· 

お値段以上!消火ポンプの取替工事

消火ポンプユニットが路上に
消火ポンプユニットが路上に…。

先日、弊社にてスプリンクラー設備消火ポンプの交換工事を行いましたので、その模様を記事にさせて頂きます。👷✨

 

本件は、消火ポンプ室が地下にあったり元から色々おかしな点があったりと、幾つか難易度が高い箇所がありましたから見どころ満載です。💯(;´Д`)👌💦

 

また、タイトルに “お値段以上!” というフレーズがあります通り、工事と関係のない不具合?まで措置を施しました。🎁♪

 

✍(´-`).。oO(続きに記しますが…、、とある害虫がワンサカと湧いていたのです…。。)

既設の消火ポンプ撤去


⛽(´-`).。oO(総重量600kg越えの重たいモンを…、、どやって地下から運び出しますねん…。。)

 

地下ピットの様子


床面に“消火ポンプ室”の標識
床面に貼られた“消火ポンプ室”の標識…。
蓋を開けたら消火ポンプと人
蓋を開けたら消火ポンプと人が…。笑
消火ポンプ
さてこの消火ポンプどうしたものか。

消火水槽の水せんぶ抜く


今回、消火水槽が消火ポンプと同じレベル(高さ)にあり、かつ水槽とポンプを繋ぐ配管の間に仕切弁が設けられておらず、このまま消火ポンプを撤去すると消火水槽の水がジャーと消火ポンプ室内に流れ込んでしまうため、ぜんぶ抜く必要があったわけです。

 

☠(´-`).。oO(火を消す為に溜めておく水って…、、普段使わないからメッチャ汚いものが多いんですよね…。。)

濁り切った消火ポンプ
濁り切った消火ポンプの水。
消火ポンプの側面に可とう管継手で接続
消火ポンプの側面に可とう管継手で接続されている。

ポンプ4台で消火水槽内の水を全て排水
ポンプ4台で消火水槽内の水を全て排水…。
フート弁吸込み口
呪われたような見た目のフート弁吸込み口…。

工事中の珍事件


⛲(´-`).。oO(作業中に写真の赤矢印の呼水槽給水管の塩ビ管エルボが…、、突然スポッと抜けて社長が水浸しに…。。)

 

呼水槽のバルブ一次側の配管が外れるなんて‥、アカンでしょ!(;・∀・)🔧💦

 

45°HI管エルボ
赤い矢印の45°HI管エルボが脱落して水噴射…!
呼水槽用仕切弁
呼水槽用仕切弁の1次側であった為にポンプ室内で止めれず…。

電気系統の処理


⚡(´-`).。oO(防災屋は…、、“水” と “電気” が触れるハイブリッドな存在です…。。)

消火ポンプには制御盤
消火ポンプには制御盤がくっついています。
制御盤の中には動力200Vの電源
制御盤の中には動力200Vの電源が…。
屋上キュービクル内のブレーカーもOFF
屋上キュービクル内のブレーカーもOFFに…。

消火ポンプの解体


ここで弊社社長が自ら工事をしているという貴重な画像が露出します。📷✨

 

経営者でありながら同時に現場で工事を行うという “選手兼監督” っぷりは、スラムダンクの藤真を彷彿させますね…!📖

 

🏀(´-`).。oO(しかも…、、藤真より背がデカい…。。笑)

真夏の地下ピットにて解体作業
真夏の地下ピットにて解体作業中…。♨
配管内の水が抜ききれない箇所
配管内の水が抜ききれない箇所も…。
消火ポンプ解体
(´-`).。oO(ここ外れるんだ…。。)

チェーンブロック作戦!


📎(´-`).。oO(同じように吊って重いものを運搬した記事に…、、水道直結SPポンプユニットの搬入がありましたね…。。)

チェーンブロックを吊下げる基礎を鉄管
チェーンブロックを吊下げる基礎を鉄管で…。
重たい圧力タンク
重たい圧力タンクも楽々持ち上げ…。

新しい消火ポンプの設置


🐳(´-`).。oO(新しい消火ポンプユニットの総重量は…、、385kgと随分軽量化されています…。。)

 

そして誰もいなくなった消火ポンプ室


上:各階のアラーム弁へ、下:消火水槽からの配管
上:各階のアラーム弁へ、下:消火水槽からの配管
可とう管継手の上に乗ったフランジパッキン
可とう管継手の上に乗ったフランジパッキン

赤色の消火ポンプ基礎
赤色の消火ポンプ基礎だけが残った状態…。

ここに、新しい消火ポンプユニットを据え付けます。🚗💨

 

既存のフレームは地面にアンカーで打ち付けてありますので、こちらは外さずにこれにパイラックで固定する方式を取りました。🔩

 

ただ、固定するのにもぶ厚い鉄板の加工を要したようで、サンダーの刃を3枚ほど使い、大変往生した弊社社長が仰っていました。🌀笑


車輪ハンパないって!


