火災通報装置の新設工事

消防機関へ通報する火災報知設備
消防機関へ通報する火災報知設備の新設工事を行いました。

本記事では、火災通報装置の新設工事の模様を記していきます。

 

法改正により、令別表1で(6)項ロに分類されます社会福祉施設には、火災通報装置の設置が義務化されました。📞→🚒

 

それに伴い、既設の福祉施設火災通報装置を新設するという工事案件が出てきております。🏥

 

既設の建物に火災通報装置を備える場合、配線工事が大変になります。👷

なぜなら、施工時は配線を仕込んでから壁や天井ができますが、既設の場合はすでに壁や天井が張ってある状態で配線をする必要があるからです。

そして、本工事はすべての配線が隠蔽されたようです。

(´-`).。oO(素晴らしいです…。。)✨

 

続きに詳細を記していきます。……✍(´-`).。oO♬

火災通報装置新設工事の詳細


①火通機器本体の取付


火災通報装置本体を設置する場所を選定
まず、火災通報装置本体を設置する場所を選定した。
火通の専用電話機と本体装置を設置
次に、火通の専用電話機と本体装置を設置した。

(´-`).。oO(この時、火通本体~受話器間の壁面内に、配線の際に邪魔になるスタッド(間柱)類がないことを確認しました…。。)🌴

②配線工事


天井ジプトーンを外して配線
点検口がなかったため、天井ジプトーンを外して配線を行った。
機器まで配線
壁内に横桟など避けて機器まで配線をもっていった。

(´-`).。oO(すべての配線を天井内に収めることができました…。。)💡

③専用電源回路の作成


専用回路100V用の配線
ブレーカの空きがなかったため専用回路100V用の配線を分電盤へ。
親ブレーカ二次側の銅板から100V
単相3線・親ブレーカ二次側の銅板から100Vを分岐した。

(´-`).。oO(銅板の穴に6×10ビスと抜止用スプリングワッシャー・O端子で固定しました…。。)🔨

その他


本工事に際して、いくつか気を付けるべきことや準備などがありました。

 

①今回は配線を天井や壁面内に隠蔽することができたが、モールを用いた露出配線になる場合、RC壁だと固定が大変。

 (´-`).。oO(コンクリに穴をあけてモールを固定するのは大変になります…。。)👷

 

②機器取付階と、100Vの電源をとる階が別の場合は、縦配線に利用できるPS(パイプスペース)が無ければ縦に穴を作る必要がある。

 (´-`).。oO(当該現場はブレーカと機器をつける階が同じであったため、縦の配線経路はありませんでした…。。)👻

 

③分電盤内の親ブレーカ2次側が銅板であれば、既設ブレーカと同等品を取り寄せておくべきである。

 (´-`).。oO(既設ブレーカと同じもので、同じように並べた方が綺麗です…。。)🌈

 

④天井裏内が区画されていると、新たに配線用の穴をあけた場合後処理が必要。

 (´-`).。oO(熱膨張耐火材 [製品名:フィブロック]等を用いて、防火区画貫通の処理を、適切に行います…。。)🔥✖