第30条の2〔住宅用防災機器〕


住宅(法第9条の2第1項に規定する住宅をいう。以下同じ。)の関係者は、次条及び第30条の4に定める基準に従って、次に掲げるいずれかの住宅用防災機器を設置し、及び維持しなければならない。

 

(1) 住宅用防災警報器(令第5条の6第1号に規定する住宅用防災警報器をいう。以下同じ。)

 

(2) 住宅用防災報知設備(令第5条の6第2号に規定する住宅用防災報知設備をいう。以下同じ。)

 

関連ブログ


“屋外警報装置等” という次の当たり前

火災が発生した建物の外で警報音を聞くケース
火災が発生した建物の外で警報音を聞くケースも…!

無線式で連動している住宅用火災警報器が普及してきている中で、今後より火災を有効に放置する為にはどうすれば善いかが考えられた結果 “屋外警報装置等” の設置が検討されています。🚨

 

建物内にいても違う部屋の警告音に気づかないケースや、高齢者であれば気付いても初期消火等の動きがしづらい可能性も有り得る為、建物の外にも警報音を鳴らして近所の方や通行人に気付いてもらい、初動対応をしてもらおうという訳です。🔥👥❕

 

こちらについてガイドラインが策定され、徐々に話が前に進んでいっている様なので、消防設備士の観点から当該ニュースを切り開いていきますので、続きをご覧下さいませ。🔍(´∀`*)ウフフ♪

続きを読む 0 コメント

火事が起こる確率ってどれくらい?

“もしも”である火災に遭遇する確率 火事 保険
“もしも”である火災に遭遇する確率って知ってますか…?

『私は大丈夫!』等という方の情報不足からくる想像力の欠如が引き起こしている無関心の打破を試みる為に、今回は “もしも” が一体どれくらいの確率で起こるかをご存知でしょうか、計算したことは御座いますでしょうか。🧠💦

 

もし “大丈夫” の根拠が “何となく” な方は要注意です、是非続きを確認することをお勧めします。🗳

 

また、純粋に算出された値だけではイメージが膨らみづらいかもしれませんから、定番の宝くじの当選率や、全国高専大会で優勝する確率なども比較対象として提示しました。🏀✨

 

✍(´-`).。oO(ご指摘ありましたら、コメント欄へ…!!)

続きを読む 2 コメント

森脇健児さんの防災講演会で学んだこと

3月4日に平野区民ホールにて芸能人である “森脇健児” さんを招いた「防災講演会」が行われ、こんな近い場所で貴重な機会が…行かない手はないっ!…という事で拝聴させて頂きました。👂

 

管理人は森脇健児さん世代ではありませんでしたが、今回の公演で森脇健児さんについて、かなり詳しくなったと自信をもって言えます。なぜなら、森脇健児さんが仰られた事の99%は、防災についてではなく、自身のエピソードトークが占めていたからです。そしてそれから大変多くの学びが得られました。🧠✨

 

✍(´-`).。oO(森脇健児さんの話がドッカンドッカンとウケていて‥、、やっぱり芸能人はスゴイって衝撃を受けました…!!)

続きを読む 0 コメント

トイレに火災報知機の設置義務は生じる?

アメリカのトイレのドアと火災報知器
アメリカのトイレのドアと火災報知器。(画像提供:石崎社員)

人が何かアイデアを思いつく時は “インプット” の余地が無いとき、つまり脳ミソの使い方が “アウトプット” 寄りになった時だと、先日とある本で読みまして、シャワーを浴びているときやトイレにいるときなんかも比較的 “アウトプット” 寄りの状態になっているのではないでしょうか。🚿♪

 

💩(´-`).。oO(二重の意味で…、、アウトプット…。。)

 

では、そんなホッとしている時に、ふと天井を見ると火災報知器っぽい何かと目が合う…なんて経験を皆様もした事があるかと思いますが、では消防法上で設置義務が生じているモノなのでしょうか、一瞬だけ考えてから、続きを読み進めてみて下さい。🚽✨

続きを読む 0 コメント

火災報知器のIoT化!

