青木防災✍ブログ



機器点検と総合点検の違い

点検済シールにも“機器”と“総合”の種別
点検済シールにも“機器”と“総合”の種別が…。

お客様に度々聞かれることに『消防用設備点検“機器点検” と “総合点検” って何が違うの!?』ってのがあります。🎩

 

いつも簡単に総合点検は “機器点検 + α ” で見るところがありまして…。』とお伝えしております。(・ω・)ノ🔎

 

しかし、何だその曖昧な回答は!と言わんばかりの表情をされるお客様も中にはいらっしゃいますから、この記事に纏めておきますね!📝✨

 

✍(´-`).。oO(これで…、、次に聞かれた時に『あ、このページに分かりやすく書いてあるんでURL送っときますねっ』と…、、自然に “手前みそ” を恐縮せずとも渡すことができます…。。)

続きを読む 0 コメント

パッケージ型消火設備の施工 part.2

屋内消火栓の代替 パッケージ型消火設備
屋内消火栓の代替設備である“パッケージ型消火設備”

今回もまた、既設建物に屋内消火栓の代替設備としてパッケージ型消火設備という消火ポンプ水槽なしの消火設備を設置しました。⛲✨

 

前に “パッケージ型消火設備の施工” というページがあるので、そちらも併せてご参照くださいませ!🔍(´∀`*)ウフフ

 

パッケージ型消火設備水系の配管工事が一切発生しないため、表示灯用の電源の配線工事と機器本体の運搬・設置工事のみを行うことで完了します。🚨♪

 

✍(´-`).。oO(弊社で配線工事やら届出類を行ってます…。。)

続きを読む 0 コメント

消火器の設置届作成法

お陰様で数多くの消火器を設置
お陰様で数多くの消火器を設置してきましたが…。

弊社は防災屋として防火対象物(建物)に消防用設備等を設置する業者ですから、勿論消火器も数多く “合法的に” 納入・設置してきております。(・ω・)ノ🎴♪

 

しかし、最近お問い合わせに多いのが『消火器は自分で買ったんだけど、設置届の出し方が分からないから教えてくれ!』という案件でして、こちら側としてはハッキリ言って時間ばかりが割かれて一文の得にもならないのでページを作成し『このURLをご参照下さいませ!』という対策をさせて頂く事としました。💻✨

 

ただ、消火器設置届について知ることは、消火器どのようなルールをもって配置されているかを知ることにも繋がるので、為にはなるかと思います、続きをご覧くださいませ。🎯❕

続きを読む 2 コメント

転倒した移動式粉末消火設備の箱交換

台風で倒れた駐車場の“移動式粉末消火設備”
台風で倒れた駐車場の“移動式粉末消火設備”

今年の台風は、弊社の看板を脱落させるという極めて強力そして危険なものでしたが、その被害の一つとして 屋外に設置されていた消防用設備の故障” も多く報告されました。🌀💦

 

その中で今回は、強風により移動式粉末消火設備転倒し、格納箱や架台部分が破損したものを “箱だけ” 交換した際の模様を記事にさせて頂きます。📰✨

 

📞(´-`).。oO(先日車でぶつけちゃって‥、箱だけ弁償できますか‥?」とのお電話を頂いたのですが‥、、できます!という事をこのページで公開することで、お客様の不安と弊社の電話対応の手間を同時に解消できるという素晴らしいアイデア‥。。)

続きを読む 2 コメント

“一動作式”避難器具の設置基準

ボタン一つで展張中のハッチ内の避難はしご
ボタン一つで展張中のハッチ内の避難はしご。

タイトルにもあります “一動作式” の避難器具というのは、文字通り1つの動作で使用できる状態になるように設計された避難器具を言います。🚒(・ω・)ノ🔧♪

 

特定一階段等防火対象物という建物内に不特定多数の人が出入りする用途があり、かつ階段が屋内に一つだけの場合は、この “一動作式” 避難器具しか設置できないという条件が消防法で定められています。📝💦

 

✍(´-`).。oO(一動作式の避難器具を設置する際の条件などについて‥、、消防法と共に実際に弊社にある在庫の一動作式の緩降機を例に紹介させて頂きます‥。。)

続きを読む 0 コメント

除外できましたスプリンクラー設備

青空の下にスプリンクラーヘッド
青空の下にスプリンクラーヘッドがあるんだなこれが。

画像は台風で屋根が飛んだ現場のスプリンクラーヘッドでして、本ブログの内容とは殆ど関係がありません。📷(;´Д`)笑💦

 

この記事で書きたいのは『“既設” の建物に生じたスプリンクラー設備の設置義務に対して除外願を提出して設置を省略しました!』という件でございます。📁✨

 

以前から、(5)項ロ 共同住宅から(5)項イ 民泊へと用途変更するに際してスプリンクラー設備の設置義務が生じる案件は結構あり、消防用設備にカネがかかりすぎる為、断念されるという事があったことは別記事でも言及していましたが、除外願で省略できる可能性もあるという事をここに報告させて頂きます。💯♪

続きを読む 0 コメント

移動式粉末消火設備の操作空間

駐車場で移動式粉末消火設備
駐車場で“黄色い囲い”のある移動式を見たことないですか…?

先日、以下のような電話を頂きました。📞

 

👴:お宅に点検してもらってる◯◯モータープールじゃけど、駐車場にある大きい消火器の箱の前に、もう一台クルマを置けるようにしたんじゃけど、前にどれだけスペース確保せにゃならん??そこにペイントして車停めよう思って。

 

🐸:(移動式のことだな…)分かりました。念のためお調べして折り返しさせて頂きますね。ちなみにペイントは所轄消防署の指導ですか?

 

👴:そうや、業者と相談してペイントしてくれってよ…。(続く)

続きを読む 0 コメント

面接時にされた逆質問への回答

面接は同じ組織で仕事をする上での初めの一歩
面接は同じ組織で仕事をする上での初めの一歩です…。

現在、弊社採用活動中でして、お陰様で複数名の方々に応募頂けております。📤✨

 

面接の際には、幾つか質問をさせて頂いた後、最後に『何か質問などございませんか?』という決まり文句を言わせてもらっています。💭

 

👔(´-`).。oO(就活の時に…、、ここでいい質問をするかどうかで内定が出るか決まると言われていたやつです…。。笑)

 

本日ご質問頂きましたことに対して管理人が回答したことを、下記にまとめさせて頂きますので目を通してください!!👀✨

続きを読む 0 コメント

消防検査に立会うのは誰?

スプリンクラー設備の中間検査時に会議をする予防課の方々
スプリンクラー設備の中間検査時に会議をする予防課の方々…。

随分前の話になりますが、奈良県の某所で消防検査があった時に『あぶり棒って持ってますか?』と聞かれた事がありました。💡

 

♨(´-`).。oO(えっ…、、当たり前じゃん…。。)

 

…と思ったのですが、その時予防課の方も司令車にあぶり棒(加熱試験器)を積んできていたのです。🚒✨

 

そしてその後しばらくしてから実は『昔は消防署の予防課の方が試験をしていた。』という話を聞いて驚きました。((((;゚Д゚))))

 

その他、検査立会い等々について続きに記していきます。📝

続きを読む 0 コメント

Twitterアイコンそっくり事件

青木防災Twitterアイコンと激似
弊社Twitterアイコンと激似…⁉

弊社が【公式】と銘打ってTwitterアカウントを運営し始めてもうすぐ丸3年になりますが、これ程の期間が経ちますとやはり “アイコンが被ってしまう” ようなことが起こります。⏰‼

 

これは仕方のない事です、人間がすることですから避けられません。👥♪

 

世の中には、“引用” “パクリ” “オマージュ” “コラボ” 等々あらゆる便利な言葉が存在しまして、本件がどれに当たるかも併せて考えていきたい所存です。🌎( ˘ω˘)💭

 

上記のような中身がありそうで、まるでない文章を続きにも書きますからどうぞ今回ばかりは気楽にご覧くださいませ。🗽笑✨

 

続きを読む 0 コメント

非常電源を専用受電から自家発に交換

用途変更に際して設置した自家用発電設備
用途変更に際して設置した自家用発電設備…。

(5)項ロ 共同住宅から、(5)項イ ホテル・民泊などへの用途変更を望まれる方が、それを断念される理由の一つに『自家発の設置義務が生じてしまいコスト的に合わなくなるから』という事があります。💸(;´Д`)💦

 

しかし今回既存の建物に、自家発を新設するという条件もクリアした上で特区民泊の許可を得るという数少ない事例を成し遂げましたので簡潔にご紹介させて頂きます。💡✨

 

当該現場は11階以上の共同住宅であった為、11階以上にスプリンクラー設備、そして非常コンセントが設置されていたため、それらを非常時に動作させるための物となりました。🔌⚡

続きを読む 2 コメント

自家用発電設備専門技術者の試験に出た問題とその解答

画像は無料写真素材のphotoACさんで取りました
この画像は無料写真素材のphotoACさんで取りました…。

弊社のホームページでよく見てもらっているのが、消防設備士の実技で出題された問題と解答のシリーズです。📝(´∀`*)ウフフ✨

 

理由としては、問題すら会場外に持ち出せないルールとなっているので参考書以外でなかなか情報が取れないからだと思っています。👽💦

 

今回受講した自家用発電設備専門技術者の資格講習でも最後に試験が行われたのですが、この情報も全くと言っていいほどネット上に落ちていません。💔(;´Д`)

 

その為、いつものように数問覚えてきてネット上に載せようという試みをここで実行させて頂きますからご参照くださいませ。💡

続きを読む 0 コメント

自家用発電設備専門技術者の講習・試験レポート

自家発専門技術者の講習という“催し物”に参加
自家発専門技術者の講習という“催し物”に参加…。

前ブログ “電気主任技術者の実務” にて電気保安協会の方に色々お話を伺った際に『消防設備士電験三種持ってるんだったら、自家発の専門技術者も取ったらぁ~』という事を言われましたので実行させて頂きました。👷💭

