純な構造で動きのほとんどない物」(例:消火器)

 

((((;゚Д゚))))ソウダッタノカッ!!

参考:漢字・漢和辞典-OK辞典

 

いや単純を代表して我々消防設備士が扱う消火器が挙げられてますから、皆様『何か専門的で難しそう…』って感じて就職・転職の候補から外さないように!どうぞ宜しくお願い致します。👔♪


自動火災報知設備に『機』は贅沢では…!?


総合盤内の配線の本数 端子台
総合盤内の配線の本数は限られている…。

まだ “受信機” は分かります、大型のシステムだと超複雑で分かりにくいモノもありますし、ごっつい基板入ってLEDピカピカしてるものもありますからアイツは上述した通り「機」に該当するような精密機器と言ってもいいでしょう。

 

オイ…、発信機あなた凄く単純な機構ですよね

 

ボタンが押されたら接点が閉じて、つまり指先で電気的な+と-がくっついて発報するってだけの仕組みですよね。🔘☜

 

⚡(´-`).。oO(何を胸張って “ 火災報知『機』” 掲げてるんですか…、、あなたは『器』側の存在でしょう…。。笑)


『器』という漢字の成り立ちが…笑


「祭器の並べられた」象形と「いけにえの犬」の象形から、祭りに用いられる「うつわ」を意味する「器」という漢字が成り立ったとのことです。🐕💦

 

((((;゚Д゚))))💭(生贄のイヌ…だと…!?)

参考:漢字・漢和辞典-OK辞典 「器/器」という漢字

 

火災報知機 火災報知器 違い
『器』という漢字の成り立ち…。
お椀の形をしたのが感知器の図面記号
お椀の形をしたのが感知器の図面記号…。

🍵(´-`).。oO(上記の「祭器」のマークと、差動式スポット型熱感知器の図面記号が…、、ソックリではありませんか…。。笑)

 

こりゃ、感知器に『器』って文字が宛てがわれるのも納得ですね。💡あ…違う違う、あくまで単純な構造だからでした。

 

というわけで一般的に目撃される、天井の感知器や、表示灯・ベル・発信機からなる総合盤の仕組みは単純である為、 “火災報知器” と呼ばれているのは、至極真っ当な解釈じゃないかと管理人は改めて思いましたとさ。🗾

まとめ


  • 世間一般的には “火災報知器” と言われているが、“自火報” の発信機に “火災報知機” どデカデカと書かれていた。✅
  • 漢字的には、「機」‥「精密な構造を持ち、複雑な原理で動く物」で、「器」‥「単純な構造で動きのほとんどない物」を指していた。
  • 天井の感知器や、表示灯・ベル・発信機からなる総合盤の仕組みは単純である為、 “火災報知器” と呼ばれているのは、至極真っ当だと解釈できた。✅