お役立ち

お役立ち · 08日 4月 2018
スプリンクラー設備の摩擦損失計算書
スプリンクラー設備の着工届を作成する上で、図面類の次に参入障壁となっているのが “圧力損失計算書” の作成ではないでしょうか。💔(;´Д`)💦 1類の消防設備士の試験で、もっと “圧力損失計算書の作り方!” みたいな実務に近い問題が出れば…と常日頃思っていました。📝...
お役立ち · 19日 3月 2018
防災屋の防災用品ボックス
防災において “自助” の対策は不可欠です。💪(´-`).。oO しかし、弊社は仮にも “防災” という単語が社名に付いている企業ですので自助だけではいけないませんし、皆様には防災企業の取り組みを見て真似をしてもらわなければなりません。🏢✨ 弊社のTwitterでも消防用設備に関する話題以外では、やはり “防災管理”...
お役立ち · 03日 7月 2017
“熱”を感知する住警器
住宅用火災警報器(以後、住警器と略します)は、本体から警報音や『火事です』という音声を発することで、火災を知らせます。 そのような本体からの警報音だけで、火災による被害を防止・低減できるのかという疑問を持つかもしれません。(;´・ω・)💡 結論から申し上げますと、住警器の効果は非常に高いです。👷...
お役立ち · 01日 7月 2017
ガス警報器(ぴこぴこ)と住警器(熱)
住宅用火災警報器(以後、本文中では住警器と略す)は、電池式のものが主です。🔋 (´-`).。oO(施工時に設置したものは100Vの電源に直接つながっているものもあります…。。)⚡ 大阪市では平成17年9月に “大阪市火災予防条例” で設置・維持の義務化が定められています。🚒...
お役立ち · 16日 6月 2017
加圧式の50型消火器が3台
先日、弊社朝礼にて中嶋社員から『50型消火器の使用方法が、“加圧式” と “蓄圧式” で異なるので注意してください。』という旨の呼びかけがありました。📢 普段あまり目にする機会がない、この “50型粉末消火器” ですが、先日大阪市の旭区を訪れた際に、区内にこの50型消火器が設置してあるのを目にしました。💡...
お役立ち · 31日 3月 2017
火災報知設備と誘導灯が同時に鳴る
一般的に “火災報知機” と呼ばれていますが、正式名称を “自動火災報知設備” といい、あらゆる防火対象物に、その設置基準に従って備えられています。 有事の際に建物関係者・利用者に警報によって火災初期に避難を促す重要な役割を果たすものですが、誤作動による警報音鳴動というトラブルが起こることもあります。...
お役立ち · 06日 2月 2017
パッケージ型消火設備は、“屋内消火栓の代替設備” として認められている消防用設備です。※ただし、設置基準があります。 既設の建物の用途変更や規模拡大により、後から屋内消火栓の設置義務が生じた場合、水槽の設置や電気配線が困難・高価となるため、パッケージ型消火設備が代替設備として選ばれます。...
お役立ち · 01日 2月 2017
ちきりんさんのツイート
以前、ブロガーの “ちきりん” さんが住宅用消火器の設置を勧める記事を書いていらっしゃいました。👓(・ω・)ノ📝 影響力のある方を動かす程まで話題になった原因に、ニコ生(ネット上のライブ配信)放送中の火事が背景にありました。🔥💻💦 また、画像を見ていただければわかる通りTwitter上で消火器の綴りが “消化器”...
お役立ち · 10日 1月 2017
火災通報装置の受話器と本体盤
“消防機関に通報する火災通報設備” は通称 “火通” と呼ばれる4類の消防設備です。📞(;´∀`) 今回は、その着工届を作成している火通の概要表に“M型発信機” という項目が目に留まりましたので紹介させていただきます。👀 “M型発信機” という代物、普段の点検や工事で一度も目にしたことがありませんでした。👷💦 それもそのはず、“M型発信機”...
お役立ち · 23日 12月 2016
歯磨き粉“デンター”
入浴時に “音楽” や “オーディオブック” を聴くのが、管理人の日課です。 今回、“ちきりん(敬称略)”の “自分のアタマで考えよう!” という本のオーディオを聴いていました。 そして、目の前に歯磨き粉の “デンター” がありました。 このデンターは最近使い始めたものなのですが、不思議に思うことがありました。...

さらに表示する