▶ 企業理念


素早いバトンパスを印象付けるロゴマーク

弊社は事業を営む上で重要な判断は、以下の考え方を基準にして決定します。

  • 1. 顧客への責任‥最適な防災を追求し、提供し続けます。
  • 2. 社員への責任‥組織で成功するために、個人の能動的成長を支援します。
  • 3. 社会への責任‥我々が生きる世界に貢献し、恩返し出来るよう行動することで、次世代へバトンを繋ぎます。
  • 4. 会社への責任‥持続的な経営をする為、利益を確保すべく工夫し、得られた富の一部を再投資します。

■ 事業計画(案)


まず、ここ数年の弊社業績を示した損益計算書のグラフをご覧下さいませ。

 

青木防災㈱ 損益計算書

 

近年の売上増加については、以下の三点が主な要因であると分析しています。

  • ①細かい仕事量の増加(ホームページ由来や民泊特需による既存顧客からの依頼など)
  • ②2025年までに必要な福祉施設の建設
  • ③人員増加と個々の成長

2025年までは福祉施設の需要は伸びると楽観的予測が立てられます。(参考:2025年までに必要な介護施設)

 

その波に乗れるのは、準備が整った組織だけでしょう。

 

準備不足で民泊ブームの特需の波に乗り切れなかった悔しさをバネに、次は絶対勝つという気持ちでやっていきます。

 

今後も成長する組織であり続ける為に、以下の戦略が有効であると想定しております。

  • ①協力業者様に依頼できる環境整備
  • ②社内の人材育成を推進
  • ③営業プロセスの構築

 

営業プロセスの構築もそうですし、売上増を共に志向できる協力会社さんと継続的な関係性を築くための仕組みというのは、会社組織つまり青木防災㈱という法人の価値高める為に必須でしょう。

法人においてはそのゴールは明確に以下の3つのどれかと決まっています。

  • ①廃業
  • ②事業継承、M&Aによる売却
  • ③IPO(株式上場)

弊社の選ぶ道としては②の事業継承が濃厚であると予想されます。それと同じ②にM&Aがありますが、例えば企業売却時にはデューデリジェンス(企業価値の評価)があります。

その企業価値判定の方法上では「仕組みの無い組織は価値が低い」と評価されます。

なぜなら、誰かが抜けたりしたら一気に仕事が回らなくなったりする等、事業基盤が弱いからです。

弊社がデューデリジェンスにかかる様な状況は想定したくないですが、理論的には「仕組み化」を志向する事が会社の価値を上げるというのが通説です。

なぜ損益計算書上で「売上」を増加させたいかという理由に『売上が高い組織の方が、事業基盤が安定しているから。』が挙げられます。

せっかく、同業他社より高水準の給与が得られる船に乗っているのに、その船が沈没してしまっては一巻の終わりですから、荒波にも耐えられる様な基礎を「全員で協力して」作り上げて守っていくべきだという話には同意頂けるかと思います。

そこで改めて事業についておさらいすると共に、タイトルでもある事業案を提示させて頂きます。

 

青木防災㈱ 事業の優先順位決定

現在、損益計算書の黄色の部分である売上の実に“8割”を「工事」が占めています。

それは単純に単価が高いのもありますが、上図をご覧の通り、当社の競争力が比較的あるからというのも割合に寄与する要素かと。

よって、弊社は「工事」に重点を置いて事業をしていくべきというのが事業戦略になります。

また、工事にはその後の点検も付随し易いという要素もあり、点検との相乗効果も期待できます。

さらに私は売り上げ増の先にある自社建物の建設時に、そこへ(6)項ハや(5)項イを入れるべきだと提案します。

なぜなら、この二つの用途は日本の人口動態の変化から予測しても確実に増えることが約束されており、かつ「営業には消防用設備等の設置が不可欠」だからです。

 

これまで、民泊を開業された方が消防用設備等の市場に入ってくる向きの矢印はありましたが、逆の矢印を公にしている企業は殆どありません。

 

弊社の余力でも、十分可能な戦略ですし、もし自分が例えば福祉施設のオーナーであれば業者選定の際に福祉施設もやっている防災屋がいたら絶対詳しいと思えるその業者に頼むだろうと思います。

小規模な民泊や福祉施設においては一番初期費用がかかるのは「ショーボー」です。

それを知っている消防用設備業側から、主導権持って介入していってもいいのではないかと。

ですから、本業とのシナジーを期待して限定的に取り組む事業として不動産を提案します。

これらを推進していくに際して、組織的に「売上増」を掲げて行動する文化を醸成していく必要があります。

 

経営課題の優先順位決定 青木防災㈱

 

その為の「仕組み化」を行い、売上にコミットしますので、皆様お互いの得意な部分を活かしあい、協力し、苦手な部分は補い合う事で青木防災㈱という船を魅力的で『乗りたい!』と思ってもらえるような場所にしていきましょう!

