カテゴリ:特定一階段等防火対象物



▶︎ 消防法 · 12日 12月 2019
特定一階段(とくていいちかいだん)
“特定一階段等防火対象物” の意味を簡単に言いますと、「地階や3階以上の階に特定用途があって、そこから避難階までの階段が1つしかない防火対象物」の事を指しており、消防用設備の設置基準が他と少し異なります。🚫(;´Д`)❕...
▶︎ 消防法 · 24日 4月 2019
ベランダ 避難はしご 消防法
よく頂くお問い合わせに『所轄消防署で避難器具の設置が必要になったと指導を受けたのですが、どんなものを…』というようなものがあります。📞(;´Д`)💦 消防法上で生じる避難器具の設置基準はその建物の “収容人員” と “用途” によって異なる他、その階によっても設置できる避難器具の種類が変わってきます。🏢🏠🏪...
▶︎ 消防法 · 05日 12月 2018
まぐろさんのYouTubeにも登場した“煙感知器”
先日、Twitter上で「火災報知器が二個あり変だと思ったら、一つが盗撮用のカメラだった。」というツイートを発見しました。🐤 怖いな‥!と思い当該ツイートに添付されている写真を見ると、煙感知器の形をしたソレが “壁際ギリギリ” についてました。📹...
▶︎ 消防法 · 29日 10月 2018
ボタン一つで展張中のハッチ内の避難はしご
タイトルにもあります “一動作式” の避難器具というのは、文字通り1つの動作で使用できる状態になるように設計された避難器具を言います。🚒(・ω・)ノ🔧♪ 特定一階段等防火対象物という建物内に不特定多数の人が出入りする用途があり、かつ階段が屋内に一つだけの場合は、この “一動作式”...