3.11について

mixiの“まちつく!
mixiの“まちつく!”で作った私の街。

私が大学3年の頃、ガラケーのmixiのゲームにはまってしまっており、その朝もいつも通りアクセスを試みていた。

 

あれ、つながらない。何回か試したあと、ふてくされながらテレビをつけると、いつも通りニュースキャスターが大げさに騒いでいる。

…ん。今回はなんだか状況が違うようだ。

 

 なんだこれ、やばいんじゃないか。え、なんだこれけっこうやばいんじゃないか。え…。

え!と事態が予想を上回り上回りでなかなか受け入れられなかったのを覚えている。

 

日本がとんでもないことになっていた。

自分にできること


被災地には救援物資
被災地に、救援物資はどのように行き渡っているのだろう?

多くの人が、何かできないか自分に問かけたと思う。

 

同じく悶々とした友人たちと有志で、浜松駅前ではじめて街頭募金を受け取る側になった。

この時、今後街で募金活動をしている人がいたらできるだけ協力しようと思った。

自分のお金になるわけでもないのに声を出して「ご協力おねがいします!」と言い続ける有志の人たちとそれに混ざる自分。

今思い返すと異様な雰囲気であったように感じる。

 

 

研究室の仲間は、トラックで一人、救援物資を届けていた。

普段は陰キャラな彼が、そんな行動に出ているとは思いもしなかった。

 

普段から、災害に備えて考え方も整理しておくべきだと感じる。

 

以下に参考になるURLを載せておきます。


Search Results①しえん

①支援物資を送る前に知っておくべきことがまとめられています。

支援物資等を提供する | NPO法人レスキューストックヤード

http://rsy-nagoya.com/volunteer/sizai.html

 

 

②実際に被災されて救援物資を受け取った方の声。

被災地へ支援物資を送りたいと思ったら読む記事

http://hisaimama.hatenablog.com/entry/SendingDisasterRelief

これからの自分ができること


これからの自分ができることは?
これからの自分ができることは?

 

当時は浜松市に住んでおり、東海大地震がきたらどうしよう、という恐怖はあることはあった。

しかし、防災に関することや災害に備えることはほとんどしていなかった。

 

今後は、青木防災という会社で働くのだから、災害に備え、被害を防ぐためにプロとして想像し、実行したい。

 

私は幸運にも、大きな震災などの被災者にはなったことがない。

だから、失った悲しみは所詮想像のレベルでしかない。

 

でも、大災害で多くの方が悲しんだことを絶対わすれないし、もっとできることがあると私は考える。

 

さまざまな災害から命をまもるために、青木防災で仕事をしようと思う。

そのために、多くのことを知ること、学ぶことを大切にしたい。


PS.私が入社する以前の事ですが、青木防災もなにかしらの支援をしていたらしいです。

 

このような伝統が絶えないようにしなければと思います。