やや埋まり緩降機

やや埋まり緩降機
やや埋まり緩降機。床が上がっていたため、そのまま固定できなかった。

緩降機の施工を弊社にて行なったのですが、それが少々稀なケースとなりました。💡(;´∀`)💦

 

なぜなら…床が上がっていて、そのままアンカーを打てなかったからです!💔|д゚)🔨

 

その為、新鮮なうちに記事に起こしておきます。✍(´-`).。oO✨

 

緩降機は “第5類の消防設備” に分類されており、工事をするには甲種消防設備士第5類の資格が必要となります。📝

 

管理人石崎社員は共にその有資格者でありますので、ご安心ください。(・ω・)ノ🎫

 

以下に、工事の流れを写真と共に振り返ってみます。📷


緩降機の設置工事について


緩降機を設置するまでの背景


避難空地
避難階の窓から見た降下地点の様子(避難空地)。

まず、緩降機設置の背景として、避難はしごが不適切であったという理由があります。💡

 

避難空地(降下地点)の、写真をご覧ください。👀✨

 

画像左側に “庇(ひさし)” があるため、避難はしごを用いると消防法で定められた降下空間半径50 cmを満たすことができません。❕

 

そのため、緩降機を用いて、それを窓の右側いっぱいまで寄せることで、降下空間の条件を満たすことができました。✅(;´∀`)👌💦

 

以上のような背景があり、本工事で緩降機が採用されました。

 

✍(´-`).。oO(また、庇には黒いラバーを貼ることで避難時の接触による怪我を予防しました…。。)


緩降機設置工事の様子


緩降機施工前
設置前に緩降機を仮置きした様子。床に違和感を感じた。

床に “ポンっ” と緩降機を置くと、何やら妙な感触。(;´・ω・)💦

 

緩降機自体の重さは約10 kg、コンクリートの上に置いた時とそうでないときの感覚の違いは十分察知できます。💡(;´∀`)

 

隣の部屋を見ると、コンパネ(ベニヤなどの合板の総称)が床一面に広がっていました。🌳|д゚)❕

 

床下から電線が出してある穴があったのでメジャーで測定すると………。(´-`).。oO

 

床下の高さをメジャーで測定
床下の高さをメジャーで測定すると…。

 

何と…約25センチあがっていました!|д゚)💔

 

これでは、アンカーボルトを打ち込みできません。✖👷💦

 

🔨(´-`).。oO (ここに緩降機を固定しても、床から抜けてしまいます…。。)

緩降機設置場所の確定


緩降機の位置
赤い矢印で示した箇所が外壁の位置にくるようにする。

緩降機は、その先端から外壁までの距離が30 cm以下となるように設置しなければなりません。✅

 

⚽(´-`).。oO (降りる際に壁キック等できるから…?)

 

これを合わさずに工事を始めてしまうと、えらいことになるので注意してください!👷💦

✍(´-`).。oO(経験者より‥。。)💔

 

また、本工事は複合用途(16)項イ防火対象物への緩降機設置でした。🏢

 

5階までは緩降機を適用できますが、6階以降は緩降機を設置できません。

✍(´-`).。oO(恐怖心のあまり避難に支障をきたすからでしょうか……。)⚡


床面のくり抜き


やむを得ず、床をカットする決断をいたしました。💡(;´∀`)✂

 

四隅をくりぬいて、そこから木ノコで “サクサク” と切っていきます………。🌳|д゚)💦

 

⚠(´-`).。oO ( ※実際は、まったくサクサクいきませんので注意です…。。)💔笑

 

埋込空間作成中
埋込空間作成中。
埋込空間作成中その2.
埋込空間作成中その2.

この後、床下にアンカーボルトで緩降機を固定して、トルクレンチで締めたのですが…。👷

 

大変集中していたため、あろうことか写真を撮り損ねてしまいました。📷(´・ω・`)笑

 

何にせよ言えることは、緩降機の幅の穴では、ハンマーが入らず、アンカーボルト打ち付け困難でした。🔨(´・ω・`)✖

 

そして、トルクレンチ締め付けもスペースを要したということです。💡

 

✂(´-`).。oO(決して、くり抜き過ぎたわけではないです…。。)

トルクレンチによる緩降機固定


青木防災のトルクレンチ
青木防災のトルクレンチにはよく使うボルト径の締め付け強さが貼ってあります。

なお、トルクレンチ締め付けの際に、注意点があります。❕

 

その締め付け強さが、使用するボルト径で変わります。🔨

 

【計算式】

公式; T = 0.24 × D × N より

締め付けトルクN(kgf)・cmが求められます。

(D: ボルト径cm、N: 試験荷重)

 

試験荷重Nは、390 kg+10 kg(緩降機自重)=400 kg=3922.66 N

ボルトは4本であるため、 3922.66 ÷ 4 = 980 N

 

よって、求めたNと今回使用するボルト径12を公式に代入すると…

T = 0.24 × 0.12  × 980 = 28.22 N

 

よって、締め付けトルクは29 N程度と求められました。💯(;´∀`)


緩降機の設置完了


アンカー打ち付け及びトルクレンチでのボルト締め付け後
アンカー打ち付け及びトルクレンチでのボルト締め付け後
調速機とロープを本体に連結
調速機とロープを本体に連結させて完成です。

この後、ケースを上から被せたほか、床面もきれいに処理されました。

緩降機設置時の注意点


緩降機を設置するに際しての、注意点を以下に記していきます。✍(´-`).。oO💡

 

  • アンカーの埋込深さは、70 mm以上で、コンクリート厚さ120 mm以上必要。✅
  • アンカーはケミカルアンカーは使用できず金属展張式でないといけません。✅

 

そして、施工時に困ったのがトルクレンチの接合部の規格が 9.5 と12.7があることを、管理人が知らなかったことです。🐈💦

 

持ち合わせていたレンチ先が、トルクレンチと合わないということが起こりました。💔(´;ω;`)

🚙(´-`).。oO (最寄りのホームセンターに走ることとなりました……。泣)

 

今回使用したトルクレンチは、設定した締め付け強さで固定できるものを使用しました。📝

 

その為、通常時に使用するレンチ先が使えませんでした。✖👷


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    zuka (月曜日, 03 10月 2016 08:49)

    通常の工事よりも悪条件の中、上手く施工しているのと、写真も見やすくて分かりやすいと感じました。

  • #2

    青木防災 (月曜日, 03 10月 2016 13:33)

    zukaさん→まあまあ大変でした。大変ですか?