· 

【号外】ICU(集中治療室)に一週間入院して分かったこと

入退院受付 サイン
まさか自分が入院するなんて‥。

随分昔の話になりますが、重症肺炎になりICU(集中治療室)に1週間入院したことがありました。🏥(;´Д`)💦

 

お医者さん曰く原因は疲労で、睡眠時間を削った結果、肺へのダメージが一向に回復せず悪化の一途を辿った為との事でした。💉

 

誰しも、大けがや病気で生死を危ぶまれた経験があるかと存じますが、当たり前の“健康”が損なわれた途端、悪夢のような非日常が訪れます。👿

 

そこから多くを学ぶのですが、時と共に都合よく忘れてしまうのがヒトというものです。当記事を見て思い出して下さいませ。💭

肺が真っ白、犬の息。


犬の体温調節の息の速さ
犬の体温調節のソレの速さと全く同じ…。

高熱が出てオマケに息苦しい‥、とあってレントゲンを撮られたのですが、肺が炎症を起こして “真っ白” になっていました。💔

 

お医者さんには『老人だったら死んでいた』と言われましたが、本当に苦しくて苦しくて、マジで死ぬと思いました。👼💦

 

呼吸ができておらず酸素量も通常の半分以下だったようで、ハッハッハッハッと…まるで犬が舌を出して体温調節をする為に行う息づかいになっており、寝返りをするだけで息が切れました。🐕💨

 

我々が死ぬ確率は残念ながら100%ですが、あの苦しみを味わいながら死にたくは無いなと経験から知ることが出来ました。💡

 

🏥(´-`).。oO(あのような状態になる前に‥、、休憩をとらないと…。。)


ふざけた見舞い人


携帯電話でいつでも写真をとれる時代
携帯電話でいつでも写真を撮れる時代ですが…。

母親より管理人が重症肺炎によりICU(集中治療室)に入ったという連絡を受けた父親が、単身赴任中の東京からお見舞いに来てくれていました。🗼

 

酸素マスクをつけてぐったりしている私を見た瞬間、父はパシャ!パシャ!とニヤニヤしながら私の写真を撮り始めました。📷✨

 

✍(´-`).。oO(『(完全に狂っている…!)』と思いましたが、声を出すにも息が切れるので、治ったらボロクソに言ってやろうと思っていたのを記憶しています…。。)

 

しかしまあ、あの何じゃコラ精神が引き出されたことによって、生命力が湧きだし、無事に復活できたのかもしれません。💪

 

何はどうあれ笑って励ましてくれる人がいるのはいい事です。💡


かき氷の味が…


あれは忘れもしません。母親に『何が食べたい?』と聞かれ、無性に食べたかった『かき氷』を注文し、近くのコンビニで買って来てもらう事になりました。🏪

 

かき氷って普通メロンとかイチゴ
かき氷って普通メロンとかイチゴじゃないんですか…

母親に『味は?』と聞かれたのですが、まずコンビニにかき氷がある確率が低いと思いましたし、大体メジャーなメロンとかイチゴだろうと思い『なんでもいい』と答えました。🍧

 

そして渡されたのが何と “オレンジ味のかき氷” で『こんなんあんのかよ!』とツッコみました。((((;゚Д゚))))🍊

 

そのとき薬の副作用か重症肺炎のせいなのか不明なのですが、その時に吐いていた濃いオレンジ色の “痰” と全く同じ色。👼

 

生死の境目を彷徨い苦しみながらオエーオエーと吐きまくっていた毒と同じ色のものを食べたくない…。💔

 

📦(´-`).。oO(‥というわけで、オレンジ味のかき氷は看護師さんに引き取ってもらいました‥。。)


可能性を消すための選択


救急車で運ばれない
救急車で運ばれない為には…。

上記のかき氷の件然り、物事全般に当てはまることですが、予測できない最悪の事態が起こることを想像して、それを “避ける為に行う選択” というものが必要になる場面があると思います。💭

 

もう一つ例を挙げると、管理人が初めて車を買った際、そのナンバーは何でもいい…と思っていましたがいざ納車されたナンバーを見ると『・ 9 9 9』っていうゾロ目だったのです!((((;゚Д゚))))💔

 

何か『わざわざゾロ目を選んで買ったDQNみたいじゃん…!』という事態が発生したのですが、これも最初から自分の中で無難だと思う数字を選んで指定しておけば済む話でした。🚘💦

 

✍(´-`).。oO(“これがいい!” が無くても…、、 “イヤ!” を想像して行動すべきだということです…。。)


生死の境目で見た神様


意識が朦朧とし、気絶したように眠ったかと思えば、また苦しさで目覚めて戦い続ける生活をすること一週間、回復して一般病棟に移った後に無事退院できて今に至ります。🏥

 

あの天井をずっと見つめていた時間、記憶は曖昧ですが、そこにズッシリと構えられていた火災報知器(感知器)が人生において大事なことを語り続けてくれていた気がします。💡

 

日常生活で当たり前のように享受していること、例えばこうやって出勤してブログを書いていたり、自分で水を飲んだり、という事が出来なくなる日が訪れる可能性があります。🍼💦

 

実際に、寝返りさえ打つのが困難になることがあったから、いかに “贅沢三昧で生きてきたことか” と、大きな苦しみと共に、身をもって学びました。🗽

 

たった今も、あの時自分が経験したような苦しみの中にいる人が世の中にいると想像できます。そして、これからも苦しむ方は大勢いらっしゃるでしょう。自分も再びそうなる可能性も、そう思いたくないけど、あるでしょう。💭

 

ですから、今できるだけ予め準備しておきたいと思います、想像して。健康に気を付けて、今を後悔しないよう出来るだけ楽しめるように、心を構えながら生きて行きたいです、ね。👼


まとめ


  • 重症肺炎になり一般病棟も含めると10日間入院した原因は蓄積された疲労で、睡眠時間を大幅に減らして活動していた為、肺の炎症が一切回復せずに悪化の一途を辿っていた。✅
  • あの苦しみを味わいながら死にたくは無いなと経験から知ることが出来た。✅
  • 予測できない最悪の事態が起こることを想像して、それを “避ける為に行う選択” というものが必要になる場面があると知った。✅
  • 日常生活で、いかに “贅沢三昧で生きてきたことか” と、大きな苦しみと共に、身をもって学んだ。