屋内消火栓・屋外消火栓


屋内消火栓


屋内消火栓の放水試験

消火栓などに用いられる消防用ポンプは、水道用等とは異なり、普段は動作しません。そのため、非常時に正常に機能するかという点検が重要になってきます。

建物最上階に、試験用のバルブがある場合はそこに試験用のホースを繋いで放水します。

この試験用バルブがない場合は、放水しやすい屋内消火栓から放水試験を実施します。


ポンプ室内に、ポンプ起動・停止ボタンが設けられているので、放水の準備が整い次第、起動ボタンを押します。各屋内消火栓に設けられている“遠隔起動ボタン”でもポンプ起動はできますが、停止の操作はポンプ室内でしかできないことが多いです。

放水バルブを徐々に開け、前回になった時の圧力を測定します。この時、バルブを一気に開けてしまうと、ウォーターハンマーという急激な水流の変化によって配管に衝撃が加わるので注意です。放水場所も、迷惑にならない箇所を選びます。


貯水槽のボールタップ交換


屋内・屋外消火栓設備やスプリンクラーがある建物には、実はどこかしらに水槽がついています。

水槽には水位維持のため、ボールタップが備えられており、水が減ると浮きが沈んで補水します。

 

しかし、さび等が配管に詰まること等が原因で不具合が生じる場合があります。

 

 

満水の警報が出続けたり、水道代が急に高くなった場合は要注意です。

水槽の給水に関するトラブルはボールタップ以外にもありますが、水源の不良の際はまずボールタップが正常に機能しているかを確認すべきであると言えます。

工事が必要な際は青木防災までお問合せ下さい。


消火水槽内フート弁の交換工事

フード弁のろ過機構で異物の流入を防止
フード弁のろ過機構で異物の流入を防止します。

フート弁” は、消火に用いる水源の水位が消火ポンプより低い場合のみ、吸水管の先端に設けるものです。👷❕

 

ポンプ側の水が水源に戻らないように “逆止弁構造” となっている他、異物が消火用水に混ざらないように “ろ過” する装置の役割も果たしています。🔎

 

本工事では、経年劣化による腐食により、フート弁を通して水を吸わなくなっていたため、交換に至りました。💔(;´∀`)

 

フート弁交換工事の模様を、写真と共に記していきます…。✍(´-`).。oO

続きを読む 2 コメント

屋内・屋外消火栓の設置基準

屋外消火栓放水試験の様子
屋外消火栓放水試験の様子。(Prisma使用)

屋内消火栓は、屋内に設置され、延ばしたホースから放水して火災を消火する設備です。🌊(;´∀`)

その建物の階ごとに、その階の各部分からホース接続口までの水平距離が、25m以下となるように設けます。(2号消火栓は15 m以下)

 

屋内消火栓を設置しなければならない建物は、その防火対象物の用途によって異なる他、延べ面積や構造などの条件より決定されます。🏢

 

屋外消火栓は、建物の周囲に設置され、建物の外側から放水して、主に1階や2階部分の火災を消火する消火設備です。🚒

✍(´-`).。oO(詳細を以下に記していきます…。。)

 

続きを読む 0 コメント

消火ポンプ停止できない制御盤の交換工事

消火ポンプ制御盤
“消火ポンプ制御盤” 工事時の写真。 左:Before 右:After

消火ポンプ制御盤” は、屋内消火栓屋外消火栓のポンプ “起動”“停止” を行う為の装置です。⚡(;´∀`)‼

 

消火栓には “遠隔起動ボタン” が付いており、各消火栓のある位置から消火ポンプを起動して放水活動に移ることができます。🚒

 

しかしポンプ停止は、消火ポンプ制御盤によってしか行うことができないよう消防法令上で定められています。📝|д゚)

 

✍(´∞`).。oO(なぜ遠隔“停止”はできないようになったと思いますか…??)

予備知識と工事の模様を、併せて続きに記していきます。…

続きを読む 0 コメント

動力消防ポンプが、屋外消火栓の代替設備にできる場合

動力消防ポンプは燃料を用いるため消火栓と異なり電源が不要
動力消防ポンプは燃料を用いるため消火栓と異なり電源が不要。

動力消防ポンプは、屋外消火栓の代替設備として設置可能な場合があります。

 

どのような場合に代替可能かというと、動力ポンプから半径100mの包含円内に防火対象物が収まる場合です。💡

 

これは、消防ホース5本までなら延長可能であり、1本20m ×5=100mとなり、その円周分を消火範囲とすることができるとされるからです。🚒💦

 

では、なぜ動力消防ポンプ屋外消火栓代替することを検討すべきなのかを、続きに記していきます。…✍(´-`).。oO♬

 

続きを読む 0 コメント

補給水槽の逆止弁交換

補給水槽は屋上等に設置
補給水槽は屋上等に設けられている。

補給水槽は、消火用配管の中に水を満たしておくための設備です。

屋上など、建物の高い位置に設置され、その水にかかる重力によって、配管内に消火用水を行き渡らせることができます。

 

なぜ、屋上に設置されていると思いますか?|д゚)💡

(´-`).。oO(答えは以下にあります…。。)

 

この補給水槽に配管内の水が逆流するという現象が発生することがあります。

その場合、逆止弁を交換するほか、他の配管も交換し、水槽内をきれいに清掃する工事が必要となります。……

続きを読む 0 コメント

“電極棒” の取付

電極棒3本
消火水槽に取り付けた電極棒3本の長さはすべて異なる。

電極棒” の設置工事は、青木防災では主に消火水槽用で取り付けます。

これの目的は、消火水槽内の “満水” と “減水” を感知してその信号を制御盤や自動火災報知設備の受信機に送ることです。

 

電極棒の長さは、水槽によって様々に設定します(規定なし)。

 “満水” を感知する棒は、ボールタップより上(通常の水位より上)で、オーバーフローより下に来るようにカット・設置します。

 

減水” の棒は、ボールタップより下(30 cm程度)に設定します。

 

水槽の水位状態を知るために欠かせない電極棒” について以下に記していきます。……

続きを読む 16 コメント

アニメにも描かれている消防設備

消防設備が盛りだくさんのワンカット
消防設備が盛り沢山のワンカットです。

 写真は、アニメ 『僕だけがいない街』 のオープニングテーマである “Re:Re:” の裏で流れているワンシーンです。🏫

 

これを見た瞬間、よく描かれているなあと思わず写真に収めてしまいました。(;´∀`)📷✨

 

いくつ消防設備が描かれていると思いますか?(。´・ω・)?💡

是非一度、数えてみて下さい。

 

答えは5つです。(数え方にもよりますが…。笑)🚒

以下に、私の解釈を記しました。✍(´-`).。oO♬

答え合わせの方、よろしくお願いいたします。笑|д゚)🌳🌳🌳


続きを読む 0 コメント

“ピトーゲージ” って何?

通称ジャバジャバ
青木防災ではピトーゲージの事を、「ジャバジャバ」と呼んでいます。笑

ピトーゲージは主に屋内、屋外消火栓点検時に使用します。

 

その作りは簡単で、ホースを接続部につないで放水するとその水が圧力計を通過し、放水圧が測定できるという仕組みです。

 

その後に水流が内部に設けられた壁に当たって勢いが弱まってジャバジャバと出てくるという仕組みです。

 

その為、青木防災ではピトーゲージの事を、「ジャバジャバ」と呼んでいるわけです。

 

以下に、通称ジャバジャバにまつわることについて記します。……

続きを読む 1 コメント