⚽(´-`).。oO(車輪ハンパないって!340kgの消火ポンプユニットでも楽々動くもん!そんなん出来ひんやん普通…。。)

 

消火ポンプユニットwith花
こんなところに消火ポンプが…。🌷笑
消火ポンプユニットon台車
台車を3つの上に消火ポンプユニットがうまいこと…。

次交換しやすいようにバルブつけといたよ


🎡(´-`).。oO(上記でも記しましたが仕切弁があった方が良いので…、、こういう所も “お値段以上!” ですね…。。笑)

 

100A止水弁(バルブ)
次はこれを閉めれば水槽の水抜かずに工事可能…。
新しい消火ポンプユニット
チェーンブロックで吊下げ設置した新しい消火ポンプユニット。

配管おつなぎさん


🔧(´-`).。oO(毎度のことですが…、、配管工事中には誰も写真を撮る人がいないので手元に届かないという…。。)

消火配管を所定の箇所に繋ぐ
配管を所定の箇所に繋いでいきます…。
100A止水弁(バルブ)2回目
このバルブが最初からついていれば…。

消火ポンプ各種テスト


⚡(´-`).。oO(配管工事と制御盤の電気系統の接続が完了したら…、、試験をしていきます…。。)

消火ポンプ起動で各値を確認
消火ポンプ起動で各値を確認‥。
末端試験弁
各階の末端試験弁より排水…。
圧力が規定値以下で消火ポンプ起動
圧力が規定値以下になったら消火ポンプ起動…!

警報盤確認中に…!


“消火ポンプ故障”等の諸警報が出る警報盤
“消火ポンプ故障”等の諸警報が出る警報盤…。

🎤(´-`).。oO(はい…、、消火水槽満水‥満水です…。。)

 

…などと事務所内の警報盤前にイヤイヤ立たされ、赤いランプのついた箇所を無線で報告していたところ、目の前に見たことある大柄の男性が。

 

『あ!◯◯さんじゃないですか!』と声をかけさせて頂いたところ、やはり思っていた人物で、大阪で一緒のチームでバスケットボールをしたことがある方だったのですが、何と当該現場である福祉施設の “理事長” をされているとのことでした。( ゚Д゚)❕

 

生き生きした口調で『奇遇だね!仕事に不満とかあったらおいでよ!』と仰っていました。😎笑


お値段以上!の秘密…


参考:YouTube

こんな映像いらねえヨ…、とツッコミたくなる動画をYouTubeにアップロードし、ここに貼らせて頂きました。((((;゚Д゚))))

 

鉄骨の大きい建物が土地に乗ると “湧水” という地下水が湧いてくるため、それを集めて湧水ポンプで外に出してやる構造になっています。⛲

 

当該現場は埋立地であったらしく、湧水の量が多いようで溢れ出るほど溜っていました。🏯💦

 

そして最悪なのが、湧水だけでなくハエの幼虫であるウジ虫も大量に湧いていました。💔(;´Д`)🐛

 


実はこれ、ぜんぶハエなんです!


管理人の出身地であります “三重県” の観光キャンペーンの愛称が「実はそれ、ぜんぶ三重なんです!」な事は皆さんご存知かと思いますが、今回は “ミエ” ではなくて “ハエ” でした。🎡笑💦

 

換気用の150Aの配管に防虫網がついていたのですが、それにビッシリとハエがへばりついており、塞がっていました。🙈🙊🙉

 

 ✍(´-`).。oO(ここは間違いなく…、、“きつい・汚い・危険” が揃った3K現場ですね…。。)

参考:三重県

換気用の150A塩ビ管
換気用の150A塩ビ管の横顔…。
朽ちたハエ
正面から見ると…ビッシリと朽ちたハエが…。

ウジ団長殺し


蛆(うじ)殺しに…エスゾール
蛆(うじ)殺しに…エスゾール‼

ここで、ウジまでしっかり殺してあげるのが、そう “お値段以上!” と言われる所以である弊社のサービスで御座います。👼笑

 

✍(´-`).。oO(弊社におもむろに “殺蛆防臭・エスゾール” という製品が配達されてきたのを見つけたときは…、、一体何に使うのかと思いました…。。笑)

 

実際に現場で散布された様子は見ていないのですが、その前に弊社の事務所の各排水溝に注がれたのですが、以前から弊社事務所に蔓延っていたコバエが激減しましたので効果は絶大かと。💯✨

 

また、防臭も謳っている通り清潔感漂う空間になりましたから、これは自宅でも使いたいなと。🚽笑

 

参考:【エステー】殺蛆液剤エスゾール


まとめ


  • 消火ポンプ室が地下にあったり元から色々おかしな点があったりと、難易度が高いスプリンクラー設備消火ポンプの交換工事弊社にて行った。✅
  • 地下の湧水を溜めておくピットにウジ虫が湧いており、工事の際にエスゾールを用いてしっかり殺してあげた。✅