自動火災報知設備


様々な感知器を試験
自火報全般は青木防災にお任せください。

青木防災工事に関する実績の中で、最も多い事例が “自働火災報知設備” の施工です。

 

そのため、あらゆる現場で培ってきた工事に関するノウハウが蓄積されております。

 

創業以来、多くのお客様にお任せさせていただき、喜びの声をいただいてきました。

 

自動火災報知設備の設置基準は、消防法の改正により、どんどん厳しくなっています。

(詳しくは→自動火災報知設備の設置基準について をご覧ください)

 

所轄消防署の立入検査・指導によって、自動火災報知設備の設置が必要であることを知り、青木防災までご連絡していただくケースも多いです。

 

見積りのみでも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。(・ω・)ノ☏


自動火災報知設備の施工


自働火災報知設備
自働火災報知設備

 感知器1つの施工から、大規模な自動火災報知設備工事すべてを承っております。

 

最近では、“民泊” の用途に変更するための特定小規模用自動火災報知設備取付の需要が増加しております。

 

また、少しずつではありますが “無線式の感知器” やパソコンで設定が行えるものなど、その機器のハイテク化が進んでおり “知識” を追従させる必要性が出てきています。

 

ここでは青木防災が施工した自働火災報知設備の実例の一部を掲載していきます。


自動火災報知設備の関連ページ


火災報知機の“トラブル音”!?

火災報知機の音
ピッピッピッピという音は火災報知機?

先日、火災報知器の原理・仕組み‥のページに以下のようなコメントが届きました。👥💬

 

『どこからかピッピッピッピと音が鳴っていて、ホーチキの電池切れによる警告音かと思います。夜中に不定期に鳴るため、眠れなくて困っています。』

 

数回に渡り、管理人とやり取りをさせて頂きました。👓✨

住宅用火災警報器のバッテリーの外し方や、他の電化製品や自火報受信機本体のトラブル音である可能性の示唆など‥。💡

 

そして、最終的に判明した騒音源の意外な正体は…。🍃

続きを読む 0 コメント

間仕切り新設時の感知器・SPヘッド増設省略法

間仕切り増設で感知器やSPヘッドを追加
間仕切り増設で感知器やSPヘッドを追加することも。

新しい間仕切りを作ると “感知器” や “スプリンクラーヘッド” がない部屋や、SPヘッドの散水面積外のスペースができてしまうことがあります。🏠(´・ω・`)❕

 

その場合、新たに間仕切り作成によってできた部屋に感知器やSPヘッドを増設しなければならなくなります。💸(;´∀`)💔

 

もちろん費用が発生しますし、特にSPヘッドの増設は大掛かりな工事になり、高額になる可能性も十分に考えられます。👷💦

 

そこで、消防法に則った増設工事を回避するための対策を、紹介させていただきます。✍(´-`).。oO✨

続きを読む 0 コメント

受信機の交換工事㊙

ニッタン社製の受信機
ニッタン社製の受信機。

タイトルにあります受信機とは、自動火災報知設備の大元の操作盤のことです。🔔(;´∀`)👌

 

受信機は例えるならば自動火災報知設備“脳みそ” みたいなもので、これがやられてしまうとシステム全体に支障をきたします。

 

その受信機の老朽化・故障による交換工事が2件立て続けにありましたので、その模様をここに紹介させていただきます。✍♬

 

また、旧式の受信機はサイズが大きく、現行品と交換する際には目隠しのプレートを貼る必要があります。💡

(´-`).。oO(うまいこといってるんで見て下さい…。。)📷✨

続きを読む 0 コメント

住警器を設置するだけで被害が半分に!

“熱”を感知する住警器
台所の火災時に“熱”を感知する住警器。

住宅用火災警報器(以後、住警器と略します)は、本体から警報音や『火事です』という音声を発することで、火災を知らせます。

 

そのような本体からの警報音だけで、火災による被害を防止・低減できるのかという疑問を持つかもしれません。(;´・ω・)💡

 

結論から申し上げますと、住警器の効果は非常に高いです。👷

 

住宅火災では、毎年約1,000人が死亡しており、その半数が “逃げ遅れ によるものだそうです。🔥

 

住警器は、設置しない場合と比べて焼損面積や損害額は約半分に、死者数は3分の2に抑えられていると報告されています。

続きを読む 0 コメント

住宅用火災警報器の電池寿命は?

