· 

消防設備士に向いていない人の特徴

消防設備士 タマスケ広報課長
『しょうぼうせつびし に してあげますか?』

昨今『この人、消防設備士に向いていないかも‥。』って特徴をお持ちの方がワーワー言うては、先人らが作ってくれた市場までを台無しにする様な動きがチラホラ‥。💔

 

そんな管理人も「消防設備士とは‥」なんぞ大それた事を語られるアレでもないですが、自分で少し “消防設備士に向いていない人の特徴” について考えた後、弊社員にも意見を募ったところ『それな‥!』って回答を頂けたので言及します。💮(´∀`*)ウフフ♪

  • ☑ 就職・転職の際に消防設備士も視野に入れている
  • ☑ 自分が消防設備士になったら‥をイメージしたい

上記に当てはまる方には、是非とも熟読して頂きたいです!🍅

✘ 不誠実な人


例えば消防用設備点検の時にズルをして、一つの部屋の感知器を試験したかどうかを後から見てもパッとは分からないわけです…。👷💨

※そんな点検は当然消防法違反です。

 

消防設備士 不誠実
手を抜こうとすれば幾らでも…。

サボろうとすればできます、もし不備があっても『点検した時は正常でした‥』なんて逃げ方も可能っちゃ可能でしょう。👥💬

 

現時点では、それでも目先の「消防法上の義務をクリアする」って部分はバレずに達成できるかも知れませんが、手を抜いて点検報告書のみを◯にしたとしても、全然意味無いですよね。🚨(;´Д`)💨

 

消防法第17条の12にも 「消防設備士は、その業務を誠実に行い、工事整備対象設備等の質の向上に努めなければならない。」って謳われていますので、“不誠実な人”は向かないって話。💡

 

“根はマジメ” な人が、個々の善意とかに頼らない「性悪説に基づいた組織」で活躍するのが一番いいと思ってる管理人です。🌱


✘ 想像力に欠ける人


例えば、お医者さんは多くの場合「目の前に命の危機がある」状況で仕事をする為、否が応でも自分の仕事次第で人の生死が分けられることが想像されるでしょう。🧠💦

 

消防設備士 想像力
🐈:『人間にも想像力の無い奴が‥』

一方、消防設備士の場合は自分の仕事によって「人の命が火災から救われる」可能性の一端を担ってるものの、その死の危険が目の前にあるわけではありません。🏢🏩🏨🏪🏧🏥

 

ですから、時に「想像力で意図的に危機を目前に持ってくる」様な考え方が必要になります。💡(´-`).。oO

 

『ここで改修を提案して置かないと、もしも火災があったら‥』等の “もしも” をお客様よりも考えて提案し、お客様が納得して消防用設備等の設置・維持ができるという状況が理想的です。🌹

 

目先の得が、長期的な大損にならないか想像するのも仕事‥。💰


✘ 接客・サービス業がムリな人


消防設備士の業務において顧客の声が直接自分に届くというのは “長所” でもあり、時に “短所” として捉えれられる場合もあります。💬

 

消防設備士 接客業
人と接するのが苦手だと‥。

消防設備士の職場は「人の敷地」ですから、そこには建物の持ち主や利用者が密接に関与してきます。🏭(;´Д`)👌💦

 

できるだけ部屋に引きこもって仕事をしたい人や、不特定多数の他人と顔を合わせるだけでストレス‥という方は消防設備士にはならない方が良いかもしれません。⛔

 

しかし、かく語る管理人も『部屋が好き』ですが、消防設備士の業務に従事した後に「お客様から直で感謝の声を聞くことができる」というのは魅力的で “やりがい” にもなり得ると気付きました。🎯

 

人と一定の距離を置きたい場合は、不向きかもしれません。👥💭


✘ その他の特徴


後は思いつくところだと‥、以下の様な場合も消防設備士に向いていない人の特徴になり得ます。📝

 

消防設備士 就職 転職
消防設備士になる前に知って欲しい事‥。
  • ☑ 高給を取りたい

⇒もし管理人が高給を取ることについて重きを置いて働くならば、正直なところ消防設備士は選びませんね。🧯💦

  • ☑ ずっと現場もしくは、ずっとデスクに居たい

⇒会社にも寄りますが、現場での実務と書類作成の両方をする事が多い為、どちらかに限定するなら消防設備士は微妙でしょう。👷

  • ☑ お勉強をしたくない

⇒資格試験を受けて、免状を取らなきゃ仕事ができません。📃


以上『好き勝手ッ‥言いやがって!』と現役の消防設備士な方々に叩かれそうですが、裏を返して頂きますと「誠実業務の先に喜びがあったり、想像力を持ってする仕事に働き甲斐を感じられる。」って話等々にもなるかと。🌸

 

まぁ、結局やってみないと向いているかなんて分からないんですけどね。🔨(´∀`*)ウフフ♪

◎ まとめ


  • 「消防設備士とは‥」なんぞ大それた事を語られるアレでもないが、自分で少し “消防設備士に向いていない人の特徴” について考えた後、弊社員にも意見を募ったところ『それな‥!』って回答を頂けたので言及した。
  • 目先の「消防法上の義務をクリアする」って部分はバレずに達成できるかも知れませんが、手を抜いて点検報告書のみを◯にしたとしても、全然意味無かった。
  •  “もしも” をお客様よりも考えて提案し、お客様が納得して消防用設備等の設置・維持ができるという状況が理想的であった。✅

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    寝る犬 (金曜日, 29 5月 2020 02:03)

    はじめまして。
    私の勤め先が挙げられている特徴にほとんど当てはまります。
    正直それでいいのか?と思うことが度々あります。

  • #2

    管理人 (土曜日, 30 5月 2020 09:07)

    >寝る犬 さん
    コメント有難う御座います!!�✨


    寝る犬様の現在の勤務先が「消防設備士に向いていない人」ばかり集めており、その集団で行われている業務が真っ当ではない事について納得がいかないのであれば以下の二つの選択肢があるかと。

    ☑ 自分で消防法に則った業務ができる様にチームへアクションを起こして変えていく。

    ☑ 既に消防法に則った業務が行われている新天地へ移動する。

    どちらも、自分自身の努力と周囲を知る努力の二つが必要となりますが、挑戦の過程で確実に成長できますし、そこから少なからず喜びも得られるかと。応援します!!�

  • #3

    ありがとうございました (水曜日, 07 10月 2020 11:57)

    とても分かりやすい記事で、
    自分には向かない職種だという事がよくわかりました。

    甲種特類まで全類取りましたが、転職は止めておきます。

    ありがとうございました。

  • #4

    管理人 (木曜日, 08 10月 2020 08:39)

    >ありがとうございました 様
    コメント有難う御座います!!��

    特類まで全て取得されたとは‥もう少し早くお伝えできれば感が否めませんが、参考になって良かったかなとは思います!

    今後共、何卒宜しくお願い致します。