開発中の“火守くん2号”の画像
開発中のIoT火災報知器 “火守くん2号” の画像を入手…!!

本記事で紹介させて頂きますIoT化された火災報知器 “火守くん(ほもりくん)” と繋がっている火災報知器が発報しますと、スマホアプリの “LINE” に位置情報のついたメッセージが送信されてきます!📲♪

 

前ブログ “K-SAMIT(全国高専同窓会)” に参加した際、大変有り難い事に株式会社jig.jpの創業者である福野さんとお話をさせて頂き、その際に『火災報知器のIoT、やってる会社あるから紹介してあげるよ。』という貴重な機会を頂くことができました!👓✨

 

そして見事、福井県の株式会社創電さんとつなげて頂き、訪問させてもらえましたので、その様子を記事にしていきます。📝

続きを読む 2 コメント

TOKYO国際消防防災展2018レポート【前編】

TOKYO BIG SIGHTは"東京デカい場所"
TOKYO BIG SIGHTは"東京デカい場所"と直訳できる。

先週の6月2日(土)~3日(日)にて、東京ビックサイトで開催されました "東京国際消防防災展2018" に行ってきました。🚄💨

 

約2年前、IFCAA2016 OSAKAという同様の催し物に馳せ参じさせて頂きましたが、それよりも規模が大きいという噂を聞いていましたので、マニアである管理人の心は踊っていました。💃♪

 

最新の消防用設備インスタ映えする物品が多数展示されていた他、ここ2年の間に大きな動きがあった物事(例えば、"加煙試験器" のノンフロン化)などの情報にも触れることができ、大変有意義な機会となりました。🌎✨

 

✍(´-`).。oO(ネタが多く…、、【後編】にも続きます…。。)

続きを読む 7 コメント

住警器を設置するだけで被害が半分に!

“熱”を感知する住警器
台所の火災時に“熱”を感知する住警器。

住宅用火災警報器(以後、住警器と略します)は、本体から警報音や『火事です』という音声を発することで、火災を知らせます。

 

そのような本体からの警報音だけで、火災による被害を防止・低減できるのかという疑問を持つかもしれません。(;´・ω・)💡

 

結論から申し上げますと、住警器の効果は非常に高いです。👷

 

住宅火災では、毎年約1,000人が死亡しており、その半数が “逃げ遅れ によるものだそうです。🔥

 

住警器は、設置しない場合と比べて焼損面積や損害額は約半分に、死者数は3分の2に抑えられていると報告されています。

続きを読む 0 コメント

住宅用火災警報器の電池寿命は?

ガス警報器(ぴこぴこ)と住警器(熱)
ガス警報器(ぴこぴこ)と横並びに設置した住警器(熱)

住宅用火災警報器(以後、本文中では住警器と略す)は、電池式のものが主です。🔋

 

(´-`).。oO(施工時に設置したものは100Vの電源に直接つながっているものもあります…。。)⚡

 

大阪市では平成17年9月に “大阪市火災予防条例” で設置・維持の義務化が定められています。🚒

 

そして、住警器電池交換目安も10年ということで、電池交換や本体ごと交換の案件も増加しております。👷

 

以下に住警器の詳細を記していきます。…✍(´-`).。oO✨

 

続きを読む 0 コメント

“特定小規模用自動火災報知設備”の施工【追記あり】

特定小規模用自動火災報知設備親機
特定小規模用自動火災報知設備。親機と子機があり、親機は煙感知器のみ。

法改正により、令別表第1(6)ロ に分類される老人ホームなどは延べ面積に関係なく自動火災報知設備の設置が義務付けられました。

 

その際に、延べ面積が300㎡未満の対象施設には “特定小規模用自動火災報知設備” という無線式・電池式のものを設置することで良いとされています。

住警器と同様に、受信機がなく配線工事を省略できるので施工が簡単なことが特徴です。

 

この記事では、特定小規模用自動火災報知設備を設置した際の様子を写真とYoutubeにアップロードしました動画と共に紹介させていただきます。……

続きを読む 7 コメント