ガス警報器(ぴこぴこ)と住警器(熱)
ガス警報器(ぴこぴこ)と横並びに設置した住警器(熱)

住宅用火災警報器(以後、本文中では住警器と略す)は、電池式のものが主です。🔋

 

(´-`).。oO(施工時に設置したものは100Vの電源に直接つながっているものもあります…。。)⚡

 

大阪市では平成17年9月に “大阪市火災予防条例” で設置・維持の義務化が定められています。🚒

 

そして、住警器電池交換目安も10年ということで、電池交換や本体ごと交換の案件も増加しております。👷

 

以下に住警器の詳細を記していきます。…✍(´-`).。oO✨

 

続きを読む 0 コメント

危険物施設の警報設備について

指定数量の10倍以上を貯蔵・取り扱う危険物施設は警報設備
指定数量の10倍以上を貯蔵・取り扱う危険物施設は警報設備が必要。

危険物施設には、“消火設備” や “標識・掲示板” に加えて、“警報設備” の設置が必要な場合があります。🔔

 

危険物には “指定数量” という危険物の品名ごとに定められた数量があり、その量を超えて “貯蔵・取扱い” をする際に消防法による規制を受けます。⛽

 

指定数量以下の危険物は、比較的危険度が少ないと判断されるため、消防法ではなく “市町村の条例” による規制を受けます。🌳

 

警報設備が必要になるのは、指定数量の10倍以上の危険物を貯蔵・取扱う製造所などの危険物施設のみとなります。💡

 

ただし、移動タンク貯蔵所という、トラックの後ろに危険物タンクが付いたものや、タンクのコンテナを運搬するトレーラーなどの車両には、警報設備は不要とされています。🚚

 

これらの知識は、実務で役立つことに加え、危険物取扱者資格試験の受験生の皆様の勉強の助けにもなるかと思います。🏫✨

 

それでは、以下に詳細を記していきます…。✍(´-`).。oO☠

続きを読む 0 コメント

自動火災報知設備の警戒区域について

受信機の付近に“警戒区域図”を貼っておく
受信機の付近に“警戒区域図”を貼っておくことが定められている。

自動火災報知設備の“警戒区域”は、火災を感知したエリアを他の場所と区別するために設定します。💡

 

いわば、感知器設置場所の区域分けのことです。(;´・ω・)🔥

 

受信機では、1つの警戒区域ごとに1つの表示窓を使用します。

 

該当する警戒区域の表示窓が光ることで、どこで火災を感知したかが分かる仕組みです。✨

 

火災を感知した際は、警戒区域図と受信機の表示窓を照らし合わせて、現地を確認しましょう!(;´・ω・)💦

 

(´-`).。oO(“火災発生”ではなく“火災を感知”と表記させていただいております理由としまして、圧倒的に非火災報が多いことがあります…。。)🚒

 

そしてこの警戒区域の設定の仕方には、色々なルールがあります。🍉

 

以下に警戒区域の分け方について詳細を記していきます…。✍

続きを読む 0 コメント

民泊に必要な消防設備の見積り方法

民泊をする際に消防設備にかかる費用
民泊をする際に消防設備にかかる費用は??

民泊営業に際して、消防設備の設置は欠かせません。🚒

 

その為、お客様からの見積り依頼を多くいただいております。👷

 

現場を見ることができない場合、概算でのお見積りを送付させていただくこととなりますが、いくつか注意すべき点があります。

 

民泊用途での使用を目的とする場合、建物を選ぶときから消防設備の設置にかかる費用などを考えることをお勧めします。💰

 

例えば、木造だと3階以上は民泊には使えません。(;´・ω・)🌳

物件の借りなおしを防ぐためにも、是非知って頂きたいことがあります…。。✍(´-`).。oO

続きを読む 0 コメント

差動式分布型感知器(空気管式)の施工

上:空気管、左:検出器、中央:総合盤内検出器、右:火災受信機
上:空気管、左:検出器、中央:総合盤内検出器、右:火災受信機

差動式の感知器の中で、一般的なものは “差動式スポット型” という、天井に取り付けられる丸い機器です。💡

 

しかし、スポット型の感知器は8m未満の箇所にしか設置できません。(;✘Д✘)💦

また、4m以上の箇所に設置する際は、感知器の個数も多くなることから、施工の手間が増します。💰💰💰

 

そこで、選ばれるのが “差動式分布型(空気管式)” による施工です。🌈

空気管式は、15m未満までの高さであれば警戒できます。👌

 

さらに、空気管を警戒する箇所に引っ張る工程のみとなる為、設置する箇所の距離が長い場合に有利です。👓

(´-`).。oO(配線した後に、多くの感知器をつけるよりは楽になる場合があります…。。)

 

ただし、空気管の設計・施工方法は独特のもので、熟練した技術が必要になることがあります。👷!

