差動式分布型感知器(空気管式)の施工

上:空気管、左:検出器、中央:総合盤内検出器、右:火災受信機
上:空気管、左:検出器、中央:総合盤内検出器、右:火災受信機

差動式の感知器の中で、一般的なものは “差動式スポット型” という、天井に取り付けられる丸い機器です。💡

 

しかし、スポット型の感知器は8m未満の箇所にしか設置できません。(;✘Д✘)💦

また、4m以上の箇所に設置する際は、感知器の個数も多くなることから、施工の手間が増します。💰💰💰

 

そこで、選ばれるのが “差動式分布型(空気管式)” による施工です。🌈

空気管式は、15m未満までの高さであれば警戒できます。👌

 

さらに、空気管を警戒する箇所に引っ張る工程のみとなる為、設置する箇所の距離が長い場合に有利です。👓

(´-`).。oO(配線した後に、多くの感知器をつけるよりは楽になる場合があります…。。)

 

ただし、空気管の設計・施工方法は独特のもので、熟練した技術が必要になることがあります。👷!

 

以下に、施工の方法・様子を、写真と共に記していきます。📷✨

空気管敷設工事


設計


空気管を含む自火報の平面図
空気管を含む自火報の平面図。 ※クリックで拡大

今回は二辺省略という、四辺のうち二辺の間隔を6m以下(耐火構造の場合は9m以下)にすることで残り二辺の間隔を広くする空気管設置方法をとりました。🌴

 

✍(´-`).。oO(要はタテを6m以下にしたら、ヨコは長くてもいいという空気管の張り方です…。。)

 

ただし。空気管の全長が100mを超えてはなりません。❕👷

 

その為、二辺の間隔を6m以下にしたからといって、いくらでも空気管を長くできるわけではないことに注意していただきたいです。

 

他にも凹型に空気管を設置する一辺省略もあります。

施工現場の特徴・状況で、最適な空気管の敷設方法を判断するのが空気管施工の醍醐味の一つであると感じます。💡


施工


空気管敷設を含む、自動火災報知設備施工時の様子を写真と共に述べさせていただきます。(・ω・)ノ📷✨

空気管のつくり


設置に使用する空気管の束は、管と固定用のワイヤーが一緒になった状態となっています。🍍

 

この固定用のワイヤーをメッセンジャー(以下、メッセンと呼ぶ)といい、空気管施工の際にとても便利で重要な役割を果たします。🎀

 

また、空気管の方は被覆に緑色の線で目印がしてあります。🐚

 

(´-`).。oO(空気管とメッセンを間違えると、大変なことになります…。。)

 

緑色の線があるほうが空気管
緑色の線があるほうが空気管、右はメッセン。
空気管の中は空洞
空気管の中は空洞になっている。

空気管の張り付け工事


高所作業車やスライダ―(伸びるはしご)での作業になるため、スペースの確保が必要となります。(;´・ω・)🌳

 

空気管は鉄骨類やターンバックルの上をくぐらせます。💡

開封前の空気管
開封前の空気管。
電線リールを応用
電線リールを応用して扱いやすく。

リール内で空気管が暴れないようにガイド
リール内で空気管が暴れないようにガイド。
高所作業車を用いて空気管
高所作業車を用いて空気管を流す。

ターンバックルを取付
ターンバックルを取付。
空気管をターンバックルでピンと張る
空気管をターンバックルでピンと張る。

空気管の末端は緩やかに曲がるよう処理
空気管の末端は緩やかに曲がるよう処理。

空気管末端処理


メッセンのみをターンバックルに固定
①メッセンのみをターンバックルに固定。
再びメッセンのみ固定
②次に伸ばす方向の端で再びメッセンのみ固定。

空気管自体は緩やかにカーブ
③空気管自体は緩やかにカーブしている。

メッセンと空気管のセットで1本になったものを天井に貼っているわけですが、曲がり角ではメッセンと空気管を “裂き離し” ます。(;´∀`)🔪

 

そして、メッセンのみを固定して、ピンと張ります。🔨

 

なぜなら、空気管をメッセンとともに直角に曲げてピンと張ってしまうと、銅管がつぶれてしまい空気が通らなくなってしまう恐れがあるためです。⚠👷

 

その為、空気管自体は緩やかにループさせています。(;´・ω・)👌

 

この末端処理を繰り返して、検出器まで空気管を持っていきます。

 

(´-`).。oO(検出器接続前には、空気管の破れがないか必ずテストします…。。💯)


機器収納箱内の検出器へ


検出器へ至る配管などに収める前の段階で、不要なメッセンは空気管と “裂き離し” ておきます。(;´・ω・)🔪

 

また、空気管と検出器をはんだ付けする際に、空気管をはんだで詰まらせないようにしなければなりません。💡

 

しかし、はんだ付けが不十分であれば空気が漏れてしまうため、適切なはんだ付けをするスキルが必要となります。✍(´-`).。oO

 

また、鋼管端子には空気漏れ防止のパッキンが付いていますが、端子の締め付け過ぎには注意しましょう!|д゚)💦

機器収納箱設置箇所に空気管を
機器収納箱設置箇所に空気管をもっていった。
機器収納箱内に検出器を固定
機器収納箱内に検出器を固定。

はんだ付けにて空気管を検出器に
はんだ付けにて空気管を検出器に接続。
空気管検出器の設置完了
カバーをかぶせて空気管検出器の設置完了。

検出器収納専用の箱
このような検出器収納専用の箱もある。
検出器を収納する場合は大きめの露出ボックス
検出器を収納する場合は大きめの露出ボックスを使用。

受信機の取付


空気管も、あくまで自火報の感知器のひとつです。👆

 

総合盤にベルや発信機があったことからも推測されます通り、受信機が必要不可欠です。🌈(;´∀`)

受信機を設置
空気管の場合の通常通り受信機を設置。
自火報専用回路も取付
自火報専用回路も取付けます。

その他


  • 空気管と壁との距離は1.5m以内、検出部が別の空気管との距離も1.5m以内とする必要があります。

まとめ


  • 高所で広い空間では、差動式分布型(今回は空気管)という熱感知の機構を採用することがあった。♨
  • 空気管を張る際に、曲がり角ではメッセンを空気管から “裂き離し” て固定することで直角に空気管が曲がることを防いだ。🔪
  • 空気管を検出器に接続する際は、はんだ付けをする必要があった。✍(´-`).。oO

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ナナシ (水曜日, 14 6月 2017 21:48)

    大変分かりやすい説明に感謝致します!私自身は空気菅の工事は見たことがなくイメージしにくかったですが、写真も添付されており、非常に分かりやすかったです。これからもブログ続けてください!

  • #2

    管理人 (木曜日, 15 6月 2017 17:35)

    >ナナシさん
    コメントありがとうございます!!✨
    お役に立てたようで、嬉しい限りでございます!!(´;ω;`)♬
    これからもブログの方、続けてまいります、これからもお付き合いいただければ幸いです!!