消防設備士の資格


消防設備士の分類


消防設備士
免状によって扱える消防設備が異なる。

消防設備士資格の種別は大まかに次のように分かれております。

 

1類‥‥屋内・屋外消火栓設備スプリンクラー消火設備

2類‥‥泡消火設備

3類‥‥不活性ガス消火設備ハロゲン化物消火設備など

4類‥‥自動火災報知設備誘導灯など

5類‥‥避難はしごや、緩降機などの避難器具

6類‥‥消火器類

7類‥‥漏電火災警報設備

 

それぞれ甲種と乙種があり、甲種消防設備士取得者のみが、工事をすることができる。(´-`).。oO(6類、7類は乙種のみ)

 

これらの覚え方は、“英語で消防設備” の記事に詳しく記してあります。ご参考ください。


英語でenjoy消防設備

対訳のある標示
観光客の方もわかるように対訳が載せられた標示。

消防設備士として仕事をする際にも、英語を使うことがあります。(;´・ω・)🗾

 

例えば、外国からの観光客が多く宿泊するホテルで消防用設備点検をする際に、英語で放送を入れたことがありました。📣♬

 

また、最近民泊への消防用設備設置に関するお客様は、外国人の方も多くいらっしゃいます。🎫

(´-`).。oO(ほとんどの方は日本語ペラペラですが…。。)🗽

 

ここでは、消防用設備の英語について紹介するとともに、英語を使って消防設備の類を暗記する方法を考えたので、記していきます…。(・ω・)ノ✨

続きを読む 1 コメント