 

以下に、施工の方法・様子を、写真と共に記していきます。📷✨

続きを読む 2 コメント

パニックオープンとその結線について

パニックオープンとは自火報と連動して自動ドア等が開く事
パニックオープンとは自火報と連動して自動ドア等が開く事。

パニックオープンとは、自動火災報知設備の作動と共に “自動ドア” や “電気錠” が開放する仕組みのことをいいます。

 

火災に伴う停電等で自動ドアが開かなくなってしまうと、避難通路として使えないため、自動火災報知設備と連動して出口が確保されるようにします。

 

また、誰も建物内にいないときに自火報の警報音が鳴った場合に、消防隊や周辺の人が中に入り、受信機にたどり着くための道のりを確保しておく意味もあります。

 

パニックオープンについて、続きに記していきます。……

続きを読む 0 コメント

共同住宅の一室で福祉事業をする際の注意点

事業を開始する共同住宅に感知器
事業を開始する共同住宅に感知器はありますか?

近年、共同住宅の一部を借りて、そこで事業を開始されるケースが増加しています。

その事業内容として多いのが、“デイサービス” などの福祉施設ではないでしょうか。

 

この時、特に事業者の方に気を付けていただきたいことがあります。

それは、“自動火災報知設備” などの消防設備があるか、ということです。

営業を開始するにあたって、行政(役所など)に所轄消防署の検査が済んでいる旨を証明する書類を提出する必要があります。

(´-`).。oO(それがないと、認可が下りません。)

 

ここで “特例” による基準緩和によって、自動火災報知設備をはじめとする各設備が免除されている場合を紹介させていただきます。

 

この場合、その共同住宅に事業所などが入ることで、特例の要件を満たさなくなり、建物全体に自動火災報知設備などを設置する義務が生じてしまう可能性があります。

 

続きに詳細を示しますので、是非ご覧ください。……

続きを読む 0 コメント

火災報知機の止め方(誘導灯信号装置ありの場合)

火災報知設備と誘導灯が同時に鳴る
火災報知設備と誘導灯が同時に鳴るとパニックに‥‥。

一般的に “火災報知機” と呼ばれていますが、正式名称を “自動火災報知設備” といい、あらゆる防火対象物に、その設置基準に従って備えられています。

 

有事の際に建物関係者・利用者に警報によって火災初期に避難を促す重要な役割を果たすものですが、誤作動による警報音鳴動というトラブルが起こることもあります。

 

この、誤報による自動火災報知設備の作動を “非火災報” と呼び、消防設備業者がお客様と共に解決していくべき問題でもあります。

 

また、消防法改正により自動火災報知設備の作動と共に連動して作動する設備が増えています。

特に、音声・点滅機能付きの誘導灯が誤作動した際に、高齢者施設の利用者様がパニックを起こすなど精神的な負担にもなっているようです。

 

そこで、誤作動した場合にいち早く音響を停止できるよう、ここで学びましょう!……

続きを読む 0 コメント

消防設備士甲種4類実技の問題と解答 in 2016/12/4@滋賀

石塚社員が提出してくれた甲4問題&答案ノート。
石塚社員が提出してくれた甲4問題&答案ノート。

1類2類、そして5類に引き続き、消防設備士4類の試験を、弊社の石塚社員が受験し、その際に出題された実技の問題を頂きましたので、このページにて公開・共有させていただきます。

 

甲種の4類は、消防設備士乙6(消火器)に引き続いて有用であると言えます。なぜなら、自動火災報知設備工事点検消防設備士として働くうえで携わることが多いからです!!|д゚)🚒

(´-`).。oO(企業様の得意分野にもよりけりですが…。。)💡

 

甲種の消防設備士試験には、実技(鑑別と製図)という筆記試験があります。(´-`).。oO(ただの “作図” ですが…。。)

業務でこれらに慣れていない方は、以下を参考にして対策をしましょう!……

続きを読む 0 コメント

火災報知器は正常に作動していますか?

西成区で起こった火災
西成区で起こった火災は未然に防ぐことはできなかったのか?

