Jw_cadで消防設備図を作成

倉庫における自動火災報知設備の図面
某倉庫における自動火災報知設備の図面を作成。

弊社では消防署に申請する図面などを作成する際にJw_cadという製図ソフトを利用させていただいています。

 

Jw_cadは無料でかつ高機能なことから普及率が高く、市販のCADソフトでもJWWデータの読み書きができるものも多いそうです。

 

大変便利な反面、最初はその機能を使うための独特な操作を覚える必要があります。

すぐに慣れると思われますので、一度図面を書いてみることをお勧めします。

 

以下に、初めてJw_cadを使った際の操作について記します。……

1. [Shift]を押しながらマウスを操作


Jw_cadでは[Shift]キー
Jw_cadでは[Shift]キーを押しながらマウスをドラッグ。

まずこのJw-cadで最初に困惑する点は、思った通りの場所に行けないことだと思いました。

 

ただ思った場所をクリックしてドラッグするのではなく、[Shift]を押しながらドラッグすると通常私たちが扱っているようなソフトと同様の動きをしてくれます。

 

また、図面拡大縮小はマウスのホイールで可能ですが、私の場合はその方向が自分の感覚と逆の向きでしたので、設定し直しました。


2. [複線]のコマンド


図面を実際に書く上で最も多用したのが、この[複線]のコマンドでした。

以下にその操作概要を、画像と共に示します。

①まず、左サイドバーのボタンを押した。
①まず、左サイドバーのボタンを押した。
②軸となる元の線を右クリック。
②軸となる元の線を右クリック。
③左上の複線間隔の欄に任意の値を入力。
③左上の複線間隔の欄に任意の値を入力。

④新しい複線が表示されたら左クリックで確定。
④新しい複線が表示されたら左クリックで確定。
⑤線のボタンを押して、線属性を補助線色・補助線種にすれば印刷時に表示されなかった。
⑤線のボタンを押して、線属性を補助線色・補助線種にすれば印刷時に表示されなかった。

3. 寸法を入れる際の注意点


①左サイドバー[寸法]をクリックした。
①左サイドバー[寸法]をクリックした。
②任意の場所でクリックすると、寸法を表示する場所を選択するための線が出てきた(始点)。
②任意の場所でクリックすると、寸法を表示する場所を選択するための線が出てきた(始点)。
③縦の線の寸法を入力したい場合は上部コマンドの[0°/90°]を押した。
③縦の線の寸法を入力したい場合は上部コマンドの[0°/90°]を押した。

④二本目の寸法を表示する場所を指定する線の位置を選んだ。
④二本目の寸法を表示する場所を指定する線の位置を選んだ。

※この時、寸法を表示したい線の始点より、外の位置に終点を設けなければ、寸法を囲う線の向きが逆になるので注意した。

⑤寸法の枠線の向きと、寸法値を確認した。
⑤寸法の枠線の向きと、寸法値を確認した。

終わりに


青木防災㈱使用テキスト:Jw_cadのトリセツ
青木防災㈱使用テキスト:Jw_cadのトリセツ

これらの点はいずれもJw-cad特有の操作であり、初めて着手する上で最初の障壁となっているのではないかと感じました。

 

今まで簡単な図面はPowerPointやExcelで作ってしまっていたが、Jw_cadで作成した方がもちろん早いこととクオリティも全然違います。また、お客様にデータで提出する際にはjww.形式で請求されることが多いです。

 

この記事では本当に少しだけ操作を記しましたが、まだまだ習得すべき様々な操作が山ほどあります。

 

Jw_cadは奥が深く、社長曰く 「思い描く操作の大半は可能である」とのことです。

今後の命題は自分が思うような図面、他の人が見やすい図面を作成することです。

社長の指導と、使用テキストから情報を得て実力アップを狙いたいです。

幸いにも図面を作成する仕事は頻繁にあるので、自分が作成すると名乗りを上げて取り組みたいです。

 職人さんは自分の作成した図面をもとに工事を行います。

 

建設業のプロとして、Jw-cadもマスターしたいですね。