· 

スプリンクラー設置基準について

スプリンクラー設備で消火
スプリンクラー設備で効果的な消火を。

(5)項イ 民泊や、(6)項ロ・ハ 福祉施設への用途変更に伴って、高過ぎるスプリンクラー設備の設置義務が生じてしまう防火対象物があります。❕👀💦

 

🚒(´-`).。oO(防災屋なのに…、、“生じてしまう” という “お客様目線” です‥!!笑)

 

せっかく事業を開始するのに、消防用設備に多額の費用をかけないよう以下をご確認下さい。💰

参考:日本消防設備安全センター

スプリンクラー設備が必要な防火対象物


まず、スプリンクラー設備は基本的に特定防火対象物に設置する事を覚えておいて下さい。🏢

 

✍(´-`).。oO(特定防火対象物は不特定多数の人が出入り・利用する建物で、、火災のリスクが高く被害も大きくなる傾向にあります…。。)

 

スプリンクラー設備は消火能力が高い半面、設置には高額な費用を要します。💰(;´Д`)💦

水道直結式スプリンクラー設備という、消火ポンプや水槽を設けないことが出来るタイプもあります。🗿♪~

 

ただし、その設置義務は細かく以下のように規定されています。💡


①自力避難困難者入所施設


特別養護老人ホームなどの自力避難困難者入所施設(令別表第1(6)項ロ)は、小規模でも原則としてすべての施設にスプリンクラー設備の設置が義務付けられています。🏠(;´Д`)‼

 

また、こちらは法改正もあったため、既設の建物にスプリンクラー設備を設置する際は “パッケージ型自動消火設備” というスプリンクラー設備の代替品が選ばれることもあります。💡


②劇場などの舞台部


消防法施行令別表第1(1)項の劇場・映画館等の舞台部には、舞台のある階と舞台部の床面積に応じて、以下のようにスプリンクラー設備を設置します。

 

舞台のある階 舞台部の床面積       
地階・無窓階・4階以上の階 300 ㎡以上
 その他の階 500 ㎡以上

③11階建て以上の特定防火対象物


特定防火対象物のうち、地階を除く階数が11以上のものは、延べ面積に関わらずすべての階スプリンクラー設備を設置します。🏢(;´Д`)👌✨

 

その為、非特定防火対象物である(5)項ロ 共同住宅11階以上の階のみであったが、特定防火対象物である(5)項イ 民泊用途変更した場合に、11階以下の階もすべてスプリンクラー設備を設置しなければならないと行った事が起こります。💔(;´Д`)


④平屋建て以外の特定防火対象物


平屋建て以外の特定防火対象物では、床面積の合計が以下の場合に、各階にスプリンクラー設備を設置します。💡

防火対象物の種類 床面積の合計                
百貨店・マーケットその他の店舗、展示場 3000 ㎡以上
 病院 3000 ㎡以上
その他の特定防火対象物 6000 ㎡以上

⑤地階・無窓階・4階~10階


特定防火対象物の地階・無窓階、4~10階部分には、以下の場合にスプリンクラー設備を設置します。🌎♪~

別表第1 防火対象物の種類 床面積
(2)

イ キャバレー、カフェ、ナイトクラブ

ロ 遊技場、ダンスホール

ハ 性風俗店関連店舗

二 カラオケボックス等

1000 ㎡以上
(4) 百貨店、マーケットその他の店舗、展示場 1000 ㎡以上
  その他の防火対象物 (地階・無窓階は1000 ㎡以上) 1500 ㎡以上

⑥複合用防火対象物の特定用途部分


複合用途防火対象物(雑居ビル)で、特定用途部分の床面積の合計が3,000㎡以上ある場合には、特定用途のある階にスプリンクラー設備を設置します。🏢

 

また、複合用途防火対象物の地階・無窓階・4~10階部分特定用途がある場合には、その階の床面積の合計が上記⑤表に掲げる値以上の場合に、スプリンクラー設備を設置します。


⑦地下街、準地下街


地下街および準地下街にについては、以下の場合にスプリンクラー設備を設置します。🚊

 

地下街

延べ面積1000 ㎡以上

自力避難困難者入所施設のある部分

準地下街 延べ面積 1000 ㎡以上で、特定用途部分の床面積の合計が500㎡以上

じゅんちかがい【準地下街】…建築物の地階に連続して地下道に面して設けられたものと地下道を合わせたもの。


その他の場合


また、特定防火対象物以外(非特定防火対象物)であっても、以下の場合はスプリンクラー設備を設置します。💡

 

11階以上の階🏢

 

ラック式倉庫 ‥ 天井の高さが10mを超え、延べ面積が700㎡以上ラック式倉庫にはスプリンクラー設備を設置します。🗼

 

指定可燃物 ‥ 指定可燃物(可燃性液体を除く)を指定数量の1000倍以上貯蔵又は取り扱う建築物は、防火対象物の種類にかかわらず、スプリンクラー設備を設置します。 ☠


スプリンクラー設備の設置が義務化された背景


大阪市千日デパートビル火災(1972年 118人死亡) ・ 熊本市大洋デパート火災(1973年 100人死亡)を契機に、消防庁は1974年に特定防火対象物に対する全消防用設備等の遡及措置に踏み切りました。

 

その効果は歴然で、古い建物に屋内消火栓・スプリンクラー設備等を遡及設置後は、火災統計分析結果が劇的に改善されたそうです。

 

(そきゅう【遡及】…法律をその施行以前になされた行為や、生じた事実にさかのぼって適用すること。) 


スプリンクラー設備が省略された防火対象物


古い非特定防火対象物であって遡及設置義務がない場合は、スプリンクラー設備が設置されていないことがあります。🍵(;´Д`)👌✨

 

これは、非特定防火対象物全ての消防設備に対する遡及設置が義務で無い為です。 🌷

 

また、防火区画によるスプリンクラー設備設置基準緩和も措置として取られることがあります。(令8区画・13条区画など)

参考:さいたま市


まだ1類の消防設備士免状持ってないの?


管理人スプリンクラー設備の施工に携わる為に資格取得した際に使用した参考書を紹介します。📢♪

 

📚(´-`).。oO(結局のところ…、、これで十分でした‥。。)

 

1類は損失計算など、設計をしない限り実務で触れる機会がないことも出題されるため、それになれる必要があります。🔢💦

 

しかし、ここで一度勉強しておくと、1類消防設備士を取得してからの着工届作成時に少し楽になるかと思いますので、惜しみなく理解に努められればと思います。💪♪

 

まだ、テキストをお持ちでない方は "消防設備士1類 超速マスター" ←のリンクよりお求め頂けます。

 

損失計算について "配管圧力摩擦損失計算書でExcelを学ぼう!" という画期的な記事でも紹介しておりますので、併せてご覧くださいませ。📰✨


まとめ


  • 特別養護老人ホームなどの自力避難困難者入所施設(令別表第1(6)項ロ)は、小規模でも原則としてすべての施設にスプリンクラー設備の設置が義務付けられていた。✅