 

地震による被害が報告されるたびに、自家発が動いていない・メンテがされていないというニュースが飛び込んでは消えていきますが、ついに最近消防署の方でも『自家発の負荷試験してないなら受け取りません!!』なんて動きが出ているという情報もあります。🚒💦

 

この資格講習、ネット上に情報が全然落ちていませんから、ここにありのままを載せておきます。📝✍(´∀`*)ウフフ

続きを読む 0 コメント

消防機器等に関する研修会レポート

平成30年 消防機器等に関する研修会
平成30年 消防機器等に関する研修会に行ってきました。

昨日行われた “平成30年度 消防機器等に関する研修会” にて情報をインプットしてきましたから、ここで整理してアウトプットさせて頂きます。🎲♪

 

実は昨年度も同じ “消防機器等に関する研修会” に参加しており、その後に記したブログ「点検報告書“電子化”で生産性UP⁉」というというものがありますからそちらもご参照くださいませ。🚩

 

まだまだ注目されるであろう民泊の話題や、今年度に起こった火災や法改正に纏わる情報が盛りだくさんでしたから、管理人のフィルターを通してギュッと濃縮還元してお届けさせて頂きます。🍇(・ω・)ノ🍸笑

続きを読む 2 コメント

フラーさんオフィス探検記

フラー株式会社さんのオフィス入口
フラー株式会社さんのオフィス入口。

先日のK-SAMIT(全国高専同窓会)の翌日、有難い事にフラー株式会社さんのオフィスを案内して頂きました!🏢(´∀`*)ウフフ

 

高専生がこぞって入りたがる素敵な会社の秘密は、やはりオフィスにもありました。💯✨

 

人は綺麗でオシャレで便利な場所で働きたいに決まってまして、フラーさんの職場環境はそれらが洗練されていました。🌹

 

✍(´-`).。oO(許可を得て写真を何枚か撮らせて頂きましたのでご確認下さいませ…、、そして管理人も参考にさせて頂きまして真似できるところから取り組めればなと…。。)

続きを読む 0 コメント

K-SAMIT(全国高専同窓会)の感想

K-SAMIT2018全国高専同窓会@コロプラ本社
K-SAMIT2018全国高専同窓会@コロプラ本社

先日の9月29日(土)に全国高専同窓会、題して "K-SAMIT2018" というイベントに参加させて頂きました。🌈(´∀`*)ウフフ

 

運営サイドに管理人高専時代の同級生であるフラー株式会社の川野君(@offstage96)がおりまして、Twitterにて本イベントの情報を知りましたが、本当に参加して良かったです!🐥✨

 

🎫(´-`).。oO("高専出身" という切符だけで…、、まさかあれほど面白いお話が聞ける場に行けるなんて‥!!笑)

 

企画・運営して下さったZENPENさん、フラーさん、登壇者の皆様そしてコロプラさんへの感謝の気持ちを込めて、超面白かったことを記事にしていきます。📝♪

続きを読む 0 コメント

音声・点滅機能付き誘導灯の区分鳴動(時間差)

音声鳴動・フラッシュ点滅中の誘導灯
音声鳴動・フラッシュ点滅中の誘導灯。

先日、既設防火対象物誘導灯音声・点滅機能付きに変更する工事を行い、無事消防検査をパスしました。💯(´∀`*)ウフフ

 

受信機非常放送がすでにインストールされており、その音響鳴動方式が "一斉鳴動" ではなく "区分鳴動" でした。🔕

 

その為、そこへ誘導灯信号装置を増設して配線系統も繋げてやる必要があり幾つかスッといかない部分もありました。👷💦

 

また、区分鳴動の場合は信号装置も "多回路用" を使用する必要があり、そこも普段の一斉鳴動の建物に設置される "1回路用" と異なるところでしたので続きに紹介させて頂きます。🚥✨

続きを読む 0 コメント

頑張れ!消火器点検アプリ

消火器点検アプリ起動時
消火器点検アプリ起動時に表示される画面。

糸魚川大規模火災を受け、(3)項ロ 飲食店で延べ面積に関係なく消火器の設置を義務付けるという消防法改正があったことは全ブログ "消火器詰め替え業務はオワコン" でも触れていました。📝

 

この法改正によって、点検対象物件が増えることによる点検報告率の低下が懸念されることから、その対策として本題の "消火器点検アプリ" が登場しました。🏢✨

 

リリースされてしばらく経ち、『どれくらい使われているのか?』や『どういう層が使っているのだろう?』という疑問が湧いておりましたので、アプリ分析サービスの会社に勤める高専時代の友人にコッソリ聞いてみたところ…。📲(;´Д`)❕続く

続きを読む 4 コメント

泡消火設備の消防検査【後編】

泡ヘッドより消火薬剤放出を行い試料採集
泡ヘッドより消火薬剤放出を行い試料採集…。

泡消火設備の消防検査【前編】では消火ポンプの起動・薬剤混合の方式や性能試験について記していきました。🔍(´∀`*)ウフフ

 

【後編】ではいよいよ実際に放出試験をする様子や、その時に採集した泡が消防法で定められた性能を満たしているかの計算方法についてまとめていきたいと思います。📝✨

 

❄(´-`).。oO(発泡した泡消火薬剤混合水溶液が作り出す白銀の世界…、、大変フォトジェニックでした…。。)

 

2類の消防設備士資格試験を受講される方々も、本記事を事前に見られることでスケール感などをイメージしやすいかと。⛲

続きを読む 0 コメント

泡消火設備の消防検査【前編】

泡消火設備の薬剤混合器
この混合器を見ただけで消火薬剤の混合方式が推理できるはず…。

この度、泡放出試験を含む泡消火設備の消防検査に立ち会わせて頂きました。👥♪

 

本件は老朽化した泡消火設備の改修工事をメーカーさんが行うというものでしたが、その依頼主さんと弊社長のコネで現場監督という名目の元に入らせて頂きました。👷✨

 

2類の消防用設備に分類される泡消火設備の設置義務が生じる防火対象物の数は相対的に少ないため、実際に泡を放射したり発泡倍率25%還元時間を測定する場面は貴重です。⛲

 

✍(´-`).。oO(是非ご覧くださいませ…。。)

続きを読む 0 コメント

消防署日記は全員読んだ方がいい

あの“消防署日記”を御献本頂きました!
あの“消防署日記”を御献本頂きました…。

先日、何と奥 慶士郎先生(@okudayo)ご本人様より、ご執筆されている “消防署日記シリーズ” を含む数多くの作品を直々に献本して頂きました!!📚(´;ω;`)✨

 

以前より半端なく気になっていた本でしたので、こちらが届いているのを発見した時点で猛烈に感動しました。📨笑

 

そして内容!!面白い!!面白い!!面白い!!📕📗📘

 

✍(´-`).。oO(表題の通り、全員読めばいいのに…と思いましたので、どうにかして以下に感謝の気持ちと共に僭越ながら書評のような文を書かせて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント

収容人員の数え方

収容人員の計算方法
消防法で定められた収容人員の計算方法は…。

“収容人員” は防火対象物を利用する人の数のことで、その算定方法は消防法施行規則第一条の三で詳しく定められています。💡

 

📙(´-`).。oO(オレンジの法令集だと…、、P.354です…。。)

 

実務を行う上では “使用開始届” の2枚目に各階の収容人員を記載する欄がありますので、それを埋めるために計算します。🍡

 

防火対象物の用途によって算出方法が異なる他、例えば避難器具等は算出結果の人数によって要・不要が分かれるため、収容人員の計算はコスト面にも影響を与える重大な業務です。💰

 

以下に計算方法や、実際にあった話を記していきます。✎

続きを読む 0 コメント

避難器具よくあるQ&A集

“避難はしご”の標識と非常照明兼用
“避難はしご”の標識と非常照明を兼ねる光源‥。

弊社では勿論、消防用設備の一つである避難器具の新設・改修及び点検という全ての業務を承っております。💯(´∀`*)ウフフ

 

✍(´-`).。oO(避難はしご緩降機…、、救助袋などの施工から届出まで自社で行うことができます…。。)

 

お陰様で多くのお客様にご利用いただいているのですが、その際に幾つか毎回のように聞かれたり、引っかかったりする問題があるなと思いました。🎩

 

より多くの方に知っていただくために、それらについての回答を以下に纏めて記事にさせて頂きます。💮✨

続きを読む 0 コメント

防火管理者の外部委託というトレンド

消防署の方の帽子
撮れ!と言わんばかりに置かれた消防署の方の帽子…。

前投稿 “防火管理者の選任と消防計画作成方法” では、弊社の事務所に防火管理者を自主設置した際の手続きについて記させて頂きました。👮✨

 

そして、今回は防火管理者外部委託” する際に必要な手続きについて軽く紹介させて頂きます。💸

 

また、防火管理者を外部委託するケースには、どのような場合があるのかについても考えてみたいと思います。🏢💭

 

✍(´-`).。oO(特に一定規模以上の事業や建物を所有されている方は…、、防火管理者が必要になりますので必見です…。。)

続きを読む 0 コメント

防火管理者の選任と消防計画作成方法

所轄消防署予防課の事務室
所轄消防署予防課の事務室で手続きを…。

防火対象物の収容人数が、民泊のような不特定多数の方が出入りする特定防火対象物の場合は30名以上から防火管理者の選任が必要となります。🎳(;´Д`)💦

 

以前より防火管理者が未選任、もしくは手続きが滞っており民泊福祉施設等の申請が延びる、という事が起こっていました。📅

 

そこで、今回収容人数50人以下の非特定防火対象物である、弊社の(15)項 事務所に、防火管理者自主設置することで当該手続きを知り、広報させて頂くこととしました。📰✨

 

✍(´-`).。oO(必要な書類を準備して消防署へ向かう事で…、、皆様の来署回数を1回減らすことが本記事の目標です…。。)

