電気主任技術者


電気主任技術者は、事業用電気工作物の工事・維持及び運用に関する保安監督をする為に、電気事業法上で定められた責任者の事です。

 

事業場の規模により、資格区分と選任範囲が異なります。

第一種電気主任技術者 すべての事業用電気工作物
第二種電気主任技術者 電圧が17万ボルト未満の事業用電気工作物
第三種電気主任技術者

電圧が5万ボルト未満の事業用電気工作物

(出力5千キロワット以上の発電所を除く)


 

(12)項イ 工場 や(16)項イ・ロ 複合用途防火対象物などのビルの9割以上が “受電電圧6600V” である為、第三種電気主任技術者であれば保安・監督が可能です。

 

ただし、高電圧・特別高圧を扱うを扱う仕事であり、実務には危険も伴います。⚠

 

消防設備士が大型の防火対象物をメンテナンスする際、電気主任技術者との連携をすることでより高品質の点検可能です。💯

 

 

以下、電気主任技術者に関連する記事一覧です。📚


電験三種合格者講話ハイライト

電験三種について話した
偉そうに人前で電験三種について話してきました。

先日、電験三種について合格者の声を来年度受験をする方々に話してもらいたいという依頼を受けまして、話してきました。🎤

 

管理人の中では『これはチャンス、がっつり写真を撮ってホームページに載せよう…。』と思っていました。♪( ゚Д゚)💻

 

しかし、先方より “情報は伏せて下さい” と念を押されましたので、発表の際に手元でメモ代わりに見ていたスライドのみを公開させて頂きます。💔(;´∀`)

 

大変貴重な機会であることは重々承知でして、資格に合格しただけでこのような場を頂けた運にも感謝しております。🌸

 

このページが、電験三種を受ける方々だけでなく、あらゆる方、そう…例えば弊社は “採用活動” をしていますので就職・転職活動中の皆様に刺さればと思います。👔

続きを読む 2 コメント

電験三種まぐれ合格体験記

電験三種試験会場
電験三種試験会場であった大阪市立大学の校門。

昨年に引き続き、平成29年度第三種電気主任技術者試験を受験した所、まぐれ” で合格点に達し、資格取得できました。💯

 

続きを読んで頂ければ分かると思いますが、本当に “まぐれ” なのでエラそうな事は書きたくても書けませんでした。(;´∀`)👌笑

 

ですから、これから電験三種を受験される方の “肩の荷を下ろす” ような記事になればいいなぁ…と思っています。📝

 

✍(´-`).。oO(また、管理人自身もこれから電気主任技術者として、実務に携わっても良いという切符を頂けましたので、その心構えと言いますか、目標も併せて記させて頂きます…。。)✨

続きを読む 12 コメント

“電験三種”科目不合格体験談

電験三種の参考書と問題集
実際に使用した電験三種の参考書と問題集。

この記事では、実際に平成28年度第三種電気主任技術者試験(電験3種)を受験した際の情報を載せていきたいと思います。📝

 

まず、受験結果ですが、この記事のタイトルにもあります通り “機械” の科目と “法規” の科目のみしか合格点数に達していませんでした。💔(;´∀`)

つまり、理論” と “電力” の科目については不合格でした。

 

受験勉強に取り組んで初めて分かったことがいくつもありました。💡

今後初めて電験三種を受験される方や、再受験される方々にとって、少しでも有益な情報を発信できればと思い、不合格の恥を忍んでここに記させていただきます。……✍(´-`).。oO✨

続きを読む 8 コメント