連結送水管の設計届作成

連結送水管の“送水口”は身近な景色
連結送水管の“送水口”は身近な景色にも…。

消防隊の方が高層階に消火用水(ただの水)を地上から送る為に用いられる “連結送水管” の新設工事に際して、“設計届” を作成して所轄消防署に提出します。📝

 

連結送水管は水系の設備で “配管” がある為、スプリンクラー設備の着工届と同じく “アイソメ図” や “摩擦損失計算書” などを添付する必要があります。

 

耐圧試験の際に水漏れが発生した場合の改修工事などでは、配管の取替のみの場合だけ設計届を省略できます(軽微な工事)。

 

続きに、連結送水管の設計届について記していきます…。

連結送水管の設計届


連結送水管の設計届は、以下の書類で構成されます。📝

  1. 設計届の表紙
  2. 防火対象物の概要表
  3. 連結送水管の概要表
  4. 図面類
  5. 配管系統図(アイソメ図)
  6. 設計送水圧力計算書(摩擦損失計算書)
  7. 機器図(送水口や弁類のもの)

特に、5.と6.がカギとなってきますので重点的に述べたいと思います。🔑

 

また、高さ70mを超える建物には、ポンプ車による送水を補助するため、非常電源設備付きの加圧送水装置(ポンプ)を設ける必要があるため追加で資料が必要になります。🚒💦

(´-`).。oO(ここでは割愛します…。。)💔

 

✍(´-`).。oO(連結送水管の工事に関しては前投稿をご覧ください…。。)👷

連結送水管のアイソメ図


連結送水管の配管アイソメ図
例:連結送水管の配管アイソメ図。 ※クリックで拡大

連結送水管の配管アイソメ図は、例の画像のように縦長になることがほとんどです。📷

(´-`).。oO(連結送水管は、7階以上の建物または5~6階建てで延べ面積が6,000㎡以上の建物に設けられるため…。。)

 

配管系統がどのように建物を回っているか、各配管径や弁類は幾つかなどの情報がアイソメ図を見れば一目瞭然となっています。👀

 

(´-`).。oO(この現場も、送水口から配管が一度 “地中” に潜っているため漏れたときに改修工事がしにくいですね…等。。)👷

 

全体の配管についての情報が揃ったら、それをもとに “配管の摩擦損失” を計算します。👓

 

以下に、摩擦損失計算書について言及していきます。📝


設計送水圧力計算書


設計送水圧力計算書
設計送水圧力計算書の一部。 ※クリックで拡大

アイソメ図で一目瞭然になった連結送水管の配管についての情報をもとに、必要な値を計算していきます。📝(・ω・)ノ

 

画像中では、継ぎ手類を直管に換算した場合の長さを算出しています。📷

(´-`).。oO(余談かもしれませんが、90°エルボは “L字のカーブ”、チーズは凸の分岐を意味しています…。。)💡

 

“直管換算係数” は所定の定数がありますので、そちらを参考にしています。📖

参考:総務省消防庁


配管の摩擦損失計算


配管の摩擦損失計算結果
配管の摩擦損失計算結果。 ※クリックで拡大

継手類換算後の直管長の合計に、画像の通り各定数や立上り配管長さ等の値を加算します。👓

 

そして配管圧力の値が得られます。💯(;´∀`)👌

 

ここで重要なのが、この計算結果によって使用する配管が変わってくるという事です。((((;゚Д゚))))💡

 

エクセル上でIF関数にて、値による表示を設定してあります。📝

 

例:1.5MPaを以下であれば、立管100Aにて施工可能です。

  1.5MPaを超えると、立管150Aにする必要があります。

 

 


また、1MPa以下であるとJIS3452という材質の配管でいいのですが、それ以上だとJIS3454スケジュール40ガス管(通称;スケジュール管)を選択せねばなりません。✅

 

スケジュール管の方が、より高い圧力にも耐えられる仕様というわけです。🎈

 

💸(´-`).。oO(価格帯も、結構変わってきます…。。)

湿式・乾式の判定


配管の湿式・乾式判定
配管の湿式・乾式判定。 ※クリックで拡大

最後に、通常時は配管内を空にしておく “乾式” と、常時配管内に水を満たしておく “湿式” のどちらによる運用にするかを計算結果をもとに判定します。🌊(´-`).。oO

 

配管内の体積が0.5㎡を超えると “湿式”、それ以下だと “乾式” にします。💡✅

 

上記の体積による判断以外にも、寒冷地だと “乾式” を採用したり、11階以上・高さ70m以上の建物は “湿式” にしたりと基準は様々です。⛄

 

(´-`).。oO(配管に水が入っていないと、その分消防ポンプ車から補水する必要がありますからね…。。)🚒💦


まとめ


  • 連結送水管設計届配管系統図(アイソメ図)と、設計送水圧力計算書(摩擦損失計算書)がカギであった。🔑
  • アイソメ図を見れば配管系統がどのように建物を回っているか、各配管径や弁類はいくつかなどの情報が一目瞭然であった。👀
  • 算出した配管圧力の値によって、使用する配管の径や材質が変わってくることが分かった。👓