続きを読む 0 コメント

自動火災報知設備の配線工事方法~感知器編~

感知器ベースをイラスト化
感知器ベースをイラスト化してみた。

そういえば、弊社が最も承ることの多い自動火災報知設備工事についての記事が無いな…と思いましたので作成しようと思い立ちました。👷‼

 

天井に付いている感知器どのように配線されて動いているのかを紹介することで、少しでも消防設備士の業務に興味を持っていただければ幸いです。🎯

 

また、消防設備士資格を受験しようと考えている皆様が分かりやすいように今回は写真だけでなくイラストも混ぜて説明してみます。🎨(´∀`*)ウフフ

 

では、続きをご覧くださいませ。📝♪

続きを読む 0 コメント

お値段以上!消火ポンプの取替工事

消火ポンプユニットが路上に
消火ポンプユニットが路上に…。

先日、弊社にてスプリンクラー設備消火ポンプの交換工事を行いましたので、その模様を記事にさせて頂きます。👷✨

 

本件は、消火ポンプ室が地下にあったり元から色々おかしな点があったりと、幾つか難易度が高い箇所がありましたから見どころ満載です。💯(;´Д`)👌💦

 

また、タイトルに “お値段以上!” というフレーズがあります通り、工事と関係のない不具合?まで措置を施しました。🎁♪

 

✍(´-`).。oO(続きに記しますが…、、とある害虫がワンサカと湧いていたのです…。。)

続きを読む 0 コメント

お客様不満足度No.1の民泊消防

民泊の“消防法令適合通知書”
民泊の“消防法令適合通知書”を得たときの安堵感…。

消防署に届出をする際に、同業者の方と話す機会が二度あったのですが、その二名ともが『ウチは民泊には手を出しません』と仰っていました。💔((((;゚Д゚))))ナゼナノカ…

 

弊社はまだ、特区民泊の制度が始まって間もない頃から、民泊消防用設備施工・申請の業務に携わらせて頂いています。🔨♪

 

この “民泊消防” という市場を牽引し、ルールを作るぞ!という思いでやってきておりました。(今もですが)📝✨笑

 

✍(´-`).。oO(お陰様で数多くの現場を経験し、色々なお客様と関わる機会もあったので、ちょっくら記していきます…。。)

続きを読む 0 コメント

中央消防署と上町出張所の予防課届出管轄区域

大阪市中央区ビジネスパークと大阪城
大阪市を代表する場所それが中央区。

大阪の観光スポットが集中している中央区ですが、そのせいもあり民泊の申請もダントツで多いようです。💣💦

 

そして中央区は大阪市内で唯一 “予防課が二か所ある” 消防署でして、既設の建物に関しては一部エリアについて “上町出張所” の予防課で対応するというルールになっています。🏯✨

 

その為、よく中央区の防火対象物に関する手続きをされるお客様が『中央消防署行ったら、上町出張所にたらい回しにされたわ~。』と仰っているのを聞きますが…。🚒(;・∀・)‼

 

明確に分かれているので、ここに広報させていただきます。📝

続きを読む 0 コメント

消防水利は広いな大きいな

消防隊放水ショー
消火活動に必要な“水源”の種類は…。

“消防水利” の標識は至る所で見かけることができますが、その種類や設置基準についてご存知の方は少ないかと思います。⛆👀💦

 

そしてもう一つ、“消防用水” という括りがあります。⛲

 

よく “防火水そう” を点検時に確認することがありますが、点検報告書の分類では “消防用水” となっているんですね。 📝✨

 

大体想像がつくかと思いますが、“消防水利” や “消防用水” は消防隊の方が消火活動を行う際の水を確保する為の水源を指します。🚒

 

ただ、分類がありますので、続きにそれを記していきます。✎

続きを読む 2 コメント

屋内消火栓用配管と“兼用”の連結送水管耐圧試験

同じ配管に屋内消火栓と連結送水管のテスト弁
同じ配管に屋内消火栓と連結送水管のテスト弁がある。

大型の防火対象物では、屋内消火栓連結送水管という水系の消防用設備の設置義務が両方生じてきます。🏢(;´Д`)‼

 

この場合、各々別で配管をしても勿体無いので、屋内消火栓連結送水管の配管は兼用できることが認められています。🍡✨

 

そして、この兼用の際にもう一つ “お得” なのが、『連結送水管耐圧試験を兼用の部分のみ省略できる』という所です。💯

 

正確には、連結送水管の “送水口から屋内消火栓の配管と接続される前の逆止弁までの耐圧試験でよい ”とされています。📝

 

✍(´-`).。oO(何かモンハンの “フルフル” みたいな画像…。。)

続きを読む 0 コメント

“お祭りの日”は消火器の出番

火気ある所に消火器
火気ある所に消火器あり…。

毎年この時期になると弊社の事務所前に “だんじり” がやってくるお祭りが開催されます。🏮

 

今年はその盛り上がりにあやかって、弊社一同も飲み食いしようではないかという企画が立ち上がりまして、就業後にワイワイやっていたので、その雰囲気をブログ記事にさせて頂きます。📝

 

とは言っても、そのまま “楽しかった!” というメッセージだけでは需要が少ないと思いますので、お祭りの日につきものである “火気” と消防法についても記事中でかみ砕いて紹介させて頂きたいです。🚒💦✨

 

✍(´-`).。oO(面白くなりそうだ…。。)

続きを読む 0 コメント

またコッソリと民泊の消防法が改正されました

民泊に設置する自火報の種類が消防法改正
民泊に設置する自火報の種類が消防法改正で…。

住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行されてから、もうすぐ一ヶ月となります。📅

 

消防法がボトルネックになり、民泊が営業できない。』

 

…という事実を、オーナー様側から指摘されたり、ニュースサイトで特集されたりで、防災屋消防設備士も色々思うところがあります。🗼(´・ω・`)‼

 

そんな中、またコソッと民泊消防法が改正されました。💡

 

今回も “特定小規模施設” の定義が変わったりと、結構な影響がでると予想されるものでしたので、続きをご確認ください。📝💦

続きを読む 0 コメント

電気主任技術者の実務

自家発電設備のメンテナンスも電気主任技術者
自家発電設備のメンテナンスも電気主任技術者が…。

先日、弊社社長と、超優良ビル管理会社さんの社長とのコネクションにより、電気主任技術者の方々の "実務に立ち会わせて頂けるという大変貴重な研修の機会を設けて下さいました。🔎✨

 

電験三種の資格を取得したものの、建物の高圧受電などの管理を任される "主任技術者" になっていない管理人のような者にとって、実際に何をしているのか?を見ることができたのは非常に有難い事でしたし、想像が膨らみました。🔋(´∀`*)ウフフ♪

 

また、複数のビルを案内して頂けたのですが、どの主任技術者の方も本当に親切に接して下さいまして、電気についてだけでなく、あらゆる "お役立ち情報" を教えて下さいましたので、感謝の念も込めまして、ここに共有させて頂きます。📝❕

続きを読む 2 コメント

民泊への用途変更で"煙感知器"に交換するケース

右:煙感知器、左:感知器用ベース
右:煙感知器、左:感知器用ベース

(5)項ロ 共同住宅から、(5)項イ 民泊の用途に変更するケースや、共同住宅の一部民泊として使用する際に、既設の熱感知器を煙感知器に変更しなければならないケースがあります。🔨❕

 

主なケースは以下の二点です。📝

  1. 無窓階共同住宅民泊にする場合
  2. 11階以上の部分がある共同住宅民泊にする場合

感知器交換の作業自体は簡単なものですが、煙感知器の価格が定価ベースで熱感知器の6倍程度になりますので、できれば避けたい民泊運営上の初期コストと言えるでしょう。💔(;´Д`)💸💦

 

✍(´-`).。oO(根拠法令と管理人の見解を記します…。。)

続きを読む 0 コメント

"発信機"の種類と設置基準

"発信機"とはベルを鳴らす押し釦(ボタン)
"発信機"とはベルを鳴らす押し釦(ボタン)のこと…。

火災報知器と言えば…で一番に思い出されるのが、この "発信機" である方々も少なくないでしょう。🔘☜(´∀`*)ウフフ

 

本体に "火災報知機" と記載されている通り『他のボタンと違って、押したらマズイことになるよ!』と主張しております。🚨

 

また、上記の文章で火災報知「器」と「機」が早速織り交ざっておりますが、基本的には「器」の方が業界内では用いられることが多いですね。🍳💦

 

✍(´-`).。oO(設計図を書く時にも、発信機の種類や位置は気にするポイントの一つでして…、、以下でご紹介させて頂くこととします…。。)

続きを読む 0 コメント

TOKYO国際消防防災展2018レポート【後編】

空飛ぶ"キュータ"君
空飛ぶ"キュータ"君が愛らしいですね…。

さて、"TOKYO国際消防防災展2018【前編】" に引き続きまして、後編の記事となります。📝(^^)/✎

 

画像左で空を飛んでいるのは "キュータ"君という、東京消防庁のマスコットキャラクターらしいです。🗼

 

東京消防庁のページに「赤いスーツは、未来の消防服で活動性に優れており、消防の赤のイメージで勇敢さと精悍(せいかん)さを表しています。」と記載されています。🚒❕

 

どちらかというと "ヘルメットに目が付いている" 所に未来を感じますし、脱いだらどうなるのかと考えると、やはり未来を感じますし、思わずコスモを想像してしまいますね。🌎✨

続きを読む 0 コメント

TOKYO国際消防防災展2018レポート【前編】

TOKYO BIG SIGHTは"東京デカい場所"
TOKYO BIG SIGHTは"東京デカい場所"と直訳できる。

先週の6月2日(土)~3日(日)にて、東京ビックサイトで開催されました "東京国際消防防災展2018" に行ってきました。🚄💨

 

約2年前、IFCAA2016 OSAKAという同様の催し物に馳せ参じさせて頂きましたが、それよりも規模が大きいという噂を聞いていましたので、マニアである管理人の心は踊っていました。💃♪

