連結送水管


連結送水管|送水口|放水口
消防ポンプ車から加圧送水し放水する連結送水管。

連結送水管は、“消防隊専用” の消防用設備です。

 

消防法上では、“消防活動上必要な施設” という分類となっています。

 

地上の送水口から、送水口に結合した消防ポンプ車のホースより水を配管接続されている高層建築物の各階に設置された放水口まで圧送します。

 

その圧送されてきた消火用水を用いることで、消防隊が高層階でも効果的に消火活動を行うことができます。

 

階数7以上の建築物や、階数5以上で延べ面積が6000㎡以上の建築物には連結送水管・放水口の設置が必要です。

 

また、設置後10年を経過した連結送水管は、3年毎に耐圧性能試験を行い、消防用設備点検報告書と共に所轄消防署に提出する必要があります。

 

✍(´-`).。oO(耐圧試験も弊社で承っております…。。)


連結送水管の施工・改修


屋内消火栓用配管と“兼用”の連結送水管耐圧試験

同じ配管に屋内消火栓と連結送水管のテスト弁
同じ配管に屋内消火栓と連結送水管のテスト弁がある。

大型の防火対象物では、屋内消火栓連結送水管という水系の消防用設備の設置義務が両方生じてきます。🏢(;´Д`)‼

 

この場合、各々別で配管をしても勿体無いので、屋内消火栓連結送水管の配管は兼用できることが認められています。🍡✨

 

そして、この兼用の際にもう一つ “お得” なのが、『連結送水管耐圧試験を兼用の部分のみ省略できる』という所です。💯

 

正確には、連結送水管の “送水口から屋内消火栓の配管と接続される前の逆止弁までの耐圧試験でよい ”とされています。📝

 

✍(´-`).。oO(何かモンハンの “フルフル” みたいな画像…。。)

続きを読む 0 コメント

商店街アーケードの連結送水管耐圧試験

動力消防ポンプと弊社軽トラック
動力消防ポンプで商店街アーケードの配管内に水を送る。

皆様お馴染みの “商店街” のアーケード(屋根付きの歩道)は、延長50m以上になると連結送水管の設置義務が生じます。📁💦

 

また、連結送水管の配管は施工後10年を超えると配管の耐圧試験を実施する義務が生じ、以降3年毎に耐圧試験を行なっていきます。(;´・ω・)⏰

 

今回はその(18)項 商店街アーケード耐圧試験のご依頼を受けて実施してまいりましたので、その模様を記事にしました。📝

 

✍(´-`).。oO(昔から別の商店街の耐圧試験はさせて頂いておりましたが…、、今回は新しいアーケードについて…。。)🚒♪

続きを読む 1 コメント

【埋込】連結送水管の“逆止弁”交換

埋込の“送水口”配管系統工事
埋込の“送水口”配管系統工事は土木作業も…。 ※クリックで拡大

既設の連結送水管 “送水口” と “逆止弁” の交換工事を弊社にて行いました。👷🔧♪

 

本工事で交換しました “送水口” はマニアな方々に人気の “ニョキっと生えた” タイプのものではなく “壁面埋込” という四角形のカバーがされているものでした。(;・∀・)🎪

 

そして大変であったのが配管が “埋設” であったため、地面に埋め込んである配管にアクセスするために土木工事が必要であったことです。💪💦

 

✍(´-`).。oO(消防設備士は…、、何でも出来るナア‥。。)

続きを読む 0 コメント

連結送水管耐圧試験


建築物の各階に消防隊の方が放水時に用いる放水口があります。

 

消火時は、地上にある“送水口”から圧力をかけて水を上階に送ります

 

その際の加圧に、配管が耐えられるかを試験するのがこの連結送水管耐圧試験の目的です。

耐圧試験をする前に、各階の放水口のバルブが空いていないか確認します。

 

仮に空いていた場合、加圧した水は出てくるのため周囲が水浸しになってしまいます。

 

必ずバルブの開閉を確認してから耐圧試験を行います。

地上にある送水口に、圧力計と注水用ホースを装着します。

 

途中で配管に穴が開いていたり、逆止弁の不良等により圧力が上がらない場合は十分な放水圧が得られないため不良となってしまいます。

ポンプ車にて水を加圧注入します。

 

徐々に圧力を上げていき、所定の放水圧に達していれば正常と判定されます。

 

消防の方の消火活動に影響する設備であるため、メンテナンスはとても重要であると言えます。