連結送水管


連結送水管|送水口|放水口
消防ポンプ車から加圧送水し放水する連結送水管。

連結送水管は、“消防隊専用” の消防用設備です。

 

消防法上では、“消防活動上必要な施設” という分類となっています。

 

地上の送水口から、送水口に結合した消防ポンプ車のホースより水を配管接続されている高層建築物の各階に設置された放水口まで圧送します。

 

その圧送されてきた消火用水を用いることで、消防隊が高層階でも効果的に消火活動を行うことができます。

 

階数7以上の建築物や、階数5以上で延べ面積が6000㎡以上の建築物には連結送水管・放水口の設置が必要です。

 

また、設置後10年を経過した連結送水管は、3年毎に耐圧性能試験を行い、消防用設備点検報告書と共に所轄消防署に提出する必要があります。

 

✍(´-`).。oO(耐圧試験も弊社で承っております…。。)


連結送水管の施工・改修


既存“遡及”義務は要チェックです!

随分年季の入った連結送水管の送水口
随分年季の入った連結送水管の送水口…。

皆様、“遡及” という言葉を聞いた事はありますでしょうか。📖

 

【遡及(そきゅう)】参考:大辞林

①過去のある時点までさかのぼること。

②法律をその施行以前になされた行為や生じた事実にさかのぼって適用すること。または法律要件の効力をその成立以前にさかのぼらせること。

 

お気づきの通り、消防法も “遡及” して適用されるケースがありますから、ここで条件を確認しておきましょう。💡

 

✍(´-`).。oO(これは…、、続きが面白そうですね…。。笑)

続きを読む 4 コメント

送水口の割り板にも色々

アクリルカバー割り板 連結送水管送水口
アクリルカバーが破損していた連結送水管送水口。

連結送水管送水口のホース接続口に、アクリルカバーがされているものがあるのを見かけられたことは無いでしょうか。🍥✨

 

あのアクリルカバー、年数が経つと脆化してかなり割れやすくなります。💔💦

 

その為、結構割れている箇所が見受けられます(いたずら・カッとなって割られた可能性は除く)。👼

 

交換自体は簡単に済む方法が多いですが、果たしてあのカバーはどこで入手できるのでしょうか。そしてどんな種類があるのでしょうか、続きに言及していきます。📝✍(´-`).。oO ♪

続きを読む 0 コメント

連結送水管の耐圧試験

上:耐圧試験が必要な連結送水管の送水口、下:スプリンクラー設備の送水口
上:耐圧試験が必要な連結送水管の送水口、下:スプリンクラー設備の送水口

消防法施行令第29条の規定により、令別表第一に掲げられる建築物で “階数が5以上で延べ面積が6,000㎡” や “階数が7階以上” の建築物には消防隊の方が有事の際に用いる連結送水管があります。🏢

 

高層階が火事になった場合、地上からの放水による消火が難しい為、地上にある“送水口”から消防ポンプ車を用いて加圧送水し、上階に設けられた放水口に消火ホースを繋いで消火活動を行います。🚒💦

 

その際の加圧送水の圧力に、送水口と放水口を結ぶ配管が耐えられるかを試験するのがこの連結送水管耐圧試験の目的です。⛲

✍(´-`).。oO(以下に…、、概要を紹介していきます…。。)

続きを読む 0 コメント