 

最新の消防用設備インスタ映えする物品が多数展示されていた他、ここ2年の間に大きな動きがあった物事(例えば、"加煙試験器" のノンフロン化)などの情報にも触れることができ、大変有意義な機会となりました。🌎✨

 

✍(´-`).。oO(ネタが多く…、、【後編】にも続きます…。。)

続きを読む 3 コメント

ECO消防用設備点検による差別化戦略

環境面に配慮したECO消防用設備点検
どうすれば社会のためになるサービスを続けられるだろうか…。

昨年度末に "グリーン購入法" の特定調達品目に「加煙試験」の項目が追加され、今まで当たり前に使用されてきた "フロン類の入った加煙用試験ガス" が、国交省の点検業務にて使用できなくなりました。🚫\(゜ロ\)(/ロ゜)/💦

 

その為、ボンベを用いない『楽ECO』のような "ヒーター式" という煙発生機構が採用された製品のニーズが飛躍的に高まりました。

 

さらに、その先の来たるべき変化について東京国際消防防災展2018にて、アークリード㈱社の尾阪社長が直々に登壇されたセミナーに管理人も参加させて頂きました。👂♪

✍(´-`).。oO(以下に詳細を記していきます‥。。)

続きを読む 0 コメント

統轄しやがれ! ※防火管理者の話

防火管理者のネームタグ
某消防署にあった仰々しい防火管理者のネームタグ。

"統轄防火管理者" の制度をご存知でしょうか?(´・ω・`)💡

 

簡単に言いますと、雑居ビルなどで複数のテナントが入っている建物で何名もの防火管理者が選任されておりややこしいので、それらの防火管理者を取りまとめる役割を担うのが統括防火管理者です。🏪\(゜ロ\)(/ロ゜)/💈

 

もっと簡単に言いますと、防火管理者たちを管理するのが統括防火管理者です。🏢♪

 

✍(´-`).。oO(この統括防火管理者を定めるべき防火対象物はどのような場合であるかに加えて‥、、その責任範囲について続きに記していきます…。。)

続きを読む 2 コメント

"非常照明"の設置基準

埋込型の"非常照明"
誘導灯の手前にある埋込型の"非常照明"。 ※クリックで拡大

『なんや、このライトいっつも点いてへんな…球切れか?🔦』

 

このような電灯を見かけたことは無いでしょうか。💡 (・・?

 

…もしかしたら、それは "非常照明" かもしれません。🔌♪

 

"非常照明" は、停電時のみバッテリーで点灯する "建築設備" の一種になります。🔋✨

 

✍(´-`).。oO(最近、特区民泊民泊新法による民泊に "非常照明" の設置義務が生じることが多発しておりますので…、、続きに設置基準やモノについて紹介させて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント

消火モンスター召喚の儀式

海水利用型消防水利システムの模式図
海水利用型消防水利システムの模式図。

火災の規模には “小火(ぼや)” から、山火事や震災の二次被害などで発生する “大火(たいか)” まで様々です。🔥

 

その為、消火をする為の機器の種類・パワーも大小さまざま用意されています。🌊(;・∀・)🚒💦

 

ここでは “消防マニア” さんからご紹介頂きました(本当に有難う御座います)、普段見かけることのない規格外の威力を誇る “消火モンスター” を紹介させて頂きます。🐉💨

 

🗻(´-`).。oO(毎分4000 ℓ 以上の放水って…、、圧倒的過ぎて想像できません…。。笑)

 

参考:日本機械工業株式会社

続きを読む 0 コメント

“無窓階”を算定書で“有窓階”に変更

避難上有効な“窓”が少ないと消防法上の“無窓階”
避難上有効な“窓”が少ないと消防法上の“無窓階”に…。

(5)項ロ 共同住宅の用途を(5)項イ 民泊に変更する際に、当該防火対象物が “無窓階” に該当する場合、自動火災報知設備“熱感知器” を “煙感知器” に変更しなければなりません。💸💦

 

✍(´-`).。oO(共同住宅非特定だから“熱”でOKでした…。。)

 

以前、民泊への用途変更に際して感知器の変更の指導を受けた現場にて、設計士の方から以下の情報を入手しました。👴👓

『あそこは…、窓の種類を変更したから…、有窓階判定にできるよ…。』

 

…という事で、“有窓・無窓階算定書” を作成し直して提出することで、有窓階判定に変更した際の手順を書いていきます。🖼✨

続きを読む 0 コメント

民泊適正管理主任者の資格講習レポート

民泊適正管理主任者認定講習はDVD
民泊適正管理主任者認定講習はDVDを用いた授業であった。

先日、会社のデスクに 民泊における防火・防災対策 ご担当者様 宛の封筒が、ポンッと置かれていたので開けてみると『民泊適正管理主任者』の資格講習の案内でした。📨(´・ω・`)✂

 

以前から実務でお会いする行政書士さんや宅建士さんの名刺に、この『民泊適正管理主任者』という肩書きが綴られている事から名前は知っており、また講習制であり資格取得のための勉強が一切不要であることも調べて把握はしていました。📇(;´Д`)👌

 

うーん、と5秒ほど唸った後、行こう!という事で仰々しい名前の “民泊” に関する資格を取ってまいりました。📀♪

 

今後受講をされる方々のお役に立てる記事を目指します。📰✨

続きを読む 0 コメント

“C H I N A” と 消防用設備

中国の消火器BOX
“火警119”と書かれた中国の消火器BOX。

元々弊社のTwitter上では、海外の消防用設備について小出しにしてきました。🐣♪

 

日本のモノとの違いを知ることで、より興味が湧きますね。🗻

 

しかしなぜ今ここで “CHINA” に限定して記事を作成するかというと、以下の二つの理由があります。✌

  • お隣の中国・台湾の消防用設備写真が溜ってきた。📷
  • 高中正義の “CHINA” という楽曲が面白かったので、広報したくなった。🎤♪

🎸(´-`).。oO(続きを以下に記していきます…。。)

続きを読む 1 コメント

商店街アーケードの連結送水管耐圧試験

動力消防ポンプと弊社軽トラック
動力消防ポンプで商店街アーケードの配管内に水を送る。

皆様お馴染みの “商店街” のアーケード(屋根付きの歩道)は、延長50m以上になると連結送水管の設置義務が生じます。📁💦

 

また、連結送水管の配管は施工後10年を超えると配管の耐圧試験を実施する義務が生じ、以降3年毎に耐圧試験を行なっていきます。(;´・ω・)⏰

 

今回はその(18)項 商店街アーケード耐圧試験のご依頼を受けて実施してまいりましたので、その模様を記事にしました。📝

 

✍(´-`).。oO(昔から別の商店街の耐圧試験はさせて頂いておりましたが…、、今回は新しいアーケードについて…。。)🚒♪

続きを読む 1 コメント

“たまちぇる”を吉本坂46に投票!

“たまちぇる”が消火器
“たまちぇる”が消火器にもカスタネットを…!!

何と、我らが “たまちぇる” が、吉本坂46という秋元康さんがプロデュースするアイドルユニットの三次審査のメンバーに選べばれております❕\(゜ロ\)(/ロ゜)/🎉

参考:たまちぇるのTwitter

 

これは大変凄い事で、吉本坂46は応募者1741名という “よしもと所属のあらゆる芸人さん”の中から一次審査の書類選考・二次審査の自己PRや歌唱力審査という厳しく狭き門を潜り抜けてきております。🎦✨

参考:よしもとニュースセンター

 

そして三次審査があるのですが、それが吉本坂46公式サイトからの “一般投票” という方式が取られるのです。(・ω・)ノ🎫

参考:吉本坂46公式サイト

 

カスターニャtantan!!公認(※公式ではない)のファンとして、是非たまちぇるがメンバーになるよう支持したいわけです!📣♪

続きを読む 0 コメント

流水検知装置の誤作動 part.2

流水検知装置(アラーム弁)誤作動
流水検知装置(アラーム弁)誤作動の原因と対処法は…?

スプリンクラー設備アラーム弁と呼ばれる “流水検知装置” は、スプリンクラーヘッド補助散水栓からの放水で、配管内の水が動いた事を電気信号に変える役割を担っています。🌊→⚡

 

流水検知装置が働くと、事務室などの人がいる場所で警報が鳴るように設定されています。🔔♪💦

✍(´-`).。oO(アラーム弁の近くでサイレンが“ウーッ”と鳴ったり…、、自火報のベルが鳴ったりするようになっている事が多いです…。。)🚨

 

今回は自火報と連動していた為、全館ベルが鳴動しました。📣

従業員さんが受信機音響を停止した後に、弊社へ連絡があり急いで駆けつけ対処致しました。👷❕

続きを読む 0 コメント

屋内消火栓、位置動かしたってよ。

屋内消火栓の移設
屋内消火栓を赤い矢印の分だけ移設しました。

今回の屋内消火栓移設工事は、元々あった箇所に新たに間仕切りを含む事務所を設置したいというお客様のニーズが背景となって発生しました。💡👷🔧

 

当該フロアは令別表第一でいうと(14)項 倉庫であったため、移設後の消火栓が見えるように物品を撤去してもらった後に正しく行いました。(;・∀・)ノ📦💨

 

また、消火栓の移設は水系の配管工事だけでなく、遠隔起動ボタンや、発信機・ベル・表示灯の自火報の電気配線を収容する金属管も延長する必要がありました。🎣💦

 

✍(´-`).。oO(以下にビフォー・アフターを記します…。。)

続きを読む 0 コメント

配管圧力摩擦損失計算書でExcelを学ぼう!

