“移動式粉末消火設備“ の設置に関して

移動式粉末消火設備の外観
モールなどの立体駐車場にある移動式粉末消火設備。

写真は、“移動式粉末消火設備” の外観です。📷✨

(´-`).。oO(見かけたことはありませんか…??)

この移動式粉末消火設備消火器は、消防法上では全く別の扱いです❕❕🚒

 

以前、消火器を交換してほしいというご相談を頂いた際のこと…。☎

現場に消火器数本をもって行ったところ、移動式の粉末消火設備であったことがありました‥‥。(;´Д`)💡💦

 

✍(´-`).。oO(移動式粉末消火設備総重量は85kg程度であるため、持って帰ることすらできませんでした…。。)💔

 

そのような間違いを防ぐために、そして有事の際に移動式粉末消火設備を適切に使用するためにも、続きをお読みください。……

粉末消火設備について


固定式の粉末消火設備が設置される駐車場
固定式の粉末消火設備が設置される駐車場もある。

参考:初田製作所

まず粉末消火設備は、 “スプリンクラー設備” や “泡消火設備” のように噴射ヘッドから粉末が出る機構のものとなります。(これを固定式とは言わない)🚙

 

それのホース・ノズルを用いた機構をもつ移動式粉末消火設備も、3類の消火設備に該当します。

✍(´-`).。oO(消火器は6類の消火設備です…。。)📚

 

文字通り、“移動式” の粉末消火設備は、駐車場などの開けた場所に設置されます。🏮

 

消火する際は、使用者がホースを持ち、火元に向けて粉を噴出するという動作が必要になります。(;´Д`)💦🔥

 

消火器にも使用されている粉末消火薬剤は、ほとんどの火災を有効に消すことができる万能性があるため、それを大型化したものが粉末消火設備というわけです。(・ω・)ノ💡


移動式粉末消火設備の設置基準


粉末消火設備の設置基準
粉末消火設備の設置基準。 ※クリックで拡大

参考:川崎市

移動式粉末消火設備は、駐車場に設置されていることが多いため、

日常的に目にすることができる消防用設備の一つであるといえます。(・ω・)ノ🌱

 

駐車スペースの床面積が

  • 地階または2階以上の階にあっては200㎡以上
  • 1階は500㎡以上
  • 屋上部分は300㎡以上

の場合に移動式粉末消火設備を設置することができます。🚗🚙

 

移動式粉末消火設備の薬剤噴射時は、薬剤が空気中に舞います。

そこに火災の煙も相まって周囲が煙で充満するため、煙が充満しにくい場所への設置に限られます。🌀

 

移動式粉末消火設備は水平距離が15 m 間隔で設置します。👥

 (´-`).。oO(ホースの長さは20 mです‥‥。)

 

消火薬剤はABC消火器と同じリン酸アンモニウムのものが多いようです。🌸

(´-`).。oO(消火器と同じ、第3種粉末消火薬剤です…。。)

 

 2類の泡消火設備を準用することによって、移動式粉末消火設備を設置できる場合や、設置場所に応じた薬剤を使用しなければならないケースもございます。

 

移動式粉末消火設備を設置する場合は、必ず所轄消防署との事前協議の方をお願いいたします。🚒


移動式粉末消火設備の操作方法


移動式粉末消火設備の中身
移動式粉末消火設備の中身。

移動式粉末消火設備のドアを開けると、中はこのようになっています。🚪|д゚)

 

緑色のボンベに “1⃣” などと、シールが貼ってあるのが分かりますか?

(´-`).。oO(見にくい場合は…、、すみません‥。。)

 

この移動式粉末消火設備に関しては操作する順番がシールにて記してあります。以下に操作手順を説明します。

 

①加圧用ガスボンベのバルブを全開にする。

→緑色の炭酸ガスボンベの黄色いバルブを全開にすることで、加圧用CO₂が出てきます。

 

放出弁を全開にする。

→薬剤の入った赤色の容器右下の “2⃣” と記してある横に、黄色いレバーがあります。これを全開にすることで、薬剤容器本体内部に加圧用CO₂が流れ込みます。

 

③ホースをのばし、ノズルレバーを全開にする。

→画像右下に、水色のホース先端があります。

これをもって、火災発生場所までホースをのばして向かいます。

そして、ノズルについているレバーを全開にすることで加圧力によって押し出された消火薬剤が噴出します。

 

 ※消火の際は、火の“根元”を狙います。また、ノズルを左右に掃くように動かして薬剤をまくと効率よく消火できるようです。💦🔥

移動式粉末消火設備使用法
参考:モリタユージ―

移動式粉末消火設備の設置


移動式粉末消火設備の設置は、パッケージ消火設備と同様に “表示灯” のための配線工事が発生するくらいです。💡✨

 

(´-`).。oO(配線工事で使用する電線は “耐熱電線” を利用してくださいね…!!)🔥

土台に移動式粉末消火設備
底が錆びるのを防ぐため土台に移動式粉末消火設備を乗せる。
表示灯ピカーン
表示灯ピカーン、といっても日中なのであまり目立ちませんね。ピカーン。

移動式粉末消火設備の点検


平成22年9月に、新潟県柏崎市の施設の駐車場で火災が発生しました。🔥

 

その時、消火を試みた際に、移動式粉末消火設備の加圧用ガス容器の容器弁が開放できない不具合が発生したため、粉末消火設備の点検基準が改正されました。

 

消防用設備点検の際は、二度とこのような事が起こらないよう、しっかりメンテナンスしましょう!(;´Д`)👌

 

参考:日本消防設備安全センター

移動式粉末消火設備の点検基準改正リーフレット
移動式粉末消火設備の点検基準改正リーフレット。 ※クリックで拡大
容器弁の開閉によるチェックが義務
容器弁の開閉によるチェックが義務付けられた。 ※クリックで拡大

Twitter上での“移動式”に関する“つぶやき”


Twitter上にて、石井マーク様(@ishiimark_sign)が “移動式粉末消火設備” の写真を投稿された際に、『消火器が入っているのですか?』という質問を受けられておりました。💡

 

その際に詳細について弊社をご指名頂きまして、答えさせて頂きました!!(;´∀`)👌✨

 

貴重な機会を頂けました事、大変ありがたく思います。<(_ _)>💻

以下にリンクにて、内容を紹介させて頂きます。👀✨

 


まとめ


  • 立体駐車場においては移動式粉末消火設備に加えて、天井から火災を感知して自動的に消火が始まる “泡消火設備” が準用される。
  • 移動式粉末消火設備は自らの手で操作し、消火活動を行う必要がある。
  • 移動式粉末消火設備の加圧ガス用バルブが開かないという事案が発生したため、点検の際は密栓後、容器弁の開放を確かめる。