· 

“点検済証”を覗くと見える未来

様々な消防設備“点検済”シール
様々な消防設備“点検済”シールが存在するが…。

先日、弊社社長より以下のようなLINEが入りました。📲

「設備シール “偽造” 発見」‼

 

この “設備シール” とは消防用設備点検をした際に消火器以外の設備に貼り付ける云わば点検済シールです。🔎

✍(´-`).。oO(シール自体にも “点 検 済 証” と記載されています…。。)

 

なぜ、“偽造” という表現がされたかというと、弊社が貼っている“点検シール” は “大阪府消防防災協会” という一般財団法人から高いカネを払って買っているものであり、それと外観がそっくりであったためです。👯💦

以下に、当 “そっくりさん” 点検シールについて記します…。📛

“消防設備協会”が発行するシールの意味


“消火器”“設備”点検シール
左:消火器の点検シール 右:設備の点検シール

画像の点検シールは、 “表示登録会員” という大阪府消防防災協会が厳格な資格審査によって一定の条件を満たしていると認めた “優良事業所” が使用しているものです。🏆(;´Д`)👌✨

 

点検済表示制度は、“消防設備協会” が全国統一的に実施している制度であるため、大阪府以外の各都道府県でも同じような点検シールが発行され、貼り付けられています。🗾♪

 

表示登録会員は、“常に最新の知識と技術を身につけている” 事が前提とされている為、表示登録会員事業所に点検業務を任せるという事は「サービスの質が保証されている」ことから “信用がある” という事に結び付き、お客様に安心してもらうことが狙いです。📛

 

この協会が制定したルールがもたらす “信用”安価で乗っかろうとしているのが、社長が指摘していた “そっくりさん” なわけです。

✍(´-`).。oO(社長は “恥ずかしい事” と表現していました…。。)🏩笑


“偽造”と“模倣”


偽造と模倣の違い
偽造と模倣の違いは…。

今回の点検シール そっくりさん” は、実は大勢いらっしゃることを管理人は知っております。👯💦笑

 

“偽造” というと、ニセ札みたいな感じでパッと見で区別がつかないほどのコピーを意味するものになると考えられますので、正確には “模倣” になりますが、知らない人が見たら分からないですよね。💔(´;ω;`)

 

本件は協会が独自で運用しているルールで、特に商標登録などをしているわけではないので “模倣品” にも該当しないようです。🔕

 

🕶(´-`).。oO(高いカネ払ってるんやから…、、対策してやァ…。。笑)


要改修シール


要改修シール
激レア! “要改修シール”

これが点検先に貼られているのを、少なくとも管理人は見たことがありません。👀✨

 

✍(´-`).。oO(ただし…、、自分が貼ったものを除く…。。)

 

この “要改修シール” が普及していない理由として、“点検シールは現場で必要な枚数を事前に日付捺印したものを準備している” ことが挙げられます。📛♪

 

点検してみないと “要改修” な箇所がいくつあるか不明であり、準備していた “当該日付捺印済み点検シール” を使わないことになり余ってしまうという事態を招いてしまいます。📅(;´Д`)💦

 

しかし “そっくりさん” が現れがちな「杜撰な点検」がされている箇所との “差別化” を図る為にも、この “要改修シール” は有効ではないかと思っています。💡❕


プロスペクト理論と“点検料”


価値関数グラフ
“価値関数”を表した衝撃的なグラフ。 ※クリックで拡大

 

参考:行動経済学の逆襲

 

最近管理人がハマり散らかしている行動経済学“プロスペクト理論” というモデルがあります。📖♪

 

プロスペクト理論では思考実験を通して、以下の二つの “バイアス(偏見)” の存在を指摘しています。✌(´・ω・`)✌

  1. ヒトは “損をしたくない” 思いを “得をする” 事より優先する。
  2. ヒトは富そのものではなく、富の “変化量” から効用を得る。

2.に関してはイメージしやすいかと思います。💡

🎀(´-`).。oO(例えば120キロの巨漢が3キロ太るよりも‥、、40キロの美少女が3キロ太った方が圧倒的に事件ですよね‥。。)