スプリンクラー設備の摩擦損失計算書
スプリンクラー設備の摩擦損失計算書。 ※クリックで拡大

スプリンクラー設備着工届を作成する上で、図面類の次に参入障壁となっているのが “圧力損失計算書” の作成ではないでしょうか。💔(;´Д`)💦

 

1類の消防設備士の試験で、もっと “圧力損失計算書の作り方!” みたいな実務に近い問題が出れば…と常日頃思っていました。📝

 

そして弊社にあったExcelファイルを晒して記事を作ろうとしましたが、いざ同じようなものがないかとググってみたら結構あったので 「なんだ…後発か」と少しガッカリしました。(;´・ω・)💻

 

ですから、よりExcelの説明に近づけて差別化し、初心者の方でも取っ付きやすい事を狙ったページになっています(はずです)。🔰

続きを読む 0 コメント

【埋込】連結送水管の“逆止弁”交換

埋込の“送水口”配管系統工事
埋込の“送水口”配管系統工事は土木作業も…。 ※クリックで拡大

既設の連結送水管 “送水口” と “逆止弁” の交換工事を弊社にて行いました。👷🔧♪

 

本工事で交換しました “送水口” はマニアな方々に人気の “ニョキっと生えた” タイプのものではなく “壁面埋込” という四角形のカバーがされているものでした。(;・∀・)🎪

 

そして大変であったのが配管が “埋設” であったため、地面に埋め込んである配管にアクセスするために土木工事が必要であったことです。💪💦

 

✍(´-`).。oO(消防設備士は…、、何でも出来るナア‥。。)

続きを読む 0 コメント

避難器具が設置できない箇所の特例

避難はしご降下空間確保の加工テント
吊下げ避難はしごの降下空間確保のため加工されたテント。

避難器具” は5類の消防用設備で、主に設置されているのが “避難はしご” “緩降機” “救助袋” に分類されるものになります。💡

 

この記事の現場となった防火対象物では、そのいずれもが消防法に則った設置が不可であったため、特例認定がなされました。📝

 

今回の特例を簡単に述べますと、 “緩降機” や “吊下げ避難はしご” の降下地点である安全な広場・道路に面しているする “避難空地” を設けられる箇所が無かったため、“吊下げ避難はしご” で一つずつ下の階に降りていくという手法が取られました。🎳♪

 

✍(´-`).。oO(“避難ハッチ” みたいな扱いですね…。。)

続きを読む 0 コメント

消防署“予防担当者”の就活(フィクション)

“予防課”という消防設備や防火管理の部署
殆どの消防署には“予防課”という消防設備や防火管理の部署がある。

今週は立続けに3回 “消防検査” を受ける機会があり、その際所轄消防署予防担当の方3名に以下の質問をしてみました。🎩

 

『就活の時点で消防署に予防課があるの知ってましたか?』🚒

 

3名の返答は、以下の通りでした。💡

知りませんでした。もうペンを握りたくないと思ってこの仕事を選んだのに…。』

知りませんでした知ってる奴いたら相当マニアですよ。』

知りませんでした前は違う署の現場にいたので、異動の際は驚きました。』

 

コチラの事実に基づき、“働き方” について考えていきます。 🌱

続きを読む 4 コメント

甲種2類消防設備士試験の問題と解答(鑑別) from りゅうさん

りゅうさんコメント
りゅうさんから頂いたコメントのスクショ。 ※クリックで拡大

りゅうさんより何と消防設備士甲種2類の試験に実際に出題された “鑑別” と “製図” の情報を、ブログコメント欄にてご提供して頂けました。📖\(゜ロ\)(/ロ゜)/✨

 

コチラの情報を参考にさせて頂きまして、管理人が模試のようなものを作成させて頂きました。📝

 

これから2類の受験を考えている方のお役に立てればと思っております。🌸♪

 

改めまして、りゅうさん本当にありがとうございました ❕ 🐉

 

✍(´-`).。oO(鑑別で力尽きましたが…、、後々製図も…。。)

続きを読む 0 コメント

殿も愛した“加熱試験器”

加熱試験器にてあぶる
熱感知器を“加熱試験器”にて“あぶる”様子。

消防用設備点検という業務自体の知名度は現在まだまだ低いものですが、その中で皆様も見たことがある動作として “火災報知機の試験” が挙げられます。🔎👀❕

 

小学校の時に教室に入ってきて、天井まで棒を伸ばして何やら怪しげな行為をやっていたのが消防設備士による加熱試験器を用いた “消防用設備点検” であったわけです。👷♪

 

🏫(´-`).。oO(管理人は全く記憶に無く…、、この仕事を始めるまでその存在を知りませんでした…。。)

 

では、続きに火災報知機の点検業務である、通称 “あぶり試験” について記していきます。📝(・ω・)ノ✎

続きを読む 4 コメント

“点検済証”を覗くと見える未来

様々な消防設備“点検済”シール
様々な消防設備“点検済”シールが存在するが…。

先日、弊社社長より以下のようなLINEが入りました。📲

「設備シール “偽造” 発見」‼

 

この “設備シール” とは消防用設備点検をした際に消火器以外の設備に貼り付ける云わば点検済シールです。🔎

✍(´-`).。oO(シール自体にも “点 検 済 証” と記載されています…。。)

 

なぜ、“偽造” という表現がされたかというと、弊社が貼っている“点検シール” は “大阪府消防防災協会” という一般財団法人から高いカネを払って買っているものであり、それと外観がそっくりであったためです。👯💦

以下に、当 “そっくりさん” 点検シールについて記します…。📛

続きを読む 2 コメント

防災用品BOXお手本を公開!

防災屋の防災用品ボックス
防災屋が持っている“防災用品ボックス”の中身は…?

防災において “自助” の対策は不可欠です。💪(´-`).。oO

 

しかし、弊社は仮にも “防災” という単語が社名に付いている企業ですので自助だけではいけないませんし、皆様には防災企業の取り組みを見て真似をしてもらわなければなりません。🏢✨

 

弊社Twitterでも消防用設備に関する話題以外では、やはり “防災管理” について有識者の方と意見交換する機会が多いです。🐣❕

 

まず、出来ることから取り組み、徐々に規模を大きくしていきたいと思っています。🚽(;´Д`)👌✨

 

責任感を持ち “公共の福祉” を考えた防災対策をしていきます。💡

続きを読む 0 コメント

3階以上に"特定小規模"の感知器をつける"特例"

ペアリング中の特定小規模施設用自動火災報知設備
ペアリング中の特定小規模施設用自動火災報知設備

(5)項イ 民泊や、(6)項の病院・福祉施設などの防火対象物において延べ面積に関係なく自動火災報知設備の設置が必要になり暫く時間が経ちました。⏰(;・∀・)👌

 

特に既存の "一戸建て" を活用する場合、3階以上になると有線の自動火災報知設備を設置しなければならないケースが多く、費用面の負担が大きく参入障壁になっているとの声が相次いでおりました。💔

 

そこで、ついに消防法施行令第32条のいわゆる "特例" が通知されましたので、以下に解説させて頂きます。🎤♪

 

💸(´-`).。oO(参考にして…、、不必要な出費をカット‥。。)

続きを読む 0 コメント

“防災”対策をしないヒトの心理

危険な思い込みを打破
危険な思い込みを打破するには…?

いずれ来ると分かっている地震や付随する火災などへの対策、すなわち防災対策を行っていると自信をもって言える方はどれほどいらっしゃるでしょうか。🔥(;´Д`)💦

 

ヒトは現実逃避をする為に「自分は大丈夫」「何とかなる気がする」等と根拠のない思い込みを作り出して安心しようとします。💔

 

✍(´-`).。oO(心理学で “認知的不協和” といいまして…、、例えば取れないブドウを「どうせ酸っぱいんだろう…」と考えて食べたい気持ちを消そうとするイソップ物語のすっぱい葡萄の話があります…。。🍇)

 

多くのヒトがもつ “都合の良いウソ” を乗り越える手段として、消防法を厳しく…等の行政による強制には限界があることが分かってきています。

 

以下で、“行動経済学” と “ナッジ” という理論を用いて思考を進めていきます。📝✨

 

続きを読む 0 コメント

台所用の“自動”消火装置

左:感熱ヘッド(62℃) 右:本体容器(強化液)
左:感熱ヘッド(62℃) 右:本体容器(強化液)

“超”有効であると考えられる、キッチン用の“自動”消火装置を設置しました。✨👷🔧

 

確実に “初期消火” が可能という点で、こちらの製品は消火器と比較すると一線を画すものだと言えるでしょう。( `ー´)ノ🏁♪

 

また、消火活動を行わなくてよいため、現代の高齢化社会において大きな需要がある…、と思いますが全然普及していません。💔

 

施工の様子と共に、このような極めて効果の高いものが消防法による規制“外”の一般住宅に設置される為の作戦を考え、記していきます…。(・ω・)ノ✎

続きを読む 0 コメント

特定一階段“等”防火対象物

特定一階段(とくていいちかいだん)
特一(とくいち)や特定一階段(とくていいちかいだん)とも。

特定一階段等防火対象物 の意味を簡単に言いますと、「地階や3階以上の階に特定用途があって、そこから避難階までの階段が1つしかない防火対象物」の事を指しており、消防用設備の設置基準が他と少し異なります。🚫(;´Д`)❕

 

つまり、不特定多数の人が利用する危険性の高い用途が地上から離れた階にあって、階段が1つしかないと逃げ遅れる可能性が高いので名前つけて厳しめの規制を適用しましょう、となっているわけです。🏢💦

 

最近(5)項イ の民泊などが建物の上階に入り、“特一” になる防火対象物が増えているので、ここに注意を纏めておきます。📝✨

続きを読む 1 コメント

防排煙設備“連動制御器”の交換工事

3種の煙感知器、防火シャッター及び連動制御器
左:3種の煙感知器、中央:防火シャッター、右:連動制御器

防排煙設備の “連動制御器” は、3種の煙感知器が発報することで防火シャッターを閉鎖させる 為の設備です。💡

✍(´-`).。oO(“連動操作盤” との違いは本文中に記します…。。)

 

正確には消防用設備ではなく防火設備に分類されますが、防火区画を形成し人命を火災から守る上で重要な役割を果たします。🔥

 