26日の午後4時半ごろに、西成区萩之茶屋にある共同住宅で火災が発生しました。(以下、斜体は毎日新聞記事より引用。)

 

107室中に51人が入居しており、生活保護を受給している独居の高齢者が多かったようです。そのうち、1階にいた高齢の男性が搬送先の病院で死亡が確認された他、60~70代の男性4人にけががあったと報告されています。

 

そして、中でも気になったことが2階の自室にいた男性(62)の以下のような証言です。

火災報知器が鳴って5~6分したらドアから煙が入ってきた。ここ2~3カ月、火災報知器の誤作動が相次いでいたので、今回もすぐに火事とは思わなかった』……

続きを読む 0 コメント

火災報知機のベルが鳴った際の一次対応

メモの通りお客様にご協力いただいた結果、誤報原因を特定
このメモの通りお客様にご協力いただいた結果、誤報原因を特定できた。

先日、火事が起こっていないのに自動火災報知設備のベルが鳴るというお問い合わせを受けまして、現地調査させていただきました。

(→火災報知器の “誤報” に関する記事はコチラ)

その際に、画像にあるメモの内容をお客様に説明したのち、そこの受信機に貼らせていただきました。内容は以下の通りです。

  1. 主音響(本体の音)とベルをボタンを押して止める。
  2. 何番の警戒か表示をみて現場に向かう。例:①1階
  3. どの感知器が作動しているか、本体の赤いランプをみる。
  4. 青木防災までご連絡ください。

以上のメモを参考に、数日後無事にお客様に感知器を特定していただけましたので、その詳細を以下に記していきます。……

 

続きを読む 2 コメント

“防爆” の感知器 と チョウチンアンコウ

耐圧防爆型の定温式スポット型熱感知器
耐圧防爆型の定温式スポット型熱感知器、“防爆”と呼ばれている。

“防爆型” 感知器は、塗料の倉庫・薬品庫などの可燃性ガスが充満又は滞留するおそれのある場所に設置する自動火災報知設備の感知器です。☠💦

 

危険物が貯蔵してある箇所での、あぶり棒による点検熱源に引火するおそれがあるのでできません。🔥

 

また、感知器が作動したときに生じる小さな電気火花でも、可燃性ガスへの着火源となる可能性も十分考えられます。⚡

 

防爆型の感知器は、そのような問題を解決したものとなります。

 

以下に防爆型の感知器と、その他について記していきます。…🐡

続きを読む 0 コメント

“特定小規模用自動火災報知設備” の施工について

特定小規模用自動火災報知設備親機
特定小規模用自動火災報知設備。親機と子機があり、親機は煙感知器のみ。

法改正により、令別表第1(6)ロ に分類される老人ホームなどは延べ面積に関係なく自動火災報知設備の設置が義務付けられました。

 

その際に、延べ面積が300㎡未満の対象施設には “特定小規模用自動火災報知設備” という無線式・電池式のものを設置することで良いとされています。

住警器と同様に、受信機がなく配線工事を省略できるので施工が簡単なことが特徴です。

 

この記事では、特定小規模用自動火災報知設備を設置した際の様子を写真とYoutubeにアップロードしました動画と共に紹介させていただきます。……

続きを読む 0 コメント

ホーチキ製の無線感知器取付工事について

無線感知器受信機はP型
無線式感知器設置時も、P型受信機を使用した施工が可能であった。

現在設置されている感知器のほとんどは、有線タイプのものであると言えます。 

感知器を設置したい箇所まで電線を引っ張っていき、受信機から電力を供給するものです。

 

今回の工事では、ホーチキ社製の “無線式感知器” を設置しましたので、その模様について簡潔にではありますが記事に起こしておきたいと思います。

その施工方法はいくつか特異な点がありますが、いざ施工を終えてみると覚えることもそれほど多くないのではと感じます。

 

受信機は通常のP型受信機です。以下にその他について記します。…

続きを読む 0 コメント

インターホン交換工事 について

インターホンは火災報知設備でもある
インターホンは火災報知設備でもあります!

小学生のころ、気になる子の家のピンポンを押して、その場から走り去った経験はありませんか?👉🏠♬

 

✍(´-`).。oO(管理人はそのピンポンダッシュをした思い出があります‥。。)

 

また、画像にもあります通り “インターホンも火災報知設備 であると言えます。つまり、消防用設備としても扱われるわけです。

 

この記事では、防災屋である弊社が “ピンポン” あらため、 “インターホン“ の改修工事を行った際の模様を紹介させていただきます。👷!

