誤報

誤報 · 21日 4月 2018
流水検知装置(アラーム弁)誤作動
スプリンクラー設備のアラーム弁と呼ばれる “流水検知装置” は、スプリンクラーヘッドや補助散水栓からの放水で、配管内の水が動いた事を電気信号に変える役割を担っています。🌊→⚡ 流水検知装置が働くと、事務室などの人がいる場所で警報が鳴るように設定されています。🔔♪💦...
誤報 · 27日 9月 2017
火災報知機の音
先日、火災報知器の原理・仕組み‥のページに以下のようなコメントが届きました。👥💬 『どこからかピッピッピッピと音が鳴っていて、ホーチキの電池切れによる警告音かと思います。夜中に不定期に鳴るため、眠れなくて困っています。』 数回に渡り、管理人とやり取りをさせて頂きました。👓✨...
誤報 · 30日 1月 2017
西成区で起こった火災
26日の午後4時半ごろに、西成区萩之茶屋にある共同住宅で火災が発生しました。(以下、斜体は毎日新聞記事より引用。) 107室中に51人が入居しており、生活保護を受給している独居の高齢者が多かったようです。そのうち、1階にいた高齢の男性が搬送先の病院で死亡が確認された他、60~70代の男性4人にけががあったと報告されています。...
誤報 · 25日 1月 2017
メモの通りお客様にご協力いただいた結果、誤報原因を特定
先日、火事が起こっていないのに自動火災報知設備のベルが鳴るというお問い合わせを受けまして、現地調査させていただきました。 (→火災報知器の “誤報” に関する記事はコチラ) その際に、画像にあるメモの内容をお客様に説明したのち、そこの受信機に貼らせていただきました。内容は以下の通りです。 主音響(本体の音)とベルを●ボタンを押して止める。...
誤報 · 15日 12月 2016
感知器が作動すると赤い確認灯
何かしらの原因で火が出た場合、それを感知して知らせてくれるということはありがたいのですが、実際にこれらの火災報知器が作動するのは “非火災” または “誤報” と呼ばれる、火事でないときが大半を占めています。📣💦 器具の故障の場合もありますが、火災報知器(感知器)が何かを火事と間違えて拾ってしまうことが多いです。(;´∀`)🚥...