防火対象物の中には、防火区画があることを条件に消防用設備が免除されるケースもある為、防災屋は “防排煙設備” に関しても詳しい必要があります。📝✨

 

改修工事の模様等を以下に記していきます。(^^)/✎♪

続きを読む 3 コメント

電源別置型の非常警報設備(システム用)を改修

最大30台の非常警報設備一体型機器を動作
別置きの電源より最大30台の非常警報設備一体型機器が動作。

今回改修した非常警報設備は、別置の予備電源より24Vの電力を供給して動作させるタイプ のものでした。⚡( ゚Д゚)❕

 

多くの非常警報設備は100Vの電源を本体に直接供給し、音響にはサイレンが採用されています。🚨♪

 

一方、こちらは例えるならば、別置きの電源が自火報受信機のような役割を果たしています。🎫

 

そこから総合盤と同じ形状の一体型機器に、総合盤と同じ24Vのみ を送って作動させます。🔋(;´Д`)👌✨

 

最後に価格などを比較してメリットなども考えてみました…。💰

続きを読む 0 コメント

民泊には“防炎物品”を使用下さい

“防炎”タグの有無は必ずチェック
消防検査時に“防炎”タグの有無は必ずチェックされます。

民泊を営業するにあたって “消防法令適合通知書” を取得するために最適化すべきは以下の二点です。✌( ゚Д゚)🚒

  • 民泊用途変更の為に則した 消防用設備の設置
  • 防火管理者の専任や防炎物品の使用等の 防火管理

消防検査の際によく引っかかるのは消防用設備ではなく防火管理面で、防炎物品の使用の有無は頻出指摘事項です。💔(;´Д`)💦

 

コスト面で目立つ消防用設備をしっかりしていたら、防火管理上の事柄で足元をすくわれる…、などという事で適合通知書取得日程が延びてしまわないためにも、要点を纏めておきます。💡

続きを読む 0 コメント

リング型の表示灯を設置しました

リング型表示灯の外観
リング型表示灯の外観。

以前話題になりました “リング表示灯” が採用された “総合盤”弊社にて施工しました。(・ω・)ノ🔧

 

“表示灯” とは皆様も一度は見たことがある “あの赤い丸っこいランプ です。🔴✨

 

📷(´-`).。oO(イメージがわかない方…、、続きに写真を載せますのでご覧ください…。。)

 

従来の表示灯は前面に出っ張った作りであったため、障害物が当たりやすく割れることもしばしばありました。💔

 

一方、コチラは総合盤本体と “フラット である為、表示灯部分に衝撃が集まることはありません。💪(;´Д`)♪

 

配線工事もいつもと少し異なりますので、纏めておきます。💡

続きを読む 4 コメント

水道直結SP増圧ポンプユニットの搬入

スプリンクラー用のポンプユニット
水道直結式スプリンクラー用のポンプユニットが吊られている様子。

補助水槽付きのポンプユニットが要る “特定施設水道直結型スプリンクラー設備” を設置する防火対象物の施工を行いました。👷♪

 

それに際して、一つ問題が発生しました。🚛❕

道が狭くて、2tトラックが入れない。

 

そこで一度、下ろして移動させようという事になったのですが、今度は以下の問題が発生しました。💔(;´Д`)💦

どうやって設置場所まで移動するの?

 

…ということで、単管パイプを組んで櫓(やぐら)を作り、チェーンブロックでポンプユニットを吊って移動させました。📎

✍(´-`).。oO(以下に、その模様を記していきます…。。)

続きを読む 0 コメント

配管の保温ラッキングやり替え工事

改修後の保温ラッキング
改修後の保温ラッキングが描く綺麗なカーブ。

弊社の “社長を含む計3名” で、補給水槽から地上に降りている配管ラッキング(保温材)の工事を行いました。🔨👷✨

 

✍(´-`).。oO(既設ラッキングの劣化による改修でした…。。)

 

既設の消火栓バルブ類などを変更する際に、保温材を除去して、配管・バルブを新しく交換した後に当該部分のみのラッキングをやり替える等の 軽微な保温工事” はこれまでもありました。💡

 

しかし、今回のような既設配管の縦系統まで足場を組んでやりかえることは珍しく、貴重な機会であったと言えます。🎳♪

 

以下に工事の前・中・後を記していきます。(・ω・)ノ✎

続きを読む 0 コメント

科目免除できた消防設備士講習

消防設備士4・7類の法定講習スライド
消防設備士4・7類の法定講習スライドのトップ画面。

先日の消防用設備講習受講から3か月以内であったので、科目免除を受けることにより午後からの参加 となりました。☀🕶♪

 

今回は “警報設備” という事で、4類の自動火災報知設備火災通報装置と7類の漏電火災警報設備についての講話が行われました。⚡(・ω・)ノ📣

 

最近ブームの特定小規模施設用自動火災報知設備や、IP回線が普及してくる中で法改正や通知が行われた火災通報装置などの旬な話題を集めてくれていた為、聴講し甲斐がありました。💡✨

 

また、今回も効果測定の問題&解答を記させて頂きました!📝

続きを読む 0 コメント

献本頂いた“ピクトさんの本”

ピクトさんの本
弊社ツイッター担当者宛に送られた“ピクトさんの本”

弊社ツイッターご担当者様” 宛に、『ピクトさんの本』という、“されるがままのピクトグラムに対する哀愁” を感じるために様々なピクトグラムが集められた写真集が届きました。📷❕

 

✍(´-`).。oO(こちらはTwitter上での “やりとり” より、、ご紹介頂いたことが始まりになっています…。。)

 

もちろん本の方を楽しく拝読させて頂きましたが、このような出来事が起こったことに感激しております。🎁(´;ω;`)✨

 

以下、Twitter上と現実が繋がったやり取りと、そのオマケというかオチのエピソードについて記していきます。✎♪

続きを読む 0 コメント

火災通報装置の施工方法㊙part.2

火災通報装置と専用受話器の工事中
火災通報装置と専用受話器の工事中風景。

火災通報装置自動火災報知設備連動停止スイッチ設置猶予期間が平成30年度末ですが、その件数に負けじと “火災報知設備の新設工事” 依頼を頂いております。👷❕

 

こちらは、平成30年6月の民泊新法にむけて、“合法民泊化” にチカラを入れるお客様による特需と考えられます。📝

 

弊社にはお陰様で数多くの施工実績があり、有資格者もいる為、問題なくサービスを御提供できております。🎫(;´Д`)👌✨

 

これらの特需を完全に満たすには、より多くの業者による正しい対応、そしてお客様に「このようなものを、このように設置します」と知ってもらい、納得して頂く必要があるかと思います。📞

続きを読む 2 コメント

緩降機を…set&test

緩降機の降下試験をする消防設備士
緩降機の降下試験をする消防設備士。

5類の消防用設備避難器具” の中の一つである緩降機を施工し、降下試験を行った際の模様を、簡潔にまとめました。📝

 

最上階の緩降機ロープ長は15mあるため、消防設備士のように “慣れ” がないお客様は恐怖心を感じるかと思います。👻💦

 

有事の際に、高所から避難することへの不安があると、逃げ遅れる可能性もあります。🔥

 

この記事の後半には、実際に降下する様子を撮影し、YouTubeにアップロードした動画もおいております。🎥

 

✍(´-`).。oO(ぜひぜひ引き続き、、ご覧くださいませ…。。)

続きを読む 0 コメント

神戸の非常口は緑色で安全

避難口へ通ずる出口は緑色
避難口へ通ずる出口は緑色に塗装。

結構前になりますが、神戸市の現場にて某家具量販店の消防検査をされた現場監督の方から『非常口の扉自体を緑色に塗れって言われてるんやけどホンマ!?』と驚きの電話を頂いたことがありました。🚪

 

ハイ、神戸市は条例で非常口緑色に…🎨(´・ω・`)👌✨

 

大阪市の業者なんかが神戸市に入ってしまうと、そのような事が初耳になってしまうわけです。👂💦

 

✍(´-`).。oO(実際に塗られている扉を見たことが無い方も多々いらっしゃるかと思いますので、、以下に紹介させて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント

火災通報装置の設置省略法

赤い受話器に消防署から電話
ボタンを押すと赤い受話器に消防署から電話がかかってくる。

火災通報装置(正式名称;消防機関へ通報する火災報知設備)を新設する機会が増えております。📞

 

理由は(5)項ロ 共同住宅から、(5)項イ 民泊や(16)項イ 複合用途防火対象物への用途変更に際して、 延べ面積500㎡で設置義務が発生するためです。📝(;´・ω・)💦

 

✍(´-`).。oO(電話線(アナログ線)を引かなければならないので、、コストと手間がかかりますね…。。)

 

しかし、ありがたいことに設置免除の規定もございます。💡

その基準となるのが 消防署との距離 です。🚒❕

続きを読む 0 コメント

13条区画でスプリンクラー設備を省略

煙を排出する有効な排煙窓
煙を排出する有効な排煙窓を設置することも。

消防法令施行規則の第12条の2、及び第13条で定められている防火区画の条件が満たされれば、スプリンクラー設備の設置が不要である防火対象物とみなされます。🏢(;´Д`)👌✨

 

ただし、スプリンクラー設備という強力な消火設備の設置を除外するだけあり、その条件は厳しく設定してあります。⚠💦

 

貫通部の耐火処理防火ダンパ設置など、延焼のおそれのある箇所は徹底的に塞ぐ規則になっています。🙈🙊🙉

 

✍(´-`).。oO(設計当時からスプリンクラー設備の除外を志向しなければ難しいような決まりも…。。)

参考:総務省消防庁

続きを読む 0 コメント

消防用ホース耐圧試験

消防用ホース耐圧試験器
1号消火栓と消防用ホース耐圧試験器

製造年から10年経過した消防用ホースは “耐圧性能検査” を行わなければなりません。🚒💦

 

