· 

【号外】電気と工事6月号を購読して欲しいと弊猫が言っています

電気と工事6月号を入手したタマスケ広報課長
電気と工事6月号を入手したタマスケ広報課長‥!

4月号・5月号に引き続き、6月号の “電気と工事” にも弊社が執筆を担当させて頂いておりますコラム「「消防用設備にまつわる電気工事のキホン!」が掲載されています!📖(´∀`*)ウフフ✨

 

今回は自動火災報知設備受信機について、書かせて頂いておりまして、業界関係者様だけでなく、現在消防設備士試験の勉強中であるという方や、天井に自動火災報知設備ついてるのは知ってるけど何も分かんないや…という皆様にも興味深く感じて頂ける内容ではないかと思っております。🚨♪

 

そして何かと話題にして頂いております弊猫 “タマスケ” も電気と工事6月号、買って下さい…!』と言わんばかりの表情をしておりますから、是非とも宜しくお願い致します。🐈🐈🐈

タマスケと“電気と工事”の出会い


電気と工事5月号とタマスケ広報課長
電気と工事5月号とタマスケ広報課長…!

あれは “電気と工事” 5月号の時の事でした…、いつもの様に昼寝をしていたタマスケの身体に何と “電気と工事5月号” が乗っていたのです。((((;゚Д゚))))📚

 

一体これは…!?タマスケの上に “電気と工事” が乗っている、いや “電気と工事” の下にタマスケが入っている…とも言えるだろうか。🌐

 

もしかしたら換毛期の突然変異で、タマスケの毛が “電気と工事” に生え変わったのかもしれない…そう思うのが自然でした。💡

 

おそるおそる、タマスケに生えていた “電気と工事5月号” を手に取り読んだ記憶があります。👻💦


中を見てみると…!


電気と工事6月号は自火報の受信機
電気と工事6月号は自火報の受信機について‥!

そして同様に “電気と工事” 6月号も先ほど確認したところ、タマスケに生っていましたので、採取して読んでみました。🍄

 

今月の「消防用設備にまつわる電気工事のキホン!」のコラムは、自動火災報知設備受信機という大元の制御盤について言及されていました。🔌✨

 

天井についている感知器や、廊下等で見かけることができる発信機(押しボタン式の火災報知器)が最終的にどこに繋がっており、どのように火災を報知してくれるのかを知る機会になる為、このコラムを見ると日常的に目にする消防用設備等に対する見方が少し変わるのではないかと思いました。👀♪


“電気と工事”についてタマスケより一言


タマスケ 電気と工事
『電気と工事、必読…!』という表情のタマスケ。

🐈:『まず、吾輩がこの世に生を受ける遥か昔から、この “電気と工事” という月刊誌は発行され続けており、非常に由緒正しき本であるとお伝えしたい。』

 

🐈:『そして、この “電気と工事” という大きなタイトルの通り、電気理論から施工、電気通信や作業者の心理学的な内容の記事まで網羅されており、分野を横断して教養を深めることができるしかも、楽しく、だ。

 

🐈:『吾輩らは日々の業務・仕事を楽しめるように工夫すべきである。この “電気と工事” という月刊誌は、その大切な役目を担う貴重なものであると心から思っている。社会に価値を提供してなんぼの人生…いや猫生、共に楽しもうではないか。』


まとめ


  • もしかしたら換毛期の突然変異で、タマスケの毛が “電気と工事”に生え変わったのかもしれなかった。
  • 今月の「消防用設備にまつわる電気工事のキホン!」のコラムは、自動火災報知設備受信機という大元の制御盤について言及されていた。

<<前へ||次へ>>

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    りゅう (土曜日, 18 5月 2019 22:04)

    6月にオーム社さんが
    電験の講習してくれるんだって
    東京、大阪、金沢で

    しかも、4科目とも受講しても
    無料という、太っ腹(・∀・)

    奇跡的に金沢会場もあるので
    休日、丸1日つぶれますが
    行きたいと思います。

    新電気6月号買うお(๑•̀ㅂ•́)و✧
    ちゃんと5月号も読みましたよ(・∀・)

  • #2

    管理人 (月曜日, 20 5月 2019 09:04)

    >りゅうさん
    コメント有難う御座います!!

    実は当該講座、私も大阪で二度受講したことがあります。笑

    金沢会場は、私たちの時はサテライトで大阪と繋がっていた記憶があります。

    そして…、“電気と工事”の連載記事ご覧頂いておりまして大変嬉しいです…!!!!
    (´;ω;`)

    今後とも、何卒宜しくお願い致します!!���