第33条の3〔免状の種類に応ずる工事又は整備の種類〕


法第十七条の六第二項の規定により、甲種消防設備士が行うことができる工事又は整備の種類のうち、消防用設備等又は特殊消防用設備等の工事又は整備の種類は、次の表の上欄に掲げる指定区分に応じ、同表の下欄に掲げる消防用設備等又は特殊消防用設備等の工事又は整備とする。

指定区分 消防用設備等又は特殊消防用設備等の種類
特類 特殊消防用設備等
第一類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備又は屋外消火栓設備
第二類

泡消火設備

第三類 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備又は粉末消火設備
第四類 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備又は消防機関へ通報する火災報知設備
第五類 金属製避難はしご、救助袋又は緩降機

2 法第十七条の六第二項の規定により、甲種消防設備士が行うことができる工事又は整備の種類のうち、必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等の工事又は整備の種類は、消防庁長官が定める。

 

3 法第十七条の六第二項の規定により、乙種消防設備士が行うことができる整備の種類のうち、消防用設備等又は特殊消防用設備等の整備の種類は、次の表の上欄に掲げる指定区分に応じ、同表の下欄に掲げる消防用設備等の整備とする。

 

指定区分 消防用設備等の種類
特類 特殊消防用設備等
第一類 屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備又は屋外消火栓設備
第二類

泡消火設備

第三類 不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備又は粉末消火設備
第四類 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備又は消防機関へ通報する火災報知設備
第五類 金属製避難はしご、救助袋又は緩降機
第六類 消火器
第七類 漏電火災警報器

4 法第十七条の六第二項の規定により、乙種消防設備士が行うことができる整備の種類のうち、必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等の整備の種類は、消防庁長官が定める。

関連ブログ


消防関係者を装った犯罪への対処法

消防関係者を装って犯罪行為をする極悪人
消防関係者を装って犯罪行為をする極悪人が‥!?

消防関係者を装った犯罪が、立て続けに発生しています。📰💦

また、これらの被害に遭ってしまう・被害を拡大してしまう要因の一つとして消防関係者の実務について世間に正しく認識されていないことが挙げられます。🌐(;´Д`)💨

我々の様な消防設備士にとっても、消防関係者を名乗って犯罪行為をされることは実務を遂行する上で極めて迷惑な営業妨害でしかないので何とか犯罪行為を抑止したい思いなのです。⛔

続きを読む 2 コメント

危険物甲種の取得に要した時間と勉強法

危険物甲種の勉強方法と所要時間
危険物甲種の勉強方法と所要時間は…?

既に危険物 “乙種全類” を取得しており、かつ高専から大学院まで9年間 “化学” を専攻していたにもかかわらず、一回落ちているのが “危険物甲種” の試験になります(※管理人の場合)。💔(;´Д`)💦

 

ここでは、以下の様な危険物甲種を取得される皆様にとって有益である情報を共有していきます。🌐

  • ☑ これから危険物甲種の試験を受ける。📃
  • ☑ 危険物甲種に挑戦しようか未だ迷っている。🧠
  • ☑ 化学を専攻したから関連した難関資格を取りたい。🧪

しかし受験資格を満たしさえすれば、高校生ですら資格試験突破可能という話もありますから、この記事を読んだ皆様には是非とも一発で合格して頂きたいです。💯(´∀`*)ウフフ♪

続きを読む 3 コメント

高校生で消防設備士を取得した社員に難易度を質問してみた

高校生で消防設備士というマニアックな資格
高校生で消防設備士というマニアックな資格を…。

(管理人):消防設備士の試験は簡単でしょうか?📝✨

 

(^´ω`^):難しい試験ではないですが、勉強しなくて受かる試験でもないかと。学科だけなら未だしも、実技試験では現場に出ていない人からすると嫌がらせみたいな問題が出てくるのが厄介かと思いますね…。👹💦

 

(管理人):なるほど…。では現場に出ている我々の様な現役消防設備士が参考書を監修して売り出せば、その厄介さを解消することに貢献できそうですね。📚

 

(^´ω`^):やりましょう…!とりあえず続きに消防設備士試験について色々紹介し、受験意欲を高めてもらう事とします。📣

続きを読む 0 コメント

学校教育法の改正に伴う消防設備士・危険物取扱者の受験資格変更

消防設備士と危険物取扱者の免状
消防設備士と危険物取扱者の免状取得に際して‥。

日本の教育方法が旧態依然としていることが、国際的競争力の現象に繋がっている等の指摘を定期的に目にする気がしますが、今回はそれに纏わる “学校教育法” という法令の改正があったようです。🎒✨

 

具体的には新たな学校の枠組みとして “専門職大学”“専門職短期大学” という課程が制度化されるようで、これに際して消防関係法令で定められている消防設備士危険物取扱者の試験受験資格に若干の変更がある様なので、ここに記させて頂きます。📝♪

 

✍(´-`).。oO(ざっくり言うと…、、「大学を卒業した者」に「専門職大学の前期課程を修了した者」が含まれることに…。。)

続きを読む 0 コメント

消防設備士免状交付の申請について

消防設備士免状交付を申請
消防設備士免状交付を申請するために必要なもの。

消防設備士試験を無事通過した場合、受験地の消防試験研究センターに消防設備士免状の交付を申請する必要があります。

その際に、用意するものが以下のリストになります。

  1. 合否結果通知書(画像中の青色のはがき)
  2. ¥392円分の切手を貼った交付免状返信用封筒
  3. 既得免状(他の類の免状保有者のみ)
  4. 手数料¥2,800円分の収入証紙

大阪が受験地の場合、収入証紙は最寄りの警察等で入手できた記憶があります。しかし、今回の受験地は京都府であったため、収入証紙を入手するのは困難でした。以下に、手数料納付方法を含めた申請内容を記していきます。

続きを読む 2 コメント