 

1.をイメージしやすい実験がWikipediaに書いてありますので、そちらの数字を消防用設備バージョンの価格にして引用したものを以下に記載させて頂きますので皆様一度お考え下さい。💸💦

参考:Wikipedia プロスペクト理論


質問1:防火対象物の管理権限者に、以下の2つの選択肢が提示されたものとします。

  1. 選択肢A:無条件で50万円分の消火器を交換してもらえる。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら100万円分の消火器を交換してもらえるが、裏が出たら何も手に入らない。

 

質問2:防火対象物の管理権限者に所轄消防署から “消火器を交換しろ” との指導が入り、それには100万円かかるものとします。

  1. 選択肢A:100万円分の消火器を購入する際に無条件で50万円の値引きをして行ってくれる。
  2. 選択肢B:コインを投げ、表が出たら消火器を全て無料でしてもらえるが、裏が出たら負担総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る消火器の期待値は50万円分ですが、一般的に堅実性の高い “選択肢A” を選ぶ人が圧倒的に多いとされています。📝

 

質問2の両者の期待値もー50万円と同額であり、質問1で “選択肢A” を選んだヒトは、質問2でも “選択肢A” を選ぶと推測されます。💡

しかし、質問1で “選択肢A” を選んだほぼ全てのヒトが、質問2ではギャンブル性の高い “選択肢B” を選ぶことが実証されているそうです。

 

要は、“50%の確率で支払いを免除されよう” という考えが最も強いと言えるわけです。💸(;´Д`)👌✨

 

その為、目先の点検費用という損失を回避することを、将来的にもたらされる火災のリスク回避という “利益” より優先してしまいっていると考えられます。🚒💦

 

✍(´-`).。oO(ん~、、何か消火器に当てはめると “消火器がそんなに要らないヒト” はピンとこないかな…。。)笑

 

悪質な消防用設備点検のリスクを負うヒトは…?


コストカットに潜む危険
行き過ぎたコストカットに潜む危険を考える。

何故そんなに点検料が安いのか…と思う相見積もりに遭遇することがありますが、皆様お察しの通り以下の二つが要因です。💰

  1. 法令に沿った点検をせずに書類作成して報告している。
  2. 点検後の改修工事に費用を上乗せして元を取っている。

2.は各業者様の経営戦略なので、此処では言及しません。🚫💦

問題は、1.の不適切なサービスであるにも関わらず、コスト面のみが重視され “それが選ばれている” 事が罷り通っていることです。

 

プロスペクト理論という長い前フリで管理人が言いたかったことは、 “ギャンブル性の高い選択肢B(上記参照)” を選んでしまう偏見の存在が「防火対象物の利用者様」の被災リスクを高めているという事です。

 

✍(´-`).。oO(もしかしたら、知らない間にリスクを “とらされている” 利用者・住人さんや‥、、コスト面で押された管理権限者の方々が‥。。)


逆ともいえる現象が起こっている“工事”


スプリンクラー設備の工事
スプリンクラー設備の工事が急増中。

一方、消防用設備の工事に関しては逆ともいえる現象が起こっています。♲👷❕

 

消防法改正により(6)項ロ 有床の福祉施設延べ面積に関係なくスプリンクラー設備を設置する事の期限が今年度の3月末となっている為、今月は工事のラッシュでした。📅(;´Д`)💦

 

その中で幾つも見積りを提出するのですが、お客様から頂く声に『コスト面で選びました。』という事が数回ありました。👀✨

 

💸(´-`).。oO(決して‥、、安いわけではないと思うのですが…。。)

 

これはプロスペクト理論云々ではなく、比較的価値があり “簡単に真似できない” ような工事を、市場が評価するより安価で提供できているという事ではないかと推測しています。👷💭


ダンピング対策としての“情報公開”