そして10年が経過したホースは、その後3年毎に耐圧試験をし、消防用設備点検結果報告書にその合否を記し、所轄消防署に報告します。📝

 

この法令は1号消火栓に用いられる “平ホース” のみに適用され、

易操作性1号消火栓及び2号消火栓の “保形ホース” は耐圧試験をしなくて大丈夫です。🍥(・ω・)ノ♪

 

✍(´-`).。oO(以下に作業手順などを記していきます…。。)

続きを読む 2 コメント

消防設備士講習受講@たかつガーデン

消防設備士講習用テキスト
実務でも役立つ消防設備士講習用テキスト。

消防設備士講習の “消火設備” 講習を受講してきました。🚒

 

消火設備講習の対象となる消防設備士免状は以下の通りです。🎫

前回、“避難設備消火器” の講習を受けた際に得た教訓の一つである科目免除というミッションも無事達成いたしました。🏁✨

 

✍(´-`).。oO(また、講習の最後に行われる “効果測定” の内容もメモしてきましたのでコチラに載せさせて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント

スプリンクラー設置基準について

スプリンクラー設備で消火
スプリンクラー設備で効果的な消火を。

(5)項イ 民泊や、(6)項ロ・ハ 福祉施設への用途変更に伴って、高過ぎるスプリンクラー設備の設置義務が生じてしまう防火対象物があります。❕👀💦

 

🚒(´-`).。oO(防災屋なのに…、、“生じてしまう” という “お客様目線” です‥!!笑)

 

せっかく事業を開始するのに、消防用設備に多額の費用をかけないよう以下をご確認下さい。💰

参考:日本消防設備安全センター

続きを読む 0 コメント

鈴鹿市と民泊新法のマッチング

鈴鹿消防の軽トラ
鈴鹿消防の軽トラ。

2018年6月15日より施行の民泊新法(住宅宿泊事業法)ですが、どのように活用すればよいのでしょうか。⏰

 

民泊新法を簡単に言うと『180日以内なら、届出だけで民泊を営業できる』 という旅館業法の規制緩和です。🍌

 

そして今まで民泊として利用できなかった 住居専用地域” にある一般の建物の一室などでも民泊可能になります。(;´Д`)👌✨

 

鈴鹿市は特に年に数回、とてつもなく混雑するときがあるのをご存知でしょうか?🚙💦

 

以下に、考えられるチャンスについて記していきます…。✎

続きを読む 0 コメント

超画期的エアロゾル消火設備は特類

エアロゾル消火装置
煙を用いて消火するエアロゾル消火装置。

先日、ヤマトプロテック社の営業担当の方々が来社し、エアロゾル消火装置という画期的な消火設備を紹介して下さいました。💡

 

当製品はジャンルで言うと3類の “不活性ガス消火設備” の用途に近いですが、まずはルートCの特類消防用設備として取り扱われるようです。🚒

 

✍(´-`).。oO(“ルートC” などの分類は後程記述します…。。)

 

こちらの製品について初めて伺いました時『これはヤバイ!3類に昇格したら革命がおこるぞ。』と感じましたので、以下にその正体について記していきます。👂✨

参考:K/SMOKE

続きを読む 2 コメント

防火コンサルタントしてません!

最近ちょくちょく、当ホームページ他業者様の仕事の役に立てているようで光栄に思っております。

一方で、業務時間中以下のような内容の電話を15分程頂くことがあります。📞

 

『〇〇のブログにこう書いてありますが、他に良い方法はないですかね?

 

『今から消防検査で、〇〇が不安なんですけど対策はありますか?

 

火災報知器の誤報を無くす裏技とかあったら、教えて頂けませんか?

 

‥いや、コチラは仕事中です!!時間泥棒はやめて下さい!!⏰(;´Д`)🕶

 

一応これまでタダでお答えしておりましたが、ハッキリ言って迷惑です!💦

 

✍(´-`).。oO(以下に、、防火コンサルティングについて記します…。。)

続きを読む 2 コメント

消防施設工事主任技術者の集団

主任技術者
やっと主任技術者になれた…と思いきや。

先日記事にしました “空気管のステップル打ち” の工事の際に書類を幾つか提出したのですが、その中で主任技術者とその免状のコピーが求められました。📝

 

安心してください…と云わんばかりに、多大な労力を投入して取得した電気主任技術者” の免状を先方に送付しておりました。⚡(・ω・)ノ🎫

そして現場で掲示を確認し、数々の業者の中から弊社を発見しまして、あるある…と思い自分の名前を見ていました。👀♪~

 

しかし、隣の大きい掲示板に某大手消防設備メーカーの建設業の許可証があり、主任技術者の欄をみると…“消防設備士甲種3類”との記載が ❕((((;゚Д゚))))💦

続きを読む 0 コメント

全飲食店で消火器設置の義務化

消火器は150cm程度の炎まで
消火器は150cm程度の炎までなら使用可能です。

以前は “延べ面積150㎡” を超えなければ、飲食店における消火器設置義務は生じませんでした。🏠

 

🗼(´-`).。oO(東京都・政令指定都市の8割・人口20万人以上の中核都市の半数は条例にて消火器の義務設置化はされていたようですが…。。)

 

しかし、糸魚川市大規模火災の経験を踏まえて、平成29年度中に施行令が改正により、“延べ面積0㎡” から消火器の設置義務化がされる予定です。🐟💦

 

この変化がによる新たな動きについて記していきます。✏

続きを読む 3 コメント

消火器詰め替え業務はオワコン

消火器の薬剤交換
消火器の薬剤交換の為に取り出す様子。

加圧式の消火器が劣化による破裂事故を相次いで起こしたため、本体容器の耐圧試験が義務づけられて以来詰め替え業務は減少の一途を辿っておりました。👼

 

現在、製造から10年を経過した消火器は、基本的に新品と交換をした方がお客様・業者共に得となる構図です。💰

 

一方で、糸魚川市大規模火災に出火元が “ラーメン屋” であったことから、(3)項ロ 飲食店において延べ面積に関係なく消火器の設置が義務付けられるなど、その必要性は高まっています。🍜

 

これから消火器とどう歩んでいくかを考え、記していきます。✏

続きを読む 0 コメント

空気管のステップル打ちは大変!

専用ステップルが400個
空気管専用ステップルが400個あるか確かめさせられた。

差動式分布型熱感知器(空気管)の撤去及び再敷設をしたのですが、その際 “専用ステップル” を用いて施工しました。🔨👷

 

以前「30歳を過ぎたら時が過ぎるのが早い」ということを繰り返し言う先輩をうっとおしがっていた20代が、いざ30歳になると「マジだった、伝えなきゃ」と思い同じ発言をするというツイートを見たことがありました。((((;゚Д゚))))💭

 

そして今回のステップルを用いた空気管工事ものっそい大変でしたので上記ツイートと同様の “伝えなきゃ精神” が強く芽生えた為、記事にさせて頂きます。🌱

 

✍(´-`).。oO(お役所仕事を入札でとった会社様の下で入らせて頂いたのですが…、、嫌がらせかと勘違いするほどチェックが細かくて往生いたしました…。。)🏢💦

続きを読む 2 コメント

水道局との事前協議

水道局との事前協議書
水道局との事前協議書を着工届と同時に所轄消防署へ提出。

水道直結型スプリンクラー設備を施工する際には、水道局との事前協議書を着工届に添付する必要があります。📎‼

 

⛆(´-`).。oO(給水にまつわる法律を遵守しつつ、、スプリンクラー設備に必要な水源・水圧を確保します…。。)🚒

 

水道屋さん(指定給水装置工事事業者)消防設備士が協力して設置する水道直結SPですが、今回は弊社にて水道局との事前協議を行い、スプリンクラー設備の施工を行うこととなりました。👥💭

 

今回の協議に際して、幾つか注意点があったので、そちらの広報と管理人が作った書類を併せて紹介させて頂きます。📚♪~

続きを読む 0 コメント

北区で非常警報設備を交換しました

NEW非常警報設備の複合装置
NEW非常警報設備の複合装置は従来より小型。

“北区で非常警報設備を交換しました” みたいなタイトルつけると、検索でヒットしやすくなるのか近頃よく目にします。👀‼

 

((((;゚Д゚))))デ、ナンナノ?💻

この記事では暗に“ウチで工事して下さい”と伝えたい気持ちを隠し切れないだけではありません。👷💭

 

弊社ブログは、もっとがめついです。🐧✨

何と、お客様サイドにお手伝いを期待しております。👲‼

 

✍(´-`).。oO(業務内容を把握していただき、、お客様でも可能な点検をお手伝いして頂ければ安くできますよ…というWin-Winの関係を…。。)👑

続きを読む 2 コメント

時を戻したくなったボールタップ交換工事

呼水槽ボールタップ
交換後の呼水槽ボールタップ。

消火設備の水槽系には必ず写真のような “ボールタップ” がついています。⚾

 

これが経年劣化等の様々な要因で故障した結果、「水が減っても給水されない」や逆に「水がずっとちょろちょろ出ていて警報盤にて “呼水槽満水” を出しやがる」等の諸問題が起こります。

 

写真のボールタップは単式の13A という大きさで、そこらの水洗便所のタンクに付いているようなものと何ら変わりはありません。🚾(;´・ω・)🚽💦

 

ですから、工事なんて超カンタン…なはずでした…。(;´・ω・)🔨

続きを読む 0 コメント

すべては補給水槽のせいで

屋上の補給水槽
夕暮れに映える屋上の補給水槽。

先日、補給水槽本体ごと交換をするという工事依頼を受けまして、無事遂行させて頂きました。👷🔧

 

当該補給水槽は、屋上の水槽に水を溜めておき、その重力によって消火栓SP配管内を加圧・充水しておく為のものです。🚒

 

そしてこの補給水槽経年劣化によるトラブルが多く、その殆どのケースが、配管内の錆(サビ)が逆止弁(チャッキ)や仕切弁(バルブ)を詰まらせることに由来します。💔(;´Д`)