 

続きを読む 0 コメント

自動火災報知設備の設置基準について

光電式スポット型煙感知器
光電式スポット型煙感知器は高さ8m以上の天井にも設置可能。

自動火災報知設備” は受信機と呼ばれる操作盤があり、そこから配線をして、写真のような感知器と繋がっています。🚒

 

感知器が付いている建物とそうでない建物があります。🏢

どのような規模の建物からこの火災報知器をつける必要があるのか?🌈

普段天井をみる観察する機会は少ないと思います。|д゚)💡

 

(´-`).。oO(この記事で学んだことをもとに、是非一度天井の感知器たちを見上げてみていただければと思います…。。)👀

 

以下にその種類や、分類法について記します。……✍(´-`).。oO

続きを読む 0 コメント

アニメにも描かれている消防設備

消防設備が盛りだくさんのワンカット
消防設備が盛り沢山のワンカットです。

 写真は、アニメ 『僕だけがいない街』 のオープニングテーマである “Re:Re:” の裏で流れているワンシーンです。🏫

 

これを見た瞬間、よく描かれているなあと思わず写真に収めてしまいました。(;´∀`)📷✨

 

いくつ消防設備が描かれていると思いますか?(。´・ω・)?💡

是非一度、数えてみて下さい。

 

答えは5つです。(数え方にもよりますが…。笑)🚒

以下に、私の解釈を記しました。✍(´-`).。oO♬

答え合わせの方、よろしくお願いいたします。笑|д゚)🌳🌳🌳


続きを読む 0 コメント

消防設備ミュージアム part.1

火災受信所青木防災
“火災受信所” の標識のフォントも現行品と異なったレトロな雰囲気。

消防設備はその製品の型式が、消防法によって定められています(規格品)。📝

登録された型式でないと、設置していても無効となります。‼.

 

そのため消防設備のその姿・形の大幅なマイナーチェンジは、他業界の製品に比べてしにくいと考えられます。💡

 

この記事では古くから使われている消防設備や、どこか懐かしさを感じさせるものについて載せたいと思います。🌇

 

中には、その型式が既に失効して消防設備として認められないものや、現在はもう手に入らないものまであります。👀

✍(´-`).。oO(以下に、詳細を写真と共に記します。……)

続きを読む 0 コメント

未警戒増設工事


左;配線工事の途中___右;工事後の試験時
左;配線工事の途中___右;工事後の試験時

使用用途や延べ面積の変更”や、“間仕切りの追加” などの影響で、後から自動火災報知設備の設置義務が生じる場合があります。

 

その場合、安全面が問題視されることはもちろん、消防法に抵触していますので、消防署の方が検査で立ち入られた際には当然指摘されてしまいます。

 

 また、古い建築物であると設置義務があるにも関わらず、自動火災報知設備が未設置の場合もあります。

 

遡及設置義務があるかどうかは建物の用途によりますが、一度確認しておいた方が良いかと思います。


“無線式” 感知器の設置


無線式感知器の中継器まで幹線
無線式感知器の中継器まで幹線をひくのみ。

既存の防火対象物に自動火災報知設備を導入することが困難な場合もあります。(詳しくは→無線感知器取付工事について をご覧ください。)

 

例えば、天井裏に配線がころがせない + 露出配線を避けたい ような現場だと感知器用の配線は困難です。

 

そこで最近では、無線式の感知器が発売しています。

 

価格帯が有線式の感知器より高い水準であること、電波を測定する必要があることからメーカーさんが直接施工することが多いようですが、青木防災では無線式の感知器施工実績がございます

 

無線式が施工できる防災屋はまだまだ数が少ないのではないかと思いますので、是非一度青木防災まで お問い合わせ 下さい。


共同住宅用インターホンの設置


インターホンが火災報知設備の受信機の役割
インターホンが火災報知設備の受信機の役割を果たす。

皆様がご存じのインターホンが、消防設備として見なされる場合があります。

(詳しくは「消防法特例220号通知」対応インターホンについてをご参照ください。)

 

GP型3級受信機” と呼ばれる、インターホン自体が1回線の火災報知設備の受信機の役割も果たすことができるというものの施工実績もございます。

(詳しくは→インターホン交換工事について をご覧ください。)

 

集合住宅では、自動火災報知設備の受信機を1か所に設置し、各部屋の感知器からの火災信号を受け取る通常通りの仕組みであると不都合なことがあります(値段が高くなる・改修工事がしにくい等)。

 

青木防災では、複雑に制定された消防法を確認の上、お客様に最適なご提案をさせていただきます、お問い合わせください。