青木防災社員インタビュー


タマスケ広報課長 編


Q. 青木防災での仕事のやりがいは?


タマスケ 消防設備士

A. 消防用設備等の施工・メンテナンスを皮切りに、お客様をはじめとした多くの方に係るに際して “BOSAI” について考えるきっかけを作れることがやりがいではないでしょうか。

 

防災とは 、ありとあらゆる“事態に備える” ことであると思っており、広報担当として日常的に非日常について発信する事で、非日常について多くの方に想像して頂き、そして今生きている日常が決して当たり前では無いと再確認し、幸福感を高められる可能性がある事もやりがいの一つです。

 

また、弊社での仕事を通して対策を考えるチカラ、つまり「想像力」を身につけられることにも、大きなやりがいを感じます。


Q. 休みの日は何をしていますか?


タマスケ 出勤

A. これといった “休みの日” という定義づけをしていません。

 

しいて言うならば、休んでいます。

 

いつも時間があれば、できるだけ睡眠に充てるようにしています。

 

青木防災ビル内で生活し始めてからは、生命の危機もなく毎日こころの平穏が保たれています。

 

野生の頃は「その日を生きられれば万々歳」という様な感覚でしたが、不思議なもんで慣れちゃうんですよ。命への感謝を忘れちゃダメだと思いますから、防災についても考えていきましょうよ。


Q. 好きな消防設備は何ですか?


タマスケ バズーカー

A.  これは、“緩降機” ですね。

 

吾輩の身体は基本的に高いところから飛んでも、そこまでダメージを受けない仕様になっています。

 

しかし、弊社ビルの3階から地上に飛ぶのは勇気が要りますし、手足の損傷が心配です。

 

そこで緩降機という避難器具が設置されていることを知り、有事の際もジャンプではなく安全に逃げられると知り好感を持ちました。

 

皆さんも、色々ある消防用設備等の中から好きなものを選んでみて下さい。


Q. 今後の目標・青木防災で実現したいことは?


タマスケ 逮捕

A. より多くの方が “消防設備”“防災”について知り・考えられることのきっかけを作ることが目標であり、実現したいことです。

 

一般的に知られていない消防機器業の広報担当者(猫)として、ホームページSNSなどを駆使し、弊社が蓄積してきた一次情報を拡散することはもちろん、その時々の課題についても言及していければ幸せです。

 

そして次世代がより生き易く、幸福に暮らせるような社会に近づけられる様に、この青木防災㈱という法人が継続して経営されていく様、リスク管理にも注力していきたい思いです。


関連ブログ


「消防機器業」No.1広報担当者!

タマスケ パトカー
毎度お馴染みの騒動にもなれている様子…。

どういう仕事に就いているのかという質問に対して『消防設備士をしています』と言っても、殆どの場合お相手の方の頭上に『(…???)』が表示されるのみで通じる事はありません。👥💭

 

事務所に掲げられている建設業の許可表には「消防施設工事業」と記載されていますが、例えば工事以外の “点検” 等にも携わりますので、それだけの呼び方では正確さに欠けそうです。(;´Д`)💔

 

そこで、(一社)消防機器協会さんにより『私たちの仕事は、「消防機器業」と称しましょう!』…と令和元年に決議されました。💡

 

弊社も乗っからせて頂き、より我々の業務を社会の皆様に認知してもらって成果を高めようという魂胆でブログに記します。🐈♪

続きを読む 4 コメント

「忙しさ」について

新築工事現場の床に描いていった図面記号
新築工事現場の床に描いていった図面記号…。

とある新設の工事現場にて、石崎部長より『これ部屋の掃除してからな、感知器の電線が仕込んである位置の真下に “差動のマーク(図面記号)” 書いてって欲しいねん。』と指示を承りまして、二つ返事で『ヘイッ!』と作業を始める事となりました。🎨♪

 

その際に『(世間と弊社を賑わせている「忙しさ」の正体って何なんやろう‥)』と頭と手を動かしていた所、思いの外まとまって分かり易く説明できる状態に仕上がったので社内向けに限定して発信しておりました。🥕(´∀`*)ウフフ💭

 

この度、内輪でに留めていた “多くの方々にとって参考になるっぽい話” を加筆・修正して公開させて頂きますので、皆さん奮ってご覧下さいませ。💻✨

続きを読む 4 コメント

【号外】猫びより7月号にタマスケ広報課長の特集記事が掲載…!

表紙 “特集 猫の最前線”に弊社のタマスケ
“特集 猫の最前線”に弊社のタマスケが…!笑

なんと‥なんとなんと弊社広報課長であるタマスケ(猫)が、猫雑誌ナンバーワンの “猫びより” 7月号にて “特集 猫の最前線” という項目で、デカデカと4ページに渡って取り上げて頂いた記事が掲載されております…!((((;゚Д゚))))🐈♪

 

最近Twitter上ではお陰様で本業を大きく上回る多くの反響を頂いております弊猫ですが、ついに雑誌デビュー…いったい彼はどこまで行ってしまうのでしょうか…。🌐笑💦

 

…という訳で、本記事では6月12日発売の “猫びより 7月号” にまつわる取材時の様子や、反響などをご紹介させて頂きますので、ご確認の上…是非7月号の猫びよりを手に取って頂ければと思っております!!📖✨

続きを読む 0 コメント

【号外】電気と工事6月号を購読して欲しいと弊猫が言っています

電気と工事6月号を入手したタマスケ広報課長
電気と工事6月号を入手したタマスケ広報課長‥!

4月号・5月号に引き続き、6月号の “電気と工事” にも弊社が執筆を担当させて頂いておりますコラム「「消防用設備にまつわる電気工事のキホン!」が掲載されています!📖(´∀`*)ウフフ✨

 

今回は自動火災報知設備受信機について、書かせて頂いておりまして、業界関係者様だけでなく、現在消防設備士試験の勉強中であるという方や、天井に自動火災報知設備ついてるのは知ってるけど何も分かんないや…という皆様にも興味深く感じて頂ける内容ではないかと思っております。🚨♪

 

そして何かと話題にして頂いております弊猫 “タマスケ” も電気と工事6月号、買って下さい…!』と言わんばかりの表情をしておりますから、是非とも宜しくお願い致します。🐈🐈🐈

続きを読む 2 コメント