 

✍(´-`).。oO(本当は “すべてはサビのせいで” というタイトルをはじめに思いついたのですが、、検索エンジンの都合上 “補給水槽” というワードは外せませんでした…。。)💻♪💦

続きを読む 0 コメント

防災屋2.0への挑戦

変革が求められる“2018”
変革が求められる“2018”に我々は何処へ…。

2017年の消防・防災業界は、特区民泊による特需福祉施設の法令遡及期限の〆切(平成30年3月末まで)があった為、バブルであったと言えるでしょう。🚒(;´Д`)💦

 

業界全体が忙しく、当市場において多数を占める規模の小さい企業はどこも仕事が溢れていたという印象です。👔

しかし、そのバブルの恩恵をきっちり受け、仕事をすることで、お客様に、世間に返すことができたでしょうか。❔

 

そして2018年はさらなる需要の増加、そして世の中の変化が大きくなると言われていますし、管理人もそう思います。🐈

新世代を担う防災屋はどうあるべきか、言及させて頂きます。📣

続きを読む 0 コメント

電験三種合格者講話ハイライト

電験三種について話した
偉そうに人前で電験三種について話してきました。

先日、電験三種について合格者の声を来年度受験をする方々に話してもらいたいという依頼を受けまして、話してきました。🎤

 

管理人の中では『これはチャンス、がっつり写真を撮ってホームページに載せよう…。』と思っていました。♪( ゚Д゚)💻

 

しかし、先方より “情報は伏せて下さい” と念を押されましたので、発表の際に手元でメモ代わりに見ていたスライドのみを公開させて頂きます。💔(;´∀`)

 

大変貴重な機会であることは重々承知でして、資格に合格しただけでこのような場を頂けた運にも感謝しております。🌸

 

このページが、電験三種を受ける方々だけでなく、あらゆる方、そう…例えば弊社は “採用活動” をしていますので就職・転職活動中の皆様に刺さればと思います。👔

続きを読む 2 コメント

広範囲型2号消火栓へのシフト

「消子ちゃん」(けしこちゃん)
広範囲型2号消火栓の広報キャラ「消子ちゃん」(けしこちゃん)

弊社Twitterアカウントにて、消火栓についてツイートした所、日本消防放水器具工業会の会長殿(送水口博物館の館長さま兼任)から直々にリプライを頂きました。|д゚)❕

 

その際、“広範囲型2号消火栓” の啓蒙活動を行われている旨を伺いまして、画像の “消子ちゃん” の存在を知りました。💡

 

そして、今朝デスクを見ると「青木防災㈱ ウェブ担当」宛に郵送物が…、、開封すると、消子ちゃん2体が!!(*´▽`*)📪

 

✍(´-`).。oO(これは調子に乗って広報せずにはいられないということで、記事にさせて頂きます…。。)

続きを読む 6 コメント

緑十字展2017に行ってきました

緑十字展の歴史は50年
素晴らしかった緑十字展の歴史は50年にも及ぶものでした。

本日は神戸国際展示場で開催されていました “緑十字展2017~働く人の安心づくりフェア~” に行ってきました。🚙♪

 

結論を簡潔に言いますと、大変楽しかった” という小学生の感想よろしくの有意義な時間で御座いました。🌹(*´▽`*)‼

 

管理人がこちらのイベントを知るきっかけになったのは、株式会社石井マーク様のTwitterのつぶやきでした。🐤✨

ありがとうございます。(いつもお世話になっております)

 

✍(´-`).。oO(それでは以下に、写真と共に “楽しそうなカンジ” を記していきます…。。)📷♬

続きを読む 0 コメント

【裏】採用情報【公式】

“採用活動”はじめました
“採用活動”はじめました。

弊社の採用活動を本格化するにあたり、採用ページを更新させて頂きました。💻

💣(´-`).。oO(採用ページなんて、どこも一緒じゃねーか…。。)と感じられる方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし『ホントのところ “青木防災” ってどんな会社やねん』という、応募者の方々がお持ちであろう疑問を少しでも解決できればと思い、ブログページにおいて赤裸々に【裏】情報を…。。🌸

 

あまり下手な事をし過ぎると、防災屋のイメージとかそういう敏感な問題に抵触する恐れがあるので注意します。💪(;´∀`)💦笑

 

 ✍(´-`).。oO(以下に詳細を記しながら少々ふざけます…。。)

続きを読む 2 コメント

二酸化炭素消火設備の撤去

二酸化炭素消火設備
屋外で老朽化した二酸化炭素消火設備。

3類に該当する消防用設備である “二酸化炭素消火設備” の撤去工事を行いました。🔧👷✨

 

現場の概要は以下の通りです。📝

  • 以前は “危険物貯蔵所” として運用されていた。
  • 現在は大きい水槽が置いてあるのみ。
  • 二酸化炭素消火設備の設置義務は無し。
  • お客様が屋外の老朽化したボンベを恐れていた。

写真と共に詳細と工事の模様を記させて頂きますが、確かにCO₂ボンベの発錆が酷く、危険なものとなっていました。☠💦

✍(´-`).。oO(時の流れが 消防設備を 危険物品に…。。)

続きを読む 0 コメント

点検報告書“電子化”で生産性UP⁉

消防用設備点検の報告書を電子化
消防用設備点検の報告書を電子化出来れば…。

先日 “消防機器等に関する研修会” に参加しました。🏫

 

様々な実務で有用であろう議題に加え、その後の意見交換会(立食)では、消防庁予防課の塩谷(シオタニ)様や、消防研究センターの塚目様とお話しさせて頂くことが出来ました。🚒|д゚)❕

 

大変貴重な機会を頂けたことに非常に感謝しております。🗽

✍(´-`).。oO(防災屋最大手“能美防災”様の会長殿にもご挨拶させて頂けました…。。)✨

 

この記事では特にこの時、管理人が実行したいという気持ちが強まった 点検報告書の電子化 について述べさせて頂きます。📝

続きを読む 0 コメント

電験三種まぐれ合格体験記

電験三種試験会場
電験三種試験会場であった大阪市立大学の校門。

昨年に引き続き、平成29年度第三種電気主任技術者試験を受験した所、まぐれ” で合格点に達し、資格取得できました。💯

 

続きを読んで頂ければ分かると思いますが、本当に “まぐれ” なのでエラそうな事は書きたくても書けませんでした。(;´∀`)👌笑

 

ですから、これから電験三種を受験される方の “肩の荷を下ろす” ような記事になればいいなぁ…と思っています。📝

 

✍(´-`).。oO(また、管理人自身もこれから電気主任技術者として、実務に携わっても良いという切符を頂けましたので、その心構えと言いますか、目標も併せて記させて頂きます…。。)✨

続きを読む 12 コメント

特区民泊化に伴いスプリンクラー設備の設置義務が生じるケース

民泊化に際してスプリンクラー設備の設置義務
民泊化に際してスプリンクラー設備の設置義務が…。

特区民泊化に伴って、建物全体にスプリンクラー設備の設置義務が生じるパターンの見積もりを、立続けに作成することになりましたので、詳細をここに記させて頂きます。📝

 

消防法の規制によりスプリンクラー設備の設置義務が生じる、ということは 予算的に特区民泊を営むことが非常に厳しくなる 事と同義であると言って間違いないでしょう。💔(;´∀`)💸

 

また、共同住宅などの非特定防火対象物を、特定防火対象物である民泊にすると、スプリンクラー設備だけでなく、他の消防用設備の設置義務も続々と生じてきます。💀❕

✍(´-`).。oO(続きをご確認ください…。。)

続きを読む 2 コメント

特区民泊の消防設備が免除された例

長屋の一部を特区民泊にする際に注目
長屋の一部を特区民泊にする際に注目すべきは…。

先日、特区民泊の消防検査を終えた物件が、消防用設備の設置を要しないものであったので、紹介させて頂きます。💡

 

民泊は、令別表1において“(5)項イ”の特定防火対象物に分類され、通常であれば延べ面積に関係なく自動火災報知設備の設置義務が生じます。(;´∀`)🚒💦

 

しかし、本件は長屋の一部を民泊用途として利用するケースで、当該民泊用途で使用する延べ面積が50㎡未満であったため、一般住宅の一部を民泊にする場合と同様の扱いとなりました。🏠

 

その為、現時点では消防設備が免除されることとなりました。

詳細を続きに記していきます…。✍(´-`).。oO

続きを読む 0 コメント

消火水槽内フート弁の交換工事

フード弁のろ過機構で異物の流入を防止
フード弁のろ過機構で異物の流入を防止します。

フート弁” は、消火に用いる水源の水位が消火ポンプより低い場合のみ、吸水管の先端に設けるものです。👷❕

 

ポンプ側の水が水源に戻らないように “逆止弁構造” となっている他、異物が消火用水に混ざらないように “ろ過” する装置の役割も果たしています。🔎

 

本工事では、経年劣化による腐食により、フート弁を通して水を吸わなくなっていたため、交換に至りました。💔(;´∀`)

 

フート弁交換工事の模様を、写真と共に記していきます…。✍(´-`).。oO

続きを読む 2 コメント

無窓階かい⁉

防音のスタジオ等は無窓階
防音のスタジオ等は無窓階の可能性大でしょう。

消防用設備を防火対象物にインストールする上で、重要な指標となるのが “十分な数・大きさのが有るかどうか” という事です。

 

消防法上で『避難上又は消火活動上有効な開口部を有しない階』の事を “無窓階” といい、無窓階と判定された建物は消防用設備の設置基準が厳しくなります。

 

自動火災報知設備を例に挙げますと、無窓階の場合は差動式熱感知器を全て煙感知器にする場合があります。※用途による

✍(´-`).。oO(値段が5倍くらい違うんですな…。。)

 

3階以上の戸建てで特区民泊をされる際は、有窓階か無窓階かで消防設備にかかる値段に開きが出ることも考慮すべきです!

続きを読む 2 コメント