· 

殿も愛した“加熱試験器”

加熱試験器にてあぶる
熱感知器を“加熱試験器”にて“あぶる”様子。

消防用設備点検という業務自体の知名度は現在まだまだ低いものですが、その中で皆様も見たことがある動作として “火災報知機の試験” が挙げられます。🔎👀❕

 

小学校の時に教室に入ってきて、天井まで棒を伸ばして何やら怪しげな行為をやっていたのが消防設備士による加熱試験器を用いた “消防用設備点検” であったわけです。👷♪

 

🏫(´-`).。oO(管理人は全く記憶に無く…、、この仕事を始めるまでその存在を知りませんでした…。。)

 

では、続きに火災報知機の点検業務である、通称 “あぶり試験” について記していきます。📝(・ω・)ノ✎

加熱試験器(あぶり棒)について


✍(´-`).。oO(この記事を書くにあたっても…、、加熱試験 “器” なのか “機” なのかという疑問が付きまとっております…。。)

 

発信機(押すとベルが鳴るやつ)には “火災報知機” と記載されていますが、天井に付いている火災報知機と呼ばれる白を基調とした円盤は “感知器” の綴りになります。📝😕💨

 

どっちでもええわい、という方が大半のように感じますのでここでは “器” の方で統一させて頂きます。🚀♪

 

先日、Twitterにて感知器の試験をする画像をツイートした所、以下のような引用ツイートがありました。🐣

果たして、本当に “加熱試験器” の中にが入っているのかというと…もちろん入ってません。🔪💦

 

✍(´-`).。oO(保育園の先生が…、、幼児を守る為についた “優しいウソ” ですね…。。)

 

では、いったい何が入ってんだ?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますので、以下にネタばらしをしていきたいと思います。🎩(;・∀・)ノ🐦💨


加熱試験機の仕組み


実際には、ただ “あったか~い” ものを感知器に当てているだけの、ごくシンプルな点検です。♨(・ω・)ノ🍵笑

 

感知器の赤い確認灯
感知器を熱し“赤い確認灯”で作動をチェック。

火口(ひぐち) & ベンジン…あ、ベンヂン。


フェルト上の部分が“火口”
中央にあるフェルト上の部分が“火口”
加熱試験器の下部
加熱試験器の下部はこのように分解可能。

加熱試験器の情報
下部に記載された加熱試験器の情報。
燃料には“ベンジン”
燃料には“ベンジン”を用いる。
火口へ炎をかざす
本体装着後に火口へ炎をかざす。

徐々に温かくなっていきますので、それを感知器にかざしますと差動式スポット型感知器では温度差約Δ35℃程度で、定温式スポット型感知器では60℃~70℃の設定温度で感知器が火災信号を出す(発報)ことができます。🚥(;´Д`)👌✨

お前は“如意棒”か


“試験器支持棒”
全長4.5mの“試験器支持棒”
天井部にある感知器も点検
高い天井部にある感知器も点検可能。
加熱試験器や加煙試験器
支持棒には加熱試験器や加煙試験器を装着。

殿も“あぶり試験”してます


平素より、石井マーク様のTwitterタイムライン上で、いつも世の中を楽しませていらっしゃいます殿方“あぶり試験” をされています。🏯笑

殿を含む、我々のような消防設備士が定期的に自動火災報知設備をはじめとする各消防用設備を点検することで有事の際 “正常に機能すること” が担保される わけです。💯(;´Д`)👌✨

 

しかし、本当に今の時代に人が一つずつ感知器を温めたり、煙を入れて点検をすることが必要不可欠なのか、そうせざるを得ないのかと考えを巡らせると、管理人は “無くしたい ” と思っています。👻

 

実際に、この “あぶり試験” が不必要 であるPanasonic社製のアドバンスP-1シリーズという “自動試験機能” がついた受信機も存在しており、それが浸透すれば “コレ” が省略可能となります。💡

 

ただ、シンプルP-1という自動試験機能が無い、いわゆる通常の受信機の値段が10回線で¥446,000円です。💰(;・∀・)💦

 

それに対して、自動試験機能付きのアドバンスP-1の10回線は¥800,000円と、やはり “初期投資の額に開きがある” 為、お客様に提供しにくくなっていることが現実問題としてあります。💔

 

今後、自動試験機能付きが普及するかは価格面で優位になるかどうかに大きくかかっていると考えられます。🎢(´・ω・`)💨

しかし、近い将来 “あぶり試験” は本当に “殿のもの” に、つまり昔に愛された動作になるかもしれませんし、管理人はそうなることを願っています。👥♪

 

そうなれば、消防設備士防災屋は、より人間がすべき仕事に従事できることとなり、業界発展が加速すると思っています。🌎⤴

参考:Panasonic


まとめ


  • Twitterにて、〝消防設備点検がきたときに先生が「近づいちゃダメよ、その中には針が入ってるから!」〟という、保育園の先生の優しいウソの存在を知り、実際の所はどうなっているのかを明かした。✅
  • 実際には、ただ “あったか~い” ものを感知器に当てているだけであった。✅
  • この “あぶり試験” が不必要 である“自動試験機能” がついた受信機も存在するが、“初期投資の額に開きがある” 為、お客様に提供しにくくなっていた。✅