社員旅行


ネスタリゾート神戸で昼からBBQ
ネスタリゾート神戸にて昼からBBQ…。 ※クリックで拡大

クソ忙しい時期…あ、繁忙期があると社内の雰囲気も徐々に悪くなっていくという事から、弊社では社長のタイミングで社員旅行が企画され、チーム単位での回復を図ることがあります。

 

そんなことなら会社を休みにして欲しいという意見も現在の日本において流行りですが、今のところ楽しい感じで過ごせる貴重な機会になっております。

 

陽気なベテラン社員さんから、勤続5~6年程度の真面目な中堅社員、お笑い芸人の卵と幅広いキャラクターが揃っており、きっと幾分馴染みやすいコミュニティにはなっているかと思いますから、この辺を見て入社の意思を強くしてもらっても構いません。笑


関連ブログ


消防水利は広いな大きいな

消防隊放水ショー
消火活動に必要な“水源”の種類は…。

“消防水利” の標識は至る所で見かけることができますが、その種類や設置基準についてご存知の方は少ないかと思います。⛆👀💦

 

そしてもう一つ、“消防用水” という括りがあります。⛲

 

よく “防火水そう” を点検時に確認することがありますが、点検報告書の分類では “消防用水” となっているんですね。 📝✨

 

大体想像がつくかと思いますが、“消防水利” や “消防用水” は消防隊の方が消火活動を行う際の水を確保する為の水源を指します。🚒

 

ただ、分類がありますので、続きにそれを記していきます。✎

続きを読む 6 コメント

奈良市の小中学校が消火栓故障を放置し続けて消防局から警告を受けた件

消防用設備等 経年劣化 メンテナンス
消防用設備等も経年劣化する為メンテナンスが必要…。

先日、奈良市の小中学校3校🏫の消火栓故障したまま長年放置されている事に対して、所轄消防署が “警告” を行ったと大々的に報道されました。📺📻📰

 

勿論、この様なニュースになる位の出来事ですから、宜しくない状態である訳ですが、では一体どれ位のレベルの不備が放置されていて、どれ位の措置が下ったかという事柄について、ある程度の予備知識があると理解が早いかと思います。💡

 

✍(´-`).。oO(続きに…消防用設備等の施工・メンテナンスを生業とする…、、管理人というフィルターを通して超分かりやすくなった情報💯を記していきます…。。)

 

続きを読む 0 コメント

特定小規模施設用自動火災報知設備の設計届を作成してみよう!

無線式 特定小規模自火報 届出
取付カンタンな特定小規模自火報も届け出が必要…。

一戸建てを用途変更して(5)項 民泊(6)項ロ・ハ  福祉施設等として利用する際に消防用設備等の設置義務が生じますが、延べ面積が300㎡未満であれば無線式で配線工事が不要な特定小規模施設用自動火災報知設備“自分で” 設置する事が可能です。🔧

 

しかしコチラを自ら設置するにしても、所轄消防署への届出が必要になり、その方法が分からないから結局業者に頼んでしまっているという方がおられるかと思います。💔(;´Д`)💦

 

そこで、管理人誘導灯設計届と共に毎度20分程度で作成完了している特定小規模施設用自動火災報知設備の設計届のレシピをここに纏めておきますので、皆様ご利用下さいませ!🎁✨

続きを読む 1 コメント

誤報対応時に気になったCRE(終端抵抗)の中身

CRE 終端抵抗 ニッタン
ブラックボックスに包まれたCREのアタマ…。

Aokipediaに…ではなく、Wikipediaでブラックボックスについて調べてみると以下のような書き出しとなっています。🌐✨

 

ブラックボックス (Black box) とは、内部の動作原理や構造を理解していなくても、外部から見た機能や使い方のみを知っていれば十分に得られる結果を利用する事のできる装置や機構の概念。転じて、内部機構を見ることができないよう密閉された機械装置を指してこう呼ぶ。』

 

ワケも分からず『しーあーるいー、しーあーるいー』とニッタン社製の抵抗であるCREを呼び、使用しておりましたが、コイツのアタマであるブラックボックスの中身って一体…と思いましたから、以下に分解した結果を紹介させて頂きます。( `ー´)ノ🔎🧠

続きを読む 1 コメント

【号外】猫びより7月号にタマスケ広報課長の特集記事が掲載…!

表紙 “特集 猫の最前線”に弊社のタマスケ
“特集 猫の最前線”に弊社のタマスケが…!笑

なんと‥なんとなんと弊社広報課長であるタマスケ(猫)が、猫雑誌ナンバーワンの “猫びより” 7月号にて “特集 猫の最前線” という項目で、デカデカと4ページに渡って取り上げて頂いた記事が掲載されております…!((((;゚Д゚))))🐈♪

 

最近Twitter上ではお陰様で本業を大きく上回る多くの反響を頂いております弊猫ですが、ついに雑誌デビュー…いったい彼はどこまで行ってしまうのでしょうか…。🌐笑💦

 

…という訳で、本記事では6月12日発売の “猫びより 7月号” にまつわる取材時の様子や、反響などをご紹介させて頂きますので、ご確認の上…是非7月号の猫びよりを手に取って頂ければと思っております!!📖✨

続きを読む 0 コメント