第10条〔消火器具に関する基準〕


消火器又は簡易消火用具(以下「消火器具」という。)は、次に掲げる防火対象物又はその部分に設置するものとする。

 

一 別表第一(一)項イ、(二)項、(六)項イ(1)から(3)まで及びロ、(十六の二)項、(十六の三)項、(十七)項並びに(二十)項に掲げる防火対象物

 

二 別表第一(一)項ロ、(三)項から(五)項まで、(六)項イ(4)、ハ及びニ、(九)項並びに(十二)項から(十四)項までに掲げる防火対象物で、延べ面積が150㎡以上のもの

 

三 別表第一(七)項、(八)項、(十)項、(十一)項及び(十五)項に掲げる防火対象物で、延べ面積が300㎡以上のもの

 

四 前三号に掲げるもののほか、別表第一に掲げる建築物その他の工作物で、少量危険物(危険物のうち、危険物の規制に関する政令(昭和三十四年政令第三百六号)第一条の十一に規定する指定数量の五分の一以上で指定数量未満のものをいう。)又は指定可燃物(同令別表第四の品名欄に掲げる物品で、同表の数量欄に定める数量以上のものをいう。以下同じ。)を貯蔵し、又は取り扱うもの

 

五 前各号に掲げる防火対象物以外の別表第一に掲げる建築物の地階(地下建築物にあっては、その各階をいう。以下同じ。)、無窓階(建築物の地上階のうち、総務省令で定める避難上又は消火活動上有効な開口部を有しない階をいう。以下同じ。)又は三階以上の階で、床面積が50㎡以上のもの

 

 前項に規定するもののほか、消火器具の設置及び維持に関する技術上の基準は、次のとおりとする。

 

一 前項各号に掲げる防火対象物又はその部分には、防火対象物の用途、構造若しくは規模又は消火器具の種類若しくは性能に応じ、総務省令で定めるところにより、別表第二においてその消火に適応するものとされる消火器具を設置すること。ただし、二酸化炭素又はハロゲン化物(総務省令で定めるものを除く。)を放射する消火器は、別表第一(十六の二)項及び(十六の三)項に掲げる防火対象物並びに総務省令で定める地階、無窓階その他の場所に設置してはならない。

 

二 消火器具は、通行又は避難に支障がなく、かつ、使用に際して容易に持ち出すことができる箇所に設置すること。

 

3 第一項各号に掲げる防火対象物又はその部分に屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、水噴霧消火設備、泡消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備又は粉末消火設備を次条、第十二条、第十三条、第十四条、第十五条、第十六条、第十七条若しくは第十八条に定める技術上の基準に従い、又は当該技術上の基準の例により設置したときは、同項の規定にかかわらず、総務省令で定めるところにより、消火器具の設置個数を減少することができる。

 

関連ブログ


消火器 “機能点検” の不都合な真実と意見

外観のみの“自主点検”がされた痕跡のある消火器
外観のみの“自主点検”がされた痕跡のある消火器…。

前ブログ “ついに点検報告書内の印鑑が省略されます!” について多くの方から反響を頂いているのですが、それと時を同じくして業界内で動きが見られるテーマがあります。

 

それは消火器の “機能点検” についてです。

 

兼ねてより『📞:消火器の機能点検って、どうやってます~?』等と勤務中であるにも関わらず何のメリットもない電話対応を何度かしたことがある程、実は問題になるテーマでした。

 

またとない機会であり、主になって動かれている有志の方より支援の依頼もありましたから、精一杯書かせて頂く事とします。✎

続きを読む 9 コメント

期限切れ消火器を処分しないと…

引き取った廃消火器
弊社で引き取った廃消火器の数々…!

消火器リサイクルが義務付けられている為、普通に処分することが出来ません。💔

 

🚮(´-`).。oO(ごみ収集センターに持ち込んでも…、、引取不可で返されますのでご注意を…!!)

 

その為、弊社の様な “特定窓口” や “指定引取場所” へ持ち込むことになるのですが『面倒くさい!ほっとこ…』と思う方もいらっしゃるのではないかと想像しております。🚛💨

 

しかし、老朽化した消火器破裂事故等も報告されていますから、以下に今一度確認・交換をお勧めさせて頂きます…!!📣

続きを読む 0 コメント

消火器の点検は自分で出来る…!?

薬剤噴射後の業務用消火器外観
薬剤噴射後の業務用消火器外観‥!

皆様が有事の際に使用する消火器ですが、常日頃『自分とは関係ないモノ…』として見てしまっていませんか?💔(;´Д`)💦

 

消防用設備等の施工・メンテナンスを生業としている弊社のような防災屋が触るものというイメージをお持ちかもしれませんが、実は建物の用途や消火器の種類によっては、有資格者でなくても点検が可能なんです…!💯

 

✍(´-`).。oO(そして、最近本格運用された “消火器点検アプリ” を用いれば、そのガイダンスに従い消火器を確認していくことにより報告書を作成でき、それを自ら所轄消防署に提出する事まで可能になっております。詳細をご存知でない方は、是非とも続きをご覧下さいませ…!!)

続きを読む 2 コメント

非磁性体消火器の必要な場所とは

“いらすとや”さんよりMRIの画像を拝借
“いらすとや”さんよりMRIの画像を拝借…。

(6)項イ 病院にあります、MRI検査室並びにその関連室についてはスプリンクラー設備の設置が免除されます。📖 参考:MRI安全性の考え方

 

その為、消火器を用いて初期消火をすることになるのですが、MRIのような強磁場を発生させる場所に普通消火器なんぞ置こうもんなら “バッコーン!” と勢いよく機器に吸い寄せられ、くっついて終了‥という事態を招きます。💔

 

✍(´-`).。oO(そこで、消火器本体容器に “非磁性体” の材料を用いたものを設置する事になります。MRI室以外にも非磁性体の消火器が必要になる他、その非磁性体の消火器についても続きに言及していきます…。。)

続きを読む 0 コメント

消火器の使用方法パネルを見てみよう!

消火器ボックスの上に掲げられた消火器使用方法パネル
消火器ボックスの上に掲げられた消火器使用方法パネル‥。

皆様、消火器の近くに掲げてある “消火器の使用方法パネル” を見たことはありますでしょうか。🔍(´∀`*)ウフフ

 

消防法施行規則第九条の四にて “消火器具を設置した箇所には、消火器にあっては「消火器」と表示した標識を見やすい位置に設けること” と謳われています。📙✨

 

基本的に大阪市内では “使用方法” も記載したものを設置する事が指導されていますから、それらを一度観察してみましょう。👀♪

 

✍(´-`).。oO(例えば…、、市外だと◯◯消防署の指導では使用方法は記載無しでも良かったとか云々あるんですよね…。。)

続きを読む 2 コメント