消火活動上必要な設備



連結送水管


連結送水管の耐圧試験

上:耐圧試験が必要な連結送水管の送水口、下:スプリンクラー設備の送水口
上:耐圧試験が必要な連結送水管の送水口、下:スプリンクラー設備の送水口

消防法施行令第29条の規定により、令別表第一に掲げられる建築物で “階数が5以上で延べ面積が6,000㎡” や “階数が7階以上” の建築物には消防隊の方が有事の際に用いる連結送水管があります。🏢

 

高層階が火事になった場合、地上からの放水による消火が難しい為、地上にある“送水口”から消防ポンプ車を用いて加圧送水し、上階に設けられた放水口に消火ホースを繋いで消火活動を行います。🚒💦

 

その際の加圧送水の圧力に、送水口と放水口を結ぶ配管が耐えられるかを試験するのがこの連結送水管耐圧試験の目的です。⛲

✍(´-`).。oO(以下に…、、概要を紹介していきます…。。)

続きを読む 0 コメント

排煙設備


神戸の非常口は緑色で安全

避難口へ通ずる出口は緑色
避難口へ通ずる出口は緑色に塗装。

結構前になりますが、神戸市の現場にて某家具量販店の消防検査をされた現場監督の方から『非常口の扉自体を緑色に塗れって言われてるんやけどホンマ!?』と驚きの電話を頂いたことがありました。🚪

 

ハイ、神戸市は条例で非常口緑色に…🎨(´・ω・`)👌✨

 

大阪市の業者なんかが神戸市に入ってしまうと、そのような事が初耳になってしまうわけです。👂💦

 

✍(´-`).。oO(実際に塗られている扉を見たことが無い方も多々いらっしゃるかと思いますので、、以下に紹介させて頂きます…。。)

続きを読む 0 コメント