コンテナ船
コンテナ船の輸入貨物に学ぶ“ダンピング対策”。

前職で輸出入の業務に携わる際に “通関士” という資格試験を勉強していたのですが、その中で “不当廉売関税” という輸入貨物に対して正常価格とダンピング価格の差額(ダンピングマージン)の範囲内で関税をかけるという制度がある事を学びました。📖✨

 

つまり、不当に安いモノ・サービスは市場の正当な競争を妨げる害悪になる為、対策を施しているわけです。💡

 

この不当廉売関税は財務省が管轄する圧倒的な法的措置ですが、一方消防用設備点検などのニッチで限定的な影響しかないジャンルではダンピングが横行している状態が放置されています。💔(´;ω;`)

 

管理人が考えるダンピング対策の一つとして「このような手順で点検をしている為、これだけの費用がかかっている。」という旨を、お客様に知ってもらい、納得して頂くよう広報する事を挙げさせて頂きます。📝( `ー´)ノ📣

参考:財務省


本当にあった“ワル過ぎる”点検の話…👻


ゲートバルブ(仕切弁)
これと同じような昔ながらのゲートバルブ(仕切弁)が…。

✍(´-`).。oO(この話は…、、石崎社員よりご提供いただきました…。。)

 

ある日…、築30年ほどのビルオーナー様より消火ポンプの交換工事依頼がありました。📝

点検業者を変更したら、屋内消火栓の放水ができないことが判明し…、工事は別業者で改修する流れになった為、弊社に “ポンプ交換せえ” とお声がかかったようです。🔨👷

 

そして新しい消火ポンプ据付後、放水試験を実施したら…おかしい事に圧力が上がらない…。💔((((;゚Д゚))))

 

いざ弊社にて別途調べてみると…、何と天井裏にゲートバルブ(仕切弁)がついており、それが “閉” になっていたのです。🚫

 

以前の点検業者は…、いったい何をしていたのでしょうか…。💀


 

点検口もなく、換気扇を外さないと分かり得ない箇所に “閉” になったバルブをつける業者もワルいですが…。👻

 

それにしても築30年もの間、一度も放水試験をしていなかったと考えられる点検業者は相当ワルいと思われます…。👿

 

⛲(´-`).。oO(放水試験サボっちゃダメですよ…、、それ位して下さい…。。)

 

※消防用設備点検は、信頼できる業者に任せましょう。🚒💨

まとめ


  • “大阪府消防防災協会” の“点検シール” と外観がそっくりなものが市場で横行しており、それは協会が制定したルールがもたらす “信用” に安価で乗っかろうとしていて恥ずかしいモノであった。✅
  • “要改修シール”“そっくりさん” が現れがちな「杜撰な点検」がされている箇所との “差別化” を図るのに有効と考えられた。✅
  • プロスペクト理論という行動経済学のモデルで、ヒトは得をするよりも “損をしたくない” という思いが強いという偏見を持っており、目先の点検費用を “損” と考えて法を犯してリスクをとってしまっている可能性が示唆された。✅
  • 消防用設備点検の業者は “信頼できるか” を判断軸にして選ぶべきであった。✅

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    りゅう (土曜日, 24 3月 2018 23:25)

    管理人様
     
    やはり2類落ちてました

    まーあの出来じゃ当然かな(・∀・)

    でも前回53%でしたが今回55%でした 笑

    前回より明らかにできなかったと
    思ったんですが・・・

    3度目の正直目指します(๑•̀ㅂ•́)و✧

    個人的には激ムズに思えたんですが
    合格者が沢山いて驚きました

    皆さん優秀(・∀・)

  • #2

    管理人 (日曜日, 25 3月 2018 17:39)

    >りゅうさん
    惜しい!!(´;ω;`)
    とりあえず、お疲れ様でした。

    次は絶対いけますよ!!(´;ω;`)�

    管理人も、りゅうさんから情報提供頂きました出題を元に、記事を作成中です。
    ただ、年度末な事もあり、なかなか進んでおりません!

    りゅうさんのお役にも立てますように、今後とも精進してまいります。