▶ 関連ブログ


日本を救う消防設備業

タマスケ広報課長(5)がゆく
タマスケがゆく…。

坂本龍馬さんが「日本を今一度 せんたくいたし申候」と言っていた様に、今の日本には数々の課題を克服する為、再び洗濯する選択を強いられる状況にあるのは皆様ご存知の通りです。🗾💦

  • 『消防設備業を通して、日本を救う。』

次世代に少しでもマシな未来を残す為、今の弊社が掲げる企業理念を一言で表現すれば『消防設備業を通して、日本を救う。』になると思っています。🧯\(゜ロ\)(/ロ゜)/🚨

 

では何故『消防設備業を通して、日本を救う。』なのか、その理由とデータに基づいた根拠を示していきますので、共鳴下さった方は是非「共鳴いたし申候」とコメント下さいませ。📝✨

続きを読む 2 コメント

【改】防災屋2.0への挑戦

変革が求められる“2020”
変革が求められる“2020”に我々は何処へ…。

2019年の消防・防災業界もまた、民泊福祉施設の新設・用途変更が盛んに行われていた為、バブルでした。🚒(;´Д`)💦

 

業界全体が人手不足であり、大阪市内にて各地域密着型の小規模な企業は、どこも仕事が溢れていたという印象です。👔

 

しかし、そのバブルの恩恵をきっちり受け、仕事をすることで、お客様に、世間に返すことができたでしょうか。❔

 

そして2020年の大阪はさらなる需要の増加、そして世の中の変化が大きくなると言われていますし、管理人もそう思います。🐈

 

新世代を担う防災屋はどうあるべきか、言及させて頂きます。📣

続きを読む 0 コメント

消防設備士の「7つの習慣」

原則に基づいた人格養成の文化を持つ防災屋
原則に基づいた人格養成の文化を持つ防災屋になる為…。

自分の中にある “こだわり” や “ルール” 等の「価値観」は、生きてきた時間や経験してきた事によって千差万別かと思います。🎨

 

消防設備士の働き方についても消防法にて基準が定められていますが、企業によって多種多様なパターンが見受けられます。📊

 

テクニックも重要な事に間違いは無いと思いますが、ずっと続いていく法人と成る為には、その根底にある “原則” について知り、職務を通して “習慣的” に実行していく必要がある様です。📚

 

そこで世界的ベストセラー「7つの習慣」のフレームに消防設備士の仕事を当てはめて思考を進めてみました、是非とも色々な方に一度 “じっくり” と読んで頂きたいです。🔍(´∀`*)ウフフ♪

続きを読む 2 コメント

このブログを書く理由について

もはや弊社の顔とも言えるブログに対しても賛否両論 猫
もはや弊社の顔であるブログに対しても賛否両論…。

お盆休みのあった方、いかがお過ごしでしたでしょうか。📅

 

弊社も9連休でしたが、これを明けるとキツーイ業務が待ち受けているのを想像するだけで割とゾッとしますよね。👻💦笑♪

  

さて今、管理人にとって困った事になっていて、過去に一部の方から『(仕事中にブログ更新し過ぎ、止めさせろ)』というクレームが経営陣に入った為、社長から直々に『ブログ書く頻度、落としてくれんか』と指示されている状態にあり、密かに個人の目標としていた “ブログ毎日更新” が達成できていないのです。💔

 

ですから、なぜ書くのかを説明させて欲しいんです。そして、励ましのコメントを頂けましたら幸いです…!!📧(´;ω;`)✨

続きを読む 35 コメント

【号外】弊社ロゴマークと関連グッズを一新…!

青木防災㈱のロゴマーク
青木防災㈱のロゴマーク…! ※クリックで拡大

昭和36年から商売をしている弊社ですが、この度 “アツい理念が込められたロゴマーク” を設定し、関連グッズを量産するという動きがありました。💯(´∀`*)ウフフ

 

以下のモノが作られております。📦

  • 弊社ロゴ入りステッカー
  • 弊社ロゴ刺繍入りキャップ
  • 弊社屋の看板
  • 弊社ロゴ入りTシャツ等々

この様な取り組みは『お客様が安心して任せられる』事に繋が為、実はメッチャ大切(語彙力)やと思いますから、是非ご確認してもらい、弊社と厚い信頼関係を構築して頂きたいです。👕✨

続きを読む 2 コメント

参考資料


ダウンロード
損益計算書@青木防災㈱.pdf
PDFファイル 206.7 KB
ダウンロード
2025 年までに必要な介護施設.pdf
PDFファイル 387.1 KB