カテゴリ:動力消防ポンプ



▶︎ その他 · 17日 12月 2019
動力消防ポンプの入った倉庫
消防用設備等のメンテナンスが不足すると異常が起こったり有事の際に使用できなかったりするという件は、前ブログ “消火ポンプ水漏れトラブルの調査結果㊙” でも言及しておりました。🚒💨 今回の “動力消防ポンプの維持管理がされていない”...
▶︎ お役立ち · 25日 6月 2019
消防隊放水ショー
“消防水利” の標識は至る所で見かけることができますが、その種類や設置基準についてご存知の方は少ないかと思います。⛆👀💦 そしてもう一つ、“消防用水” という括りがあります。⛲ よく “防火水そう” を点検時に確認することがありますが、点検報告書の分類では “消防用水” となっているんですね。 📝✨ 大体想像がつくかと思いますが、“消防水利”...
▶︎ 点検 · 18日 7月 2018
同じ配管に屋内消火栓と連結送水管のテスト弁
大型の防火対象物では、屋内消火栓と連結送水管という水系の消防用設備の設置義務が両方生じてきます。🏢(;´Д`)‼ この場合、各々別で配管をしても勿体無いので、屋内消火栓と連結送水管の配管は兼用できることが認められています。🍡✨ そして、この兼用の際にもう一つ “お得”...
▶︎ 点検 · 04日 5月 2018
動力消防ポンプと軽トラック 連結送水管耐圧試験
皆様お馴染みの “商店街” のアーケード(屋根付きの歩道)は、延長50m以上になると連結送水管の設置義務が生じます。📁💦 また、連結送水管の配管は施工後10年を超えると配管の耐圧試験を実施する義務が生じ、以降3年毎に耐圧試験を行なっていきます。(;´・ω・)⏰ 今回はその(18)項...
▶︎ 消防法 · 25日 7月 2017
動力消防ポンプは燃料を用いるため消火栓と異なり電源が不要
動力消防ポンプは消防法施行令第19条第4項に基づき、屋外消火栓の代替設備として設置可能な場合があります。📝 どのような場合に代替可能かというと、動力消防ポンプから半径100mの包含円内に防火対象物が収まる場合です。💡 これは、消防ホース5本までなら